自分に合う名古屋帯の長さ知ってますか?「部分」の長さは重要です
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

自分に合う名古屋帯の長さ知ってますか?「部分」の長さは重要です

自分に合う名古屋帯の長さ知ってますか?

「この名古屋帯手先があまっちゃう」「お太鼓の模様、いいところに出ないわ」など、

 

名古屋帯が扱いにくいと感じていませんか?

 

結びにくい名古屋帯は、どこかあなたにあっていない長さなのかもしれません。

 

もし「扱いにくい」と感じているのであれば、

 

一度「お太鼓の長さ」や「手胴の部分」の長さを測ってみてください

 

帯によりそれぞれの「部分」の長さは、かなり違いがあるんです。

 

  • 自分にあった長さの名古屋帯とは
  • ぴったりのサイズを知る
  • リサイクルの帯でも失敗しない選び方
  • 具体的な「部分」の例でみると

 

順をおって詳しく説明しますね。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

自分にあった長さの名古屋帯とは

 

名古屋帯(六通の袋名古屋帯)

 

まず「自分に合う名古屋帯」とはどういう帯でしょう?

 

名古屋帯は「三つの部分」

 

・「お太鼓部分」の長さ
・「手の部分」の長さ
・「胴の部分」の長さ

 

から出来上がっていますが、ぴったりサイズを知るには、

 

  • 「お太鼓部分」の長さ
  • 「手と胴の部分」長さ

 

の二つを知ることで分かってきます。

 

 

名古屋帯の「部分」を測る

 

「お太鼓部分」「手と胴部分」を測り、それぞれが自分にとって「長すぎず短すぎない」ことが大切です。

 

帯の各部位の長さを測ったら、今度は自分のサイズも測ってみましょう。

 

 

自分のサイズは補正後の胴回りサイズで

 

帯の長さに特に関係が深いのが、胴周りのサイズです。

 

あなたがふくよかなタイプかやせタイプかで、ずいぶん帯の必要な長さが変わります。

 

そこで、いつもの着方で帯を巻く直前の胴回りを測ってください

 

私の場合は、胴回りが約85センチになります。

 

 

例えば胴回り85センチの場合

 

ここに名古屋帯を巻いていくと、全長で350センチくらいの帯が一番巻きやすいと感じます。

 

それも、お太鼓部分があまり長くないものがいいと感じます。

 

 

ぴったりくる名古屋帯を測ってみると

 

自分に合っている袋名古屋全通柄

◆一番ぴったりくる名古屋帯

 

そこで、自分にぴったり合うと感じている名古屋帯を実際に測ってみます。

 

「お太鼓部分」と「手と胴の部分」をそれぞれ測ります

 

この帯は、

 

  • お太鼓部分が105センチ
  • 手と胴部分が240センチ

 

全体の長さが345センチ。

 

3メートル45センチって、案外短い?かもしれません。

 

自分に合う名古屋帯の長さ知ってますか?「部分」の長さは重要です,
<p>自分に合っている袋名古屋全通柄を締めている私

◆自分にぴったサイズの名古屋帯を締めている私

 

ぴったりの長さだと、お太鼓の出来上がりがいつもすっきり決まります。

 

 

長さが合っていない帯=締めにくい帯

 

これより短い帯、長い帯だと、どこかで工夫を加えなければならなくなり、「扱いにくい」と感じます。

 

これより10センチ長い帯までは、どこかに余分があるだけなのでうまくいきます。

 

以上のことから、私にぴったりのサイズの名古屋帯は以下のサイズを分かります。

 

<私にピッタリの名古屋帯>

 

  • 全長で345センチから355センチ
  • そのうち「お太鼓の部分」は約105センチ

 

 

一番扱いやすい帯で次を求める

 

現代の帯は、3メートル70センチほどが主流です。

 

細身の方は、これでは長すぎると感じるでしょう。

 

自分の扱いやすい帯を知って、仕立てのとき役立てましょう。

 

 

リサイクルでも帯選びに失敗なし

 

ぴったりの帯の長さが分かれば、購入のとき失敗がなくなります。

 

リサイクル品でも「お太鼓部分」と「手と胴部分」のそれぞれの長さを測って、

 

自分に合うものが選べます。

 

全体に柄のある帯なら、とても見つけやすくなります。

 

 

お太鼓柄は要注意

 

お太鼓と胴の前だけに柄のある「お太鼓柄(ポイント柄)」は、ちょっと注意が必要です。

 

特に胴の柄がちょうどよいところに出るかが、チェックポイントです。

 

お太鼓柄の場合は長い方が調整しやすいでしょう。

 

 

「お太鼓部分」と「手と胴部分」の長さの例

 

帯によりそれぞれの「部分」の長さはかなり違いがある といいましたね。

 

その例を三つ紹介します。

 

 

紺地椿模様のお太鼓柄の例

 

自分に合っている袋名古屋全通柄

◆例1・全体に短い帯

 

  • お太鼓部分の長さ:97センチ
  • 手と胴部分の長さ:238センチ
  • 全長335センチ

 

黒地葉の模様お太鼓柄の例

 

自分に合っている袋名古屋全通柄

◆お太鼓部分が長いが私には扱いやすい長さの帯

 

  • お太鼓部分の長さ:116センチ
  • 手と胴部分の長さ:242センチ
  • 全長358センチ

 

 

紺地紅型全通柄の例

 

自分に合っている袋名古屋全通柄

◆お太鼓部分がちょうどよい帯

 

  • お太鼓部分の長さ:105センチ
  • 手と胴部分の長さ:260センチ
  • 全長365センチ

 

個人的には「お太鼓分」が100センチに満たないものや、「手と胴部分」が260センチ以上ある長いものは、扱いにくいと感じます。

 

 

自分に合う名古屋帯の長さ知ってますか?「部分」の長さは重要ですのまとめ

 

お太鼓結びで苦戦している方は、名古屋帯の「部分」の長さが合っていないのかもしれません。

 

自分にぴったりの長さのものは、いつもお太鼓姿が良い出来栄えで完成します。

 

手胴・お太鼓のぴったりのサイズを知って、購入・仕立ての目安に。

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する

Twitter始めました。フォローお願いいたします。