半幅帯・浴衣帯・細帯とは・特徴を画像入りで説明しています

半幅帯・浴衣帯・細帯とは・特徴を写真入りで説明しています、半幅帯結んだ姿

着物のとき締める帯で、 「半幅帯」・「浴衣帯」・「細帯」についてお話します。

いずれも帯締めや帯揚げがいらず、手軽に締めることができます。

  1. 半幅帯とは
  2. 浴衣帯とは
  3. 細帯とは

この順に画像の例を見ながらお話しますね。

スポンサーリンク

半幅帯とは

長さ3.3メートルくらい~3.8メートルくらい、幅15センチほどの帯。

幅が並幅(30センチ)の半分の幅(15センチ)なので「半幅帯」といいます。

並幅の生地をを二つ折りにして芯を入れたものと、筒状になったものがあります。

大きく普段着用と社交着用に分かれます。

社交着に向く半幅帯

半幅帯、社交向き博多織

◆半幅帯・博多織・社交の場に向く

社交着に向くの華やかさのある半幅帯です。

幅が16~7センチで、袋帯のような形状のものが多いです。

長さは3.7~4.0メートルくらいあります。

普段着向き半幅帯その1

半幅帯、普段着向き

◆普段着向き半幅帯

普段着に向く半幅帯です。

上は紬の厚い生地で、3.3メートル。

下は化繊でリバーシブル(両面使い)、幅17センチ長さは3.6メートル。

長い帯は結び方の幅が広がります。

素材はほかに、木綿、絹、夏は麻が使われます。

普段着向き半幅帯その2

半幅帯・ウール

◆半幅帯・普段用・ウール

これはウール素材の一枚でできた半幅帯です。

秋冬用として使います。

現代ではあまり使われなくなりました。

浴衣帯とは

浴衣帯二本

◆浴衣帯・リバーシブル

夏の浴衣に合わせる帯は、浴衣帯といい、ひとえ(一枚)のものです。

ひとえなので軽く、鮮やかな色目が多いです。

両面使える(リバーシブル)ものが多いです。

細帯とは

赤い地の細帯"

◆赤地の細帯

「細帯」は、幅が11~13センチで、半幅帯よりもさらに細い帯です。

この赤地の細帯は、幅13センチ長さは3.0メートル強。

半幅帯と同じように普段使いの帯です。

現代は細帯を利用する人は少なくなりました。

細帯、黒地

◆黒地の細帯

黒い細帯です。

幅は13センチで、長さは2メートル40センチ。

上の赤い細帯よりさらに短いです。

現代は長めが好まれている

半幅帯の結びは、多様な結び方が考案されています。

そのため市販される半幅帯は、長さが3.6~3.8メートルほどの長いものが増えています。

ポップでモダンな着物姿に似合う半幅帯が人気のようです。

きものの時にする帯の種類
プロフィール
この記事を書いた人
きらこよしえ

着付け師範として着物着付け教室を運営。簡単着付けの2部着物など考案、雑誌に取り上げられたり、着物用下着など監修者。温泉好きでスーパー銭湯や温泉巡りでドライブ旅行趣味。温泉ソムリエ資格取得。旅系ブログna58.net YouTube運営。

きらこよしえをフォローする
きらこよしえをフォローする

スポンサーリンク


きもの物語

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました