着物や帯・和装品の数え方・単位は・きもの好きの豆知識

着物(和装品)の数え方・単位

着物や帯をはじめとする和装品は、普段使わないのでつい「一つ」や「一個」と数えがちです。

和装品はものによって数え方があり、面倒ではあっても日本のよい文化です。

きものを楽しむときに知っておきたい豆知識。

着るものを先に、装飾品や小物の数え方をそのあとに紹介します。

女性の着物に関する和装品を中心に、よく使いそうなものから並べていきますね。

スポンサーリンク

着物や帯・和装関連用品の数え方

「枚」で数えるもの

着物を着た若い女性

◆着物は枚で数える

  • 着物
  • 長じゅばん
  • 羽織
  • 下着
  • 和装コート・・・または「着」
  • 袴・・・または「腰」(腰まわりを紐で括る形式の下衣の数え方)

「本」で数えるもの

アンティークの名古屋帯

◆帯は本で数える

  • 帯揚げ
  • 帯締め
  • 腰ひも

「足(そく)」で数えるもの

草履二足

◆草履二足

  • 草履
  • 下駄
  • 雪駄
  • 足袋(左右そろっていないときは1枚2枚と数える)

「領(りょう)」で数えるもの

  • 打ち掛け(現代結婚式で用いられるものは「枚」で数える)
  • 鎧(よろい)

「具(ぐ)」で数えるもの

  • 裃(かみしも)
  • 狩衣(かりぎぬ)

具(ぐ)は必要なものをそろえることを表していて、一揃いの衣服を数える語です。

和装の装飾品・小物の数え方

  • 手鏡:面または枚
  • 三面鏡:台
  • かんざし:本
  • くし:本
  • 風呂敷:枚(物を包んだときは「包み」で数える)
  • 巾着袋:枚(中身が入った巾着は「個」で数える)
  • 扇子:閉じているときは本、広げると面、枚で数える
  • 手ぬぐい:本
  • 手袋:左右2枚で一双または一対、一足と数えることもある

着物・和装品・着付けの気になることは「きもの物語のトップページ」の検索窓からどうぞ。

着物の各部の名称と読み方(解説付き)

着物の各部の名称と読み方(解説付き)
着物ならではの名称(名前)と読み方、その意味を解説しますね。着物(和服)の専門用語もありますが、洋服と一緒というところもあります。実際手にとって、部位を照らし合わせながら、また着付けしながらだと覚えやすいです。まず着物がどのように出...
か行きもの・和装用語あれこれ
プロフィール
この記事を書いた人
きらこよしえ

着付け師範として着物着付け教室を運営。簡単着付けの2部着物など考案、雑誌に取り上げられたり、着物用下着など監修者。温泉好きでスーパー銭湯や温泉巡りでドライブ旅行趣味。温泉ソムリエ資格取得。旅系ブログna58.net YouTube運営。

きらこよしえをフォローする
きらこよしえをフォローする

スポンサーリンク


きもの物語

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました