片流し(半幅帯)の結び方・画像の順で解説・アレンジと帯変え

半幅帯で片流し結びを解説、完成した片流し

「片流し」と呼ばれる帯結びの結び方を紹介します。

左右の羽根の形と大きさが違うので、シャープで粋な雰囲気になります。

年齢は問いませんが、どちらかというと痩せているか普通体型の方に似合う帯結びです。

  • 普段着着物(ウール、木綿、洗える着物)には半幅帯で
  • 浴衣には浴衣帯で

羽根の大きさを変えることで表情が変わりますので、お試しくださいね。

スポンサーリンク


片流し(半幅帯)の結び方

半幅帯で片流し結び、順序解説、二巻きしててを上にひと結び

手先の幅を半分に折って、55センチほどとって、胴に二巻きします。

手先を上にして、しっかりとひと結びします。

手先はクリップで衿に留めておきます。

半幅帯で片流し結び、順序解説、・たれ元から羽根をつくる

たれの元をしっかりと開いてから、たれ元から羽根を作ります。

羽根は左側に二枚、右側に残りのたれを左側の羽根より長めにとります。

半幅帯で片流し結び、順序解説、羽根の中央に一つ山三枚ひだをとる

羽根を作ったら、羽根の中央に一つ山三枚ひだをとります。

半幅帯で片流し結び、順序解説、手先をおろして羽根の中央にかけ結び目を通す

手先のクリップをはずして下におろし、羽根の中央から結び目の裏を通って、上に引き抜き引き締めます。

半幅帯で片流し結び、順序解説、手先を胴の裏側に通す

手先を胴帯の裏側に通します。

手先が胴帯より下に出ている分は、外巻きに2~3回巻いて、胴帯の中におさめます。

半幅帯で片流し結び、羽根のバランスをととのえ完成

羽根のバランスを整えて、片流し結びの完成です。

羽根の向きを変えてアレンジ

半幅帯で片流し結び、左の短い上の羽根の形を変えてみました

これは完成した片流しの、左の上の羽根の形を変えてみました。

ちょっとだけ、見た目も変わりましたね。

ピンクのウールの半幅帯で結ぶと

半幅帯で片流し結び、ピンクのウールの半幅帯で

こんどは、ピンク色のウールの半幅帯で結んでみました。

帯の長さによって、仕上がる片流しの形が変わってきます。

このウールの帯はこの形しかできませんが、かわいい感じになりました。

帯の材質、色、羽根の大きさでで、ずいぶんと雰囲気が変わってきます!

お試しくださいね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました