「コーリンベルト」や「着付けベルト」は着付けにいる?いらない?

着付けベルト、コーリンベルト二つ

着物を着る時に「コーリンベルト」は必要ですか?

また似たような商品で「着付けベルト」というものがありますが、これらはいるのでしょうか?

用途や違いも教えてください

コーリンベルトはコーリン株式会社が「登録商標」している商品です。

そのため、他の会社ではこの名称をつけることができません。

コーリンベルト着付けベルト

◆衿合わせのためのベルト

同様の商品で「着付けベルト」という商品が販売されています。

「コーリンベルト」も「着付けベルト」も同じ用途で使います

用途は和装の衿元のずれを防止するものです。

両端に衿に留めるクリップがついていて、ゴムでつながれています。

サイズはLとМの二種類。

Mサイズで約30センチ~58センチ(あるメーカーの適応表示)に対応しています。

色はカラフルなものがそろっており、礼装用の白、弔事用の黒などもあります。

スポンサーリンク


着物着付けに、いる?いらない?

コーリンベルト着付けベルト

「コーリンベルト」または「着付けベルト」は衿元のずれを防止してくれる優れた商品です。

ですがこれがないと着物の着付けができないかというと、そうでもありません。

以下「コーリンベルト」または「着付けベルト」を合わせて「衿合わせベルト」として説明します。

「衿合わせベルト」のよいところ

「衿合わせベルト」のよい点は、

  • 衿元のずれを防止して、長時間着物の衿を安定させておくことができる
  • 着物の初心者に、あるいは滑りやすい礼装の着物のときにあると重宝する

着付けに不慣れで衿元が崩れやすい方は、利用すると安心でしょう。

つけ方によっては衿がきゅうくつになることもあるので、ゴムはほどよいゆるみ具合でつけてください

「衿合わせベルト」はなくてもOK

「衿合わせベルト」はなくても着付けできます。

私は「腰ひも」を利用して衿元を安定させています(昔からの方法)。

「衿合わせベルト」は「着付けに必要」な小物として紹介されることがありますが、使い方によってはクリップが痛い、という方も。

そういう方は、腰ひもを使いましょう。

衿を安定させ着崩れしないために

衿元を安定させ着崩れしないためには、補正をしておくのが賢明です。

補正=身体がずん胴になるようにタオルなどを利用すること

補正をしておけば、「腰ひも」でも衿元がくずれるのを防げます。

おすすめは使わない着付け

「衿合わせベルト」を使用しない着付けをおすすめします。

補正をある程度して、腰ひもを適切に締めれば(伊達締めも利用します)、衿合わせがくずれることはそうそうありません。

衿合わせベルトは、礼装用の着付けや一定の着付け教室ではよく使われています。

便利に使っている人もあるので、いる(必要)と考える人もあるということです。

なるべく器具を使わず、からだに負担のない着方がよいと私は考えています。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました