兵児帯でリュウキン・猫結びアレンジ

浴衣に兵児帯で「リュウキン結び」

浴衣に結ぶ兵児帯をアレンジしてみました。

「リュウキン」の形と「猫の顔」の形に結んでみました

三重ひもを使ってますから、ひだをとりやすくアレンジもしやすいですよ。

スポンサーリンク


「リュウキン結び}

おなか部分をふっくらさせて、尾ひれもふんわりと。

浴衣に兵児帯で「リュウキン結び」

使っている兵児帯は長さ4メートルのものです。

手先を60センチほどとって上にしてひと結びし、手前のゴムにかけ尾ひれを出します。

次にたれを使って三回ゴムを通して、尾ひれをまた出します。

浴衣に兵児帯で「リュウキン結び」

全体の形を整えて完成します。

お腹にあたるところに帯が重なっているので、ふっくらした形になります。

「兵児帯で猫結び」

猫の顔に見立てて兵児帯を結んでみました。

浴衣に兵児帯で「猫結び」

手先を40センチとって手先を上にしてひと結びします。

次にたれで下から上にゴムに通していきます。

たれの最後に耳を作って奥のゴムで押さえ、手先にも耳を作って出します。

外側の帯は両端を少したたんで幅を狭めて、底を整えて細いひもをしています。

内側の帯はえらのように少し張り出すようにして形をととのえます。

浴衣に兵児帯で「猫結び」

兵児帯はいろいろとアレンジが面白いですね。

また思いついたらのせますね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました