花嫁衣装(着物用語)白無垢と打掛けから新和装へ
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

花嫁衣装(着物用語)白無垢と打掛けから新和装へ

花嫁衣裳・白無垢

結婚式に花嫁が着る衣装は、「白無垢(しろむく)」または「色打掛け(いろうちかけ)」です。

 

白無垢・色内掛ともに正式な装いです。

 

現代では、洋装の要素のはいった「新和装」とよばれる花嫁衣裳もあり、

 

人気が上昇しています。

 

スポンサーリンク

 

白無垢(しろむく)とは

 

花嫁衣裳・白無垢

 

掛下(かけした・打掛けの下に着るきもの)に白打掛けを羽織り、

 

帯・小物等のすべてを白一色に揃えた花嫁独自の衣装です。

 

白という色は、これからどんな色にでも染まることができるため、

 

白無垢には、清純さを表す意味と、嫁ぎ先の色に染まるという意味合いが込められています。

 

 

色打掛けとは

 

花嫁衣裳・色打掛イラスト

 

色内掛けは、白以外の赤・金・黒・緑などの色を用いて、

 

豪華な装飾を施した内掛けです。

 

 

そのほかの花嫁衣裳

 

他に、「黒引き振り袖」や「新和装」と呼ばれる衣装があります。

 

 

黒引き振り袖とは

 

花嫁衣裳・黒引き振り袖

 

黒引き振り袖は、黒地に模様のある振り袖で、

 

裾を長くして引きずらせて歩きます

 

明治後期~昭和の初期あたりまでによくみられました。

 

 

新和装とは

 

新和装は、ドレスのようなパステルカラー使いで、

 

レースを用いるなど華やかさをプラスした和装ドレスです。

 

近年人気を集めています。

 

洋装の髪型や飾りにも合い、従来の和装にとらわれない自由なスタイルです。

 

 

より一層花嫁の美しさを飾るようになった花嫁衣裳。

 

家と家との結婚という意識が変化する中で、花嫁衣裳も変わりつつあります。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する