スポンサーリンク

このサイトには広告が含まれます。

帯締めの種類は何がある?丸ぐけから組みひもに/帯締めの歴史

帯締め

◆丸ぐけの帯締めの例

日本人は着物を着て暮らしていましたが、明治20年代から30年代のころは、まだ女性の帯締めは「丸ぐけ」のものがほとんどでした。

丸ぐけというのは、布製で綿をつめて閉じた帯締めです。

数年前放送されていた、明治時代の女性実業家広岡浅子の生涯を描いたドラマ「あさが来た」。

あさは銀行の事業も炭鉱の事業も軌道にのせ、婦人雑誌や新聞に取り上げられる名士になり、

女子教育にも力を入れ、女子大設立へと突き進んでいる時代です。

この頃に、主人公あさや、あさのお義母さんの姿に変化がおこります。

それは帯締めをしていることです。

それ以前の衣装では帯を広い幅で締めているのですが、帯締めはしていません。

帯締めとはいっても現代よく使われている組紐の帯締めではなく、布の帯締め、つまり丸ぐけの帯締めです。

明治20年代から30年代のころは、まだ女性の帯締めは丸ぐけのものがほとんどでした。

ここでは帯締めの種類や歴史をみていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

帯締めの歴史・豆知識

帯締めの始まりは江戸末期

そもそも「帯締め」の始まりは文化年間(1804年~1817年・江戸末期)です。

当時人気のあった歌舞伎役者が衣装の着崩れを防止するために、帯の上に紐を締めたことがその始まりとされています。

その姿がカッコ良かったのでしょうね。

それを真似るのが女性の間で流行し、「これは便利だわ」ということから「帯締め」が庶民にも定着していきます。

この時代は細い棒状にした綿を、布でくるんで縫いとめたものが帯締めです。

これが後に「丸ぐけ帯締め」と呼ばれます。

丸ぐけの帯締めの例

◆丸ぐけ帯締めの例

丸ぐけから組紐へ

はじめは丸ぐけの帯締めしかありませんでした。

組紐の帯締めが使われるようになるのはもっと後のこと。

明治9年(1876年)の「廃刀令」が関係しています。

刀を持たなくなったことで、刀の下緒(さげお)に使われていた組紐がいらなくなりました。

そのため組紐職人の仕事が減り、技術を帯締めの組紐に生かすようになったという経過があります。

帯締めとして組紐を使い出したのが明治の中期ごろ。

様々な組紐ができ広まるにつれて、丸ぐけのものと併用され、次第に組紐の帯締めが主流となっていきます。

created by Rinker
ノーブランド品
¥2,750 (2024/05/24 14:17:38時点 Amazon調べ-詳細)

現代は組紐の帯締めが主流、その理由

現代の帯締めは大きくわけてこの二種類です。

  • 丸ぐけの帯締め⇒綿などを入れた帯締め
  • 組紐の帯締め

そして組紐の帯締めには、丸組みのものと平組のものがあります。

◆丸組みの帯締め

丸組みの帯締めの例

◆丸組みの帯締めの例

◆平組みの帯締め

平組帯締めの例

◆平組帯締めの例

帯締めには帯を留めておく力がかかりますから、布よりは組紐の方が強度があることでしょう。

組み方には種類も多く変化にとんだものがあり、装飾性があります。

組紐が主流になったのには、このように丸ぐけ紐よりも良い点が多いためと思われます。

丸組のものはカジュアルな装いに向き、より強度のある平組の帯締めは、普段用から正装のものまであります。

created by Rinker
ノーブランド品
¥2,750 (2024/05/24 14:17:38時点 Amazon調べ-詳細)

丸ぐけ帯締めを使う場面

和装 白無垢 花嫁

◆花嫁の丸ぐけ紐

今、丸ぐけの紐を使うのは、花嫁さんの帯締めと黒留袖の帯締めくらいです。

それさえも組紐の方が多くなっているかもしれません。

現代はファッションとしての着物に丸ぐけ帯締めを

現代は組紐が主流ですが、大正時代の着こなし(アンティーク着物)を好む人などが丸ぐけ帯締めを合わせています。

現代はファッションとしての着物を自由に楽しみ、どの帯締めもファッションの一部として着こなしを楽しめます。

帯締めの種類は何がある?丸ぐけから組みひもに/帯締めの歴史・まとめ

明治20~30年代の時代になり、女性の帯を留める「丸ぐけ帯締め」が登場する。

組紐の帯締めがこのころから使われだすが、一般に広まるのは大正から昭和初期。

組紐も丸ぐけも、現代はファッションとして自由に楽しめる。

丸ぐけの帯締めは自作もできるので、興味のある人はお試しを。

丸ぐけ帯締めを紬の着物にあわせてのコーディネート

◆自作した丸ぐけの帯締めで紬着物のコーディネート

created by Rinker
ノーブランド品
¥2,750 (2024/05/24 14:17:38時点 Amazon調べ-詳細)

締め方をアレンジできるので、個人的には丸組み帯締めは大好きです。

綿でなく毛糸を入れるカンタンな方法で紹介しています。

◆丸ぐけ帯締め(丸ぐけひも)の作り方・画像と手順つき・アレンジも!

丸ぐけ帯締め(まるぐけひも)の作り方・画像と手順付き!アレンジも
丸ぐけ帯締め(まるぐけひも)の作り方を画像と手順付きで詳しく解説しています。またアレンジ結びも紹介しています。

◆帯締めと帯揚げの結び方(本結びと絞り結び)を詳しく解説

帯締めと帯揚げの結び方 本結びと絞り結びを詳しく解説!画像あり
帯締めと帯揚げの結び方 本結びと絞り結びを詳しく解説!画像あり

◆帯揚げと帯締めのお手入れ・しまい方・次に使う準備

帯揚げと帯締めのお手入れ/しまい方・次に使う準備をかねて!
帯揚げと帯締めのお手入れとしまい方について詳しく。次に使う準備をかねておこなうのがポイント。帯締めのふさをまとめる簡単な方法。
きらこよしえ日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
きらこよしえ

着付け師範として着物着付け教室を運営。簡単着付けの2部着物など考案、雑誌に取り上げられたり、着物用下着など監修者。温泉好きでスーパー銭湯や温泉巡りでドライブ旅行趣味。温泉ソムリエ資格取得。旅系ブログna58.net YouTube運営。

きらこよしえをフォローする
きらこよしえをフォローする

スポンサーリンク


コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました