伊達襟(だてえり)の取り付け方・画像と詳細解説/パール付きは?

男性の長じゅばんの半衿の取りつけ

伊達襟(だてえり)は、もう一枚着物を着ているように見せかけて「重ねる衿」のことです。

「重ねる衿」といっても着物の襟そのものでなく、「長方形の布」です。

色鮮やかな布を着物の内側に重ね、胸元を華やかにします。

一般的なものは「120~130センチ×11センチほどの長方形」で、裏地がついています。

  • 一般的な伊達襟の取り付け方
  • 伊達襟をつけた着装方法
  • パールやビーズのついた伊達襟の着装方法

の順にお話しますね。

スポンサーリンク


伊達襟(衿)の取り付け方

ここでは、130センチ×11センチの長方形の伊達衿で説明します。

素材は絹です。

<必要なもの>

  • 伊達衿
  • 縫い糸・縫い針・糸切りばさみ
  • または付属の留め具

伊達衿の中央付近三か所をとめます

一般的な伊達衿・半分の幅に折って縫い留める

はじめに伊達衿を半分の幅に折り、開かないように糸で留めます。

留めるところは中央と、そこから左右10センチほどのところの三か所です。

伊達衿を着物の衿にとめます

伊達衿の取り付け説明・伊達衿を着物衿にとめる

着物の衿を半分の幅に折ります。

着物の衿の中央に伊達衿の中央を合わせます。

この時、伊達衿が着物の衿より上に出ないようにします。

伊達衿の閉じたところ三か所を、着物衿の端に合わせて糸で縫いとめます(上の写真)

「付属の留め具」があれば、それで着物衿と伊達衿を下から挟むように留めてください。

以上で伊達衿の取り付けができました。

<まとめると>

  • 半衿を半分に折り生地が動かないよう三か所とめる
  • 着物の衿を半分に折り伊達衿を縫いとめる
  • または付属の留め具で着物衿と伊達衿をとめる

伊達衿がついた着物衿

伊達衿の取り付け説明・着物衿に半衿を取り付けたところ

伊達衿をつけた内側からみると、このようになります。

着物の衿(緑色)が、わずかに出ていますね。

5ミリくらい着物衿の方が出るはずです。

つまり着物を着たときには、後ろからは伊達衿は見えないようになっています。

他のか所も留めておいてもOK

伊達衿の取り付け説明・他のか所をとめてもよい

◆左右それぞれ三か所ずつをとめている

着付けの際、伊達衿が開いてきて着付けしにくい場合は、他のか所も何か所か糸で留めておくとよいです。

ここでは中央と左右の二か所のほか、左右のそれぞれ三か所ずつを糸で留め、開かないようにしてみました。

伊達衿を用いた着付け方

深緑色の色無地に黄金色の伊達衿を着装したところ

伊達衿をつけての着付け方は、首の真横から伊達衿が見えるようにします

そして伊達衿が、5ミリから8ミリの幅で一定して出るように着付けます。

その他の伊達衿紹介

以上一般的な幅11センチほどの伊達衿で紹介してきましたが、ほかにもっと簡易なものもあります。

それは、上記の半衿の半分の幅で出来上がっているものです。

着物衿に取り付けるだけで、取り付け方法は上記と同じです。

伊達衿二枚構成のタイプ

また伊達衿が二枚で構成されているタイプのものもあります。

ひとつの伊達衿を取り付けるだけで、二枚の重ね衿をしていることになります。

華やかさが増すので、振袖を装うときにによく用いられます。

さらに豪華な半衿、パールやビーズも

伊達衿の取り付け方詳細説明・振り袖用豪華な飾りつき半衿で着装

またパールやビーズ、飾り花などのアクセントがつけてある伊達衿もあります。

上の写真は、グレーと黒の重ね衿にさらにパールが並んでいる伊達衿です。

パールやビ―ズが取りつけてある伊達衿の着付け

華やかさを増すパールやビーズは、後ろ衿の見せ方をどうするか迷います。

が、これは好みでかまいません。

衿の後ろまでパールやビーズをだして着付けてもいいですし、後ろだけは着物衿の内側にしまってもよいです。

また飾り花などのアクセントがつけてあるものは、飾りがちゃんと出るよう着付けてください。

伊達襟(だてえり)の取り付け方・画像と詳細解説/パール付きは?まとめ

伊達衿の取り付けは、伊達衿が動かないよう縫い留めて利用します。

前から見たとき、5~8ミリ幅で均等に左右見えるように着つけます。

慣れてくれば伊達衿を縫い留めずに着付けできるようになります。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました