腰紐(こしひも)の作り方・ベストサイズで・画像と手順付き!
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

腰紐(こしひも)の作り方・ベストサイズで・画像と手順付き!

自分にぴったりの腰ひもの作り方

「腰ひも」は着物の着付けに欠かせない大切な小物。

 

「腰ひも」といっても見た目も素材もいくつかあります。

 

ただ市販のものは、長すぎることがありませんか?

 

太さや長さが自分にぴったりで、気にいった柄の腰ひもなら、

 

着物ライフはさらに充実するはずです。

 

誰でも手作りできるよう、画像と手順をおって説明しています。

 

お試しくださいね。

 

スポンサーリンク

 

自分にぴったりの腰紐を作る

 

せっかく手作りするのですから、腰ひもに適した素材で自分にぴったりのサイズの腰ひもを作りましょう!

 

腰ひもの素材のおすすめは「モスリン」です。

 

「モスリンの腰ひも」は一番しまりがよいと思います

 

「モスリン」というのは薄手のウールのことです。

 

 

腰ひもの素材選び・おすすめはリメイクで

 

「モスリン」を探すには、モスリンの反物が最も良いと思います。

 

モスリンの反物が手に入らない場合は、ウールの長じゅばんをリメイクしましょう。

 

モスリンの次に腰ひもに向いている素材は、絹です。

 

やはり絹の反物がよいですが、腰ひもにするには高価すぎます。

 

そこで絹素材にする場合も、着物や長じゅばんからのリメイクがおすすめです。

 

あるいは、洋服の生地でとして販売されている、モスリンや絹を利用することもできます。

 

  • モスリンで作ってみたいという方は、ウールの長じゅばんをリメイク
  •  

  • 絹の素材が好みという方は 着物・長襦袢・羽織などからリメイク

 

 

自分にぴったりの幅と長さの腰ひもを作るために

 

これから自分で作るので、ぜひぴったりの幅と長さの腰紐に仕上げましょう。

 

<市販品>

 

市販されている腰紐は、長さが2メートル5センチほど、 幅が4〜5センチほどが一般的です。

 

 

<私の場合>

 

個人的には2メートルでは長すぎるので、長さ1 メートル 90センチ、幅4センチのサイズで作っています。

 

これは個人差があるので、ご自分で一番お好みの長さと幅を考えて、製作してくださいね。

 

 

ここではモスリンの生地で作り方を説明します。

 

 

腰ひもの作り方

 

出来上がりが「長さ2メートル・幅4センチの腰ひも」の場合で説明します

 

縫い代は5ミリです。

 

 

腰ひも・用意するもの

 

<用意するもの>

 

  • モスリン(薄手のウール生地) 201センチ×9センチ 
  • 手縫い糸(赤)
  • 縫い針
  • 糸切りばさみ
  • アイロン
  • ものさし
  • ゴム通し(裏返すため)

 

※ミシンでもOKです

 

 

中表にして縫い代5ミリで縫う

 

腰ひもの作り方・たてに中表に5ミリ縫い代で縫う

 

中表にしてたて半分に折り、縫い代を5ミリとしてまっすぐに縫います(これはミシンで縫っています)。

 

返し口を中ほどに5センチほど開けておきます

 

縫い代はアイロンをあてて倒しておきます。

 

 

角はこの図のようにします

 

腰ひもの作り方・角はこの図のようにします

 

両端は7〜8ミリずつあけます。

 

「わ」の方を2ミリ縫い残します。

 

こうして、たて・横の角の縫い目に少しすき間を残すことで、表に返したときに角が整いやすくなります

 

 

表に返し角を整える

 

表に返したら、角を目打ちなどで整えます。

 

 

角に糸を通し形を整える

 

腰ひもの作り方・角のところを割るようにして先端に糸を

 

そして角のところを割るようにして先端に赤い糸を通します。

 

腰ひもの作り方・赤い糸はしっかり結ぶ

 

三回糸を通し、しっかりと引き締めてきつく駒結びします。

 

糸は4センチほどの長さで切りそろえます。

 

 

返し口を閉じて完成

 

腰ひもの作り方・返し口を閉じアイロンあてて完成

 

返し口のところを縫いとじます。

 

アイロンをあてて、完成です。

 

 

手縫いならもっと満足できる出来栄えに

 

ここではモスリンをミシンで縫いましたが、生地が引きつることがあります。

 

より美しく仕上げるには手縫いの方がよいです。

 

手縫いの場合の針目は3ミリくらいです。

 

モスリンの生地を手縫いするには、絹の手縫い糸をお使いください。

 

  • 手縫いのときは3ミリの針目、絹糸使用で

 

 

もっと幅広の腰ひもを作る場合

 

ここでは4センチの幅の腰ひもをつくりました。

 

しかし「もっと幅広の方がいい」というお好みならどうするか。

 

<幅8センチの腰ひもを作りたい場合>

 

  • 8×2+1=17センチ の幅で裁断して作成します

 

※縫い代5ミリ

 

もっと長い腰ひもを作る場合

 

長さについてももっと長くしたいという方は、縫い代は同じく5ミリで、必要な長さ+1センチで裁断して作成してください。

 

  • 必要な長さ+1センチで裁断して作成します

 

 

腰紐(こしひも)の作り方・ベストサイズで・画像と手順付き!まとめ

 

腰ひもを自分にぴったりのサイズで扱いやすいものを手作りする方法を紹介しました。

 

腰ひもに一番重要な要素は締めやすいこと。

 

最もおすすめは「モスリン」そして「絹」。

 

和装品からのリメイクの場合、2メートルを超えるものは長さがとりにくいです。

 

腰ひもは強い力がかかるので、途中でつながない方がよいです。

 

 

端の赤い糸は、不可欠ではありません。
短い方が扱いやすいと思います。

 

<モスリン・メリンス・新モス>

 

腰ひもの素材として「モスリン」と表示されている場合は、ウールです。
「モスリン」を「メリンス」と呼ぶこともあります。

 

また「新モス」という名称は、薄手の木綿でウールではありません。

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する