リサイクルショップ・アンティークショップの特徴・きものを初心者さんへ

リサイクルショップ・アンティークショップの特徴・きもの初心者さんへ

「リサイクルショップ」が増えています。

不要になったり使わなくなったものを引き取り、必要とする人に販売しています。

着物(和装)だけに特化したお店と、そうでないお店があります。

時代の古い着物なら、アンティークショップで購入するのもよい方法です。

ここではきもの初心者さん向けに、着物を購入できる「リサイクルショップ」と「アンティークショップ」の特徴についてお話します。

スポンサーリンク


着物(和装)のリサイクルショップの特徴

着物や帯をはじめ、和装品なども一通りの品ぞろえがあります。

すでに仕立てあがっているので、購入後はすぐに利用できます。

着物(和装)のリサイクルショップには、着物(和装)専門のお店と、ほかの商品の一部として着物を扱うお店とあります。

着物(和装)専門のリサイクルショップの特徴

着物(和装)専門のリサイクルショップは、一見呉服屋さんかと思うほどお店の様子が似ています。

扱う商品も広く、呉服屋で扱うものとほぼ同じ商品を扱っています。

ただ入荷したものを売るので、求めるものがあるかどうかは行ってみないとわかりません

大型リサイクルショップのきものコーナー

大型のリサイクルショップでは、大きな店舗の中で、家電や家具、日用品などのリサイクル品とともに着物(和装)を扱っています。

お店によっては「一部のコーナー」としてのスペースしかない場合もあります。

いつ何が入荷するかは分からないため、求めるものがあるかどうかは行ってみないとわかりません

未使用品、仕立て前のものもある

リサイクルショップではあっても、未使用品や仕立て前の反物もあります

気に入ったものがあればとてもお買い得でしょう。

価格が低いのが最大の特徴

リサイクルショップの一番の特徴は、やはり価格が低いことです。

自分にぴったりのサイズがなかったとしても、すぐに着られ安いのは魅力です。

少々大きめや小さめの着物サイズでも、着こなしを工夫して楽しむのによいお店です。

お財布に負担が少なくおしゃれができます。

帯はサイズのばらつきが少ないので、お得感が大きいと思います。

リサイクルショップでは求めるものがないからといって取り寄せなどはできません。

時代の古い着物がお好みなら、アンティークショップを検討しましょう。

アンティークショップ・着物専門店

リサイクルショップ・アンティークショップの特徴・きもの初心者さんへ

リサイクルショップの中でもアンティーク着物に特化したお店があります。

通常「アンティークショップ」といい、昭和の初期以前のものを扱うお店です。

アンティーク着物や関連小物のみを収集しているお店なら、品数が豊富でコーディネートの相談にものってくれます。

古物とともにアンティーク着物を扱うお店

陶器や絵画などの古物と合わせて、アンティーク着物・帯を揃えているお店もあります。

アンティーク着物専門店に比べ、品数は少なめです。

また店主や店員がアンティーク着物に精通していないこともあります。

アンティークの着物・帯選びは店主が決め手

アンティークの着物や帯を選ぶにあたっては、お店でじっくり商品を見て判断したいものです。

色も柄も古い時代のものには特色があります。

知識の豊富なオーナーなら、質問にも喜んでこたえてくれるでしょう。

オーナーのこだわりや知識を得ながら、商品選びをしてください

帯留め根付など、個性的な小物が欲しいときもアンティークショップはよいです。

購入にあたっては、生地の劣化がないことを店主に確認しましょう。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました