着物地帯地から作る小物(繰り回し・リメイク)

発表会の髪飾り(リボン)の作り方・絹シルクで手作り白リボン

発表会の髪飾り(リボン)を手作りしてプレゼントしました。 ピアノの発表会のドレスに、白いリボンがぴったりでした。 光沢のある絹(シルク)の生地を利用。 とても着物生地のリサイクルとは思えない見栄えです(自画自賛^^)。 作り方はとても簡単...
着物地帯地から作る小物(繰り回し・リメイク)

幼児用のマスク(3/4/5才)布で手作り・型紙と作り方(立体型)

幼児(3・4・5才)用のマスクを布で手作りしてあげたら、孫と娘に喜ばれています。 繰り返し洗えって使えるよう、木綿の布で。 型紙を一枚起こしておけば、たくさん作れて重宝しますよ。 鼻の下に少し空間ができ顔にはりつかないデザインです。 型...
きものの時にする帯の種類

着物のときの「帯の格」を格の高い順に説明(女性)

◆獅子の刺繍のアンティーク帯 着物を着るときに締める帯の「格」についてまとめました(女性)。 帯の形状は、「袋帯」「名古屋帯」「半幅帯」の三種類です。 このうち最も格上なのが「袋帯」。 次に「名古屋帯」、最も格下が「...
着物のときの防寒具

羽織(はおり)はいつ着る?種類と着方紹介(室内・椅子にすわるとき)

秋が深まり寒さを感じるようになったら、最初の防寒はまず「羽織」。 羽織を着るのは、紅葉の頃から桜が咲く頃まで。 さらに寒さが厳しくなれば、羽織の上からショールやコートを着用してください。 ここでは羽織の種類や着方について詳しくお伝えします...
着物のときの防寒具

羽織と着物用コートの違いは?着る場面・注意すること

着物のときの防寒着の「羽織」と「着物用コート」の違いを、詳しく説明しますね。 見た目の違い 着る場面での違い 着用時の注意点 についてお話します。 羽織と着物用コートの見た目の違い まず羽織と着物用コートの見た目の特徴を見てみましょ...
着物と過ごす時間

卒業式・なぜ袴を着るの?歴史をひもとき好まれる理由をさぐる

大学(短大・専門学校)の卒業式の衣装として、女性の袴姿は定着しています。 袴姿はりりしく聡明な印象がありますね。 学業を終える若い女性が、卒業式のときだけ袴姿なのはなぜでしょう。 ここでは、 女学生と袴のなれそめ その後の歴史的な経過 ...
四季の着物姿

卒業式・袴(女性)着付け方・着崩れしないポイント(画像)と必要なもの

若い女性の袴姿は、とてもりりしく美しいですね。 卒業式の袴の着付けは、美容院やサロンにお任せするのもいいですが、 着物が着られるお母さまなら、娘さんに着せてあげることもできますよ。 着付け方 着崩れしないポイント 袴の着付けに必要なもの...
四季の着物姿

教員(先生)の袴姿・おすすめのふさわしい着物と袴!詳しく解説

教員(先生)の袴姿は、厳かな雰囲気が醸しだされとても印象的です。 卒業式に向けての準備もいろいろとご多忙とお察しします。 さて準備にあたってこんな問い合わせをいただきます。 「教員(先生)の袴は、学生の袴姿と一緒でよいですか?」 送る立場...
日本の伝統行事

ひな祭りの食べ物/ちらし寿司とハマグリはどうして?子供に伝える

◆ひな祭り・食事会 ひな祭りの食べ物といえば、ちらし寿司、ハマグリのお吸い物が定番でしょう。 女の子の幸せを祈るひな祭りの食べ物の、意味や由来。 子供にきかれても大丈夫なように、サクッとおさらいを。 ちらし寿司の意味 ハマグリの意味 お...
日本の伝統行事

ひな祭りの由来/子供向けに簡単に 雛人形はいつからいつまで飾る?

3月3日は「ひな祭り」、桃の節句ともいいますね。 子供向けに、ひな祭りの由来や雛人形の飾る期間についてお伝えします。 子供に一言で話すなら、 女の子のすこやかな成長を祈る行事 もう少し具体的には、 災いから守ってくれる人形を飾り、女...
Q&Aコーナー(きもの物語にこんなご質問をいただきました)

着物の伊達衿(だてえり/重ね衿)・簡単な付け方を教えて下さい

襟元を華やかにするため、着物の衿にとりつける伊達衿(だてえり)。 振り袖には欠かせない小物のひとつですね。 振り袖を着るときに伊達衿を付けたいのですが、簡単に付ける方法を教えて下さい。 伊達衿は準備のひと手間をかければ、スムーズに着付...
Q&Aコーナー(きもの物語にこんなご質問をいただきました)

友人の結婚式に初着物を予定。どんな着物がいいですか?30歳独身女性

友人の結婚式に出席予定の30歳の独身の女性からの質問です。 友人の結婚式で受付を頼まれています。この機会に着物を着てみたいと思い始めました。 自分の着物は持っていません。 予算はできるだけおさえて準備したいです。 独身でいらっしゃるの...
着物を自分サイズにお直しする方法

着物を自分サイズに直す、裏地をかえる/生地を洗う?満足できるお直しを

譲ってもらったりリサイクルショップで購入した着物、 色柄はとても気に入っているけど、ちょっとだけサイズが。。。 そこで「サイズ直しを頼もうかしら」と、持っていくと、 「裏地の取り換え」「染み抜き」が必要ですよと言われました! この際全部や...
着物を自分サイズにお直しする方法

着物の丈(身丈)の目安・短い/長いとき・お直し方法と対丈の着方

着物の丈(たけ・身丈)の目安は自分の身長です(女性の場合)。 例えば身長160センチの人なら、着物丈が160センチのサイズがちょうどよいです。 ただピッタリのサイズでなくても、数センチ前後する程度なら着用できる範囲です。 でも譲ってもらっ...
着物を自分サイズにお直しする方法

着物のお直し、料金はいくら?お直しを頼むところはどこ?

譲ってもらったりリサイクルショップで購入した着物、 そのままではちょっと合わない。。。というときのことです。 ある程度のサイズ違いなら、着方を工夫して着こなすことができます。 でも、やっぱりもっと着心地よくしたい!という場合は、サイズ直し...
着物を自分サイズにお直しする方法

着物の身幅のお直し方法・許容範囲と着こなし方でのりこえるには

着物の身幅が広い、または狭い(短い)場合のお直し方法をお伝えします。 身幅が狭い ⇒ 歩くと前がはだけてしまう 身幅が広すぎる ⇒ 下前(したまえ)が余って歩きづらい どちらもこのまま我慢するのはちょっと。。。ね。 ここでは着物の幅の...
呉服・着物・和服に詳しくなろう

呉服/着物/和服の違い・日本独特の衣装の歴史と特色

呉服着物和服の歴史。呉服・着物・和服などに詳しくなるための豆知識。
着物を自分サイズにお直しする方法

着物の「裄(ゆき)のお直し方法」・長く/短くする依頼前の注意点

リサイクルの着物を買ったけど、やっぱり裄(ゆき)が短いわ。。。 どうしよう。。直そうかな。。。 少々短い程度なら、そのまま我慢するか工夫して着こなすことができます。 でもとても気にいっている着物なら、できればお直ししてぴったりにするのがよ...
着物を自分サイズにお直しする方法

着物の「袖丈のお直し」方法・長く/短くする依頼の前の注意点

着物の袖丈をお直しする方法と、お直しを依頼するにあたっての注意点をお話します。 きものの袖丈サイズを直すのはこのどちらかですね。 「袖丈を長くしたい場合」 「袖丈を短くしたい場合」 それぞれのお直し方法と、依頼前の注意です。 最後に、...
着物地帯地から作る小物(繰り回し・リメイク)

「ビッグリボン」作り方・ヘアアクセやバッグに/絹の着物生地から

◆着物の絹(シルク)生地からビッグリボン・二種類 絹(シルク)の着物生地から、ビッグリボンを作ってみたら、ツヤとボリュームのあるリボン飾りができました。 ヘアアクセにもいいし、バッグにつけても映えるしかわいい。 「ビッグリボン」は横が15...
日本の伝統行事

節分は2月3日(2022年)豆まきするのはなぜ?豆まきのやり方・子供に伝える

節分はどんな行事なの? と子供に聞かれたときに、さっと答えられるよう心づもりしておきたいパパママへ。 2022年(令和4)の節分は2月3日。 どんな行事なの?の質問には。 「幸せを呼んで健康を願う行事だよ」と。 そして「豆まき」をするのは...
趣味・おしゃれ着・普段着の着物

着物 紬(つむぎ)のきもの・季節と合わせる帯/格と小紋との違い

着物の種類で「紬(つむぎ)」と呼ばれるきものは、先に糸を染めてから反物にし、その後仕立てます。 そのため「先染めの着物」と呼ばれています。 普段着からお出かけまで、個性的なおしゃれができるのが紬のきもの。 紬の着物を愛好する人は、その素朴...
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました