着物地帯地から作る小物(繰り回し・リメイク)

着物地帯地から作る小物(繰り回し・リメイク)

着物地帯地から作る小物(繰り回し・リメイク)

布が豊富にない時代には、着物や帯を始めとする布は、大切に扱われていました。

 

最初の着物の役目が終わったら、まだ利用できる場所を使って、羽織や長じゅばんに作り替えていました。

 

それもヨレヨレしてきたら、まだ利用できる場所を使って、座布団にしたり布団を縫い合わせたり、袋物を作ったり。

 

それも擦り切れてきたら、最後ははたきにしたりお手玉にしたりなど、より小さいものへと作り替えて無駄なく使い切っていました。

 

これを繰り回しといって、当たり前に行われていました。

 

使い捨ての文化の前の、使い切りの文化の時代のことですが、今でも着物や帯の生地は、高価な絹生地がほとんどです。

 

使わなくなって捨てる前に、何かにできないかな?と考えてみて、きれいな生地を形を変えて利用できるものにしてみませんか。

 

難しい洋裁の技術のいらない簡単なものへのリメイクです。

 

思い出の着物生地を残すことにもつながります。

 

着物の生地の良さを感じつつ、試してみてください。

着物地帯地から作る小物(繰り回し・リメイク)記事一覧

着物のほどき方・洗い方・注意点を詳しく解説・和服生地のリメイクに

もう着なくなった着物(和服)だけど、捨てるに忍びない。。。あなたはどうしてますか?絹・シルク素材のものは、肌触りもよく上質なものなので、リメイクに活用しています。着物一枚をほどけば、幅約37センチ長さ12メートルもの上質な絹生地に生まれ変わります。光沢のある生地、色彩や柄も素敵ですから、何にリメイク...

≫続きを読む

 

着物リメイク・絹の枕カバーに・髪も肌もすこやか快適

着物からのリメイクで、今度は枕カバーを作りました。もちろん絹・シルクの素材です。着物でリメイクした絹の枕カバーは、ツルツル・サラサラっとしてとても気持ちいいです。(^^♪私は15年くらい前から、リメイクした絹の枕カバーを使っています。裏をつけないので、手縫いでもあっと言う間に出来上がります。髪にも肌...

≫続きを読む

 

着物を寝巻きに・色無地からリメイクで寝返りスムーズ

時代劇のお姫様の寝間着にも似ている、着物からのへリメイクです。シルクの着物を寝巻きにしたので、寝心地最高です!!袖は「筒袖」にしたので、腕の動きもラクラクです。絹のすべりのよさで、寝返りも楽ーにスムーズにできます。あまりに簡単なリメイクで怒られそうですが、睡眠が浅くなりやすい年代向きです。ここを読ま...

≫続きを読む

 

着物リメイク・ほどかず筒袖の割烹着(上っ張り)に・超かんたん

着物から筒袖の割烹着(上っ張り)にしました。袖口にゴムを通していないので、洋服の上に羽織る仕事着のようになります。部屋着として、朝夕の涼しい時間帯にさっと羽織るのに最適です。ひざ上丈にしたので、チュニックとしても活躍しますよ。椅子に座ったときの様子です。着物と兼用したい方はこちらを⇒「着物リメイク・...

≫続きを読む

 

ひとえ着物を兵児帯(へこおび)にリメイク・ほどき方と継ぎ方も解説

ひとえの着物をリメイクして、兵児帯(へこおび)にしました。大人の女性向きの兵児帯って、あまりないと思いませんか?それなら着物からリメイクしてしまおう!ということで作ってみました。浴衣にも合い、木綿着物や洗える着物にも合うものができたと思います。袖を通さなくなった着物を前に、「帯になったらどんな風かな...

≫続きを読む

 

着物リメイク・羽織からチュニック(ロングベスト)に・5ステップでできる手順

羽織の丈をそのままに、羽織を「チュニック」にして着ています。袖をはずしたのでロングベストともいえますが、呼び名はなんでもけっこうです。要は。。。「簡単にリメイクして気持ちよく着たい!」それだけ。さらっとした絹の生地なので、ぬくもりがあり快適な質感です。秋〜春まで、気温の変化が激しい時期にさっと羽織れ...

≫続きを読む

 

着物リメイク・ほどかず衿を活かして短時間で割烹着(上っ張り)にしてみました

きものの衿をそのまま活かして、割烹着(上っ張り)を作りました。「和洋兼用」でき、短時間で作れる羽織ものです。簡単にリメイクしたいので、着物はほどきません。難易度でいうなら「やさしい〜クリアしやすい」です。これ、とってもあたたかな羽織ものになりますよ。早い人なら2〜3時間でできあがるでしょう。衿を生か...

≫続きを読む

 

着物リメイクでペンケース・扇子入れ(小物入れ四寸)の作り方・詳細

着物(和服)の生地から作る小物入れを紹介します。手縫いするだけなので道具もいらず、コンパクトで軽量な小物入れです。現代のポーチと同じ用途ですが、大きさを変化させるのもごく簡単です。和服生地の半分の幅の四寸(約15センチ)で主に作っていたそうで、四寸の呼び名があります。巾着袋と並ぶ日本の小物入れの代表...

≫続きを読む

 

東袋(あづまぶくろ)の作り方・誰でもできる写真付き手順

「東袋(あづまぶくろ)」と呼ばれている布の袋は、便利で経済的な袋物です。包む目的の風呂敷から、西洋の袋物の文化に移行するまでの間によく使われていました。そのため風呂敷と皮のバッグの両方の良さを兼ね備えています。<東袋(あづまぶくろ)の良いところ>軽くて持ち手を結ぶだけで入れ物の形が完成する。マチをつ...

≫続きを読む

 

巾着袋(着物生地からのリメイク)の作り方・誰でもできる写真付き

着物(和服)から巾着袋を作っています。着物生地には、とてもかわいらしい柄やおしゃれな柄がありますね。小物を収納する巾着袋にリメイクしておくと、いろいろ役に立ちます。形や大きさ、マチの有り無しなどで作り分けておくと重宝します。ここでは基本の巾着袋を、紹介します。反物幅を利用した簡単な巾着袋の作り方<必...

≫続きを読む

 

和柄ティッシュケース(着物生地からリメイク)の作り方・誰でもできる写真付き

和服(着物)生地で、ティッシュケースを作っています。少しの生地で簡単にできます。小さくても残しておきたい布、思い出の生地などを、形にして残すのにいいですよ。では作り方を詳しくお伝えします。和柄ティッシュケースの作り方<用意するもの>23センチ×14.5センチの着物生地一枚同じサイズの裏用の生地一枚ま...

≫続きを読む

 

幸せお手玉(座布団型)の作り方・誰でもできる写真付き(プレゼントにも)

子供のころに遊んだお手玉、懐かしいですね。女子ならきっと記憶のすみに残っているのでは?一人でも数人でも楽しめ勝負もできる、かなりテンションのあがる遊びですね。お手玉が落ちるたび手に握るたびに、中の数珠がしゃらしゃらと音を立てるのも、歌いながらできるのもいいですよね。最近では認知症予防にも使われている...

≫続きを読む

 

着物からリメイク・風呂敷の作り方(誰でもできる写真付き)

着物をリメイクして「風呂敷(ふろしき)」を作りました。風呂敷は今や「エコなバッグ」として利用する人も増えていますね。バッグ以外にも、「ほこりよけ」「衣類などを包む」など家庭での利用価値も高いです。外出時にバッグの中に入れておくと、荷物ができたときに利用でき便利ですしね。ここでは着物地をリメイクした風...

≫続きを読む

 


スポンサーリンク




「年齢肌」(乾燥・シミ・シワ)。。。今なら本気の美容液を試せます♪リペアジェル♪



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方