着物地帯地から作る小物(繰り回し・リメイク)

着物地帯地から作る小物(繰り回し・リメイク)

スポンサーリンク

着物地帯地から作る小物(繰り回し・リメイク)

布が豊富にない時代には、着物や帯を始めとする布は、大切に扱われていました。

 

最初の着物の役目が終わったら、まだ利用できる場所を使って、羽織や長じゅばんに作り替えていました。

 

それもヨレヨレしてきたら、まだ利用できる場所を使って、座布団にしたり布団を縫い合わせたり、袋物を作ったり。

 

それも擦り切れてきたら、最後ははたきにしたりお手玉にしたりなど、より小さいものへと作り替えて無駄なく使い切っていました。

 

これを繰り回しといって、当たり前に行われていました。

 

使い捨ての文化の前の、使い切りの文化の時代のことですが、今でも着物や帯の生地は、高価な絹生地がほとんどです。

 

使わなくなって捨てる前に、何かにできないかな?と考えてみて、きれいな生地を形を変えて利用できるものにしてみませんか。

 

難しい洋裁の技術のいらない簡単なものへのリメイクです。

 

思い出の着物生地を残すことにもつながります。

 

着物の生地の良さを感じつつ、試してみてください。

着物地帯地から作る小物(繰り回し・リメイク)記事一覧

着物リメイク・絹の枕カバーは髪にも肌にも心地よさ最高!

着物からのリメイクで、今度は枕カバーを作りました。もちろん絹・シルクの素材です。着物でリメイクした絹の枕カバーは、髪にも肌にもとっても心地いいですよ。(^^♪市販品は木綿やポリエステルの素材が主流の枕カバーですが、私は15年くらい前から、自作して絹の枕カバーを使っています。枕カバーなのであっさりした...

≫続きを読む

 

着物を寝巻きに・色無地から寝衣にリメイク

時代劇のお姫様の寝間着にも似た、着物からの寝間着へのリメイクです。シルクの着物を寝巻きにしたら、寝心地最高です!!袖は「筒袖」にしたから腕の動きもラクラクです。あまりに簡単なリメイクで怒られそうですが、シルクのパジャマの心地よさを知っている人ならきっと気にいるのではないかしら?ここを読まれる方は、着...

≫続きを読む

 

着物リメイク・ほどかず筒袖の割烹着(上っ張り)に

着物から筒袖の割烹着(上っ張り)にしてみました。ほどかずにまっすぐ切るだけの簡単リメイクです。袖口にゴムを通していないので、洋服の上に羽織る仕事着のようになります。部屋着として、朝夕の涼しい時間帯に、さっと羽織って家事をするのに最適です。今回は汚れの目立たないモザイクのような模様のウールの着物でやっ...

≫続きを読む

 

ひとえ着物を兵児帯(へこおび)に・着物からならすぐ出来上がり!

夏用の透ける着物を、兵児帯にリメイクしました。ただカワイイだけではない大人の女性向きの兵児帯って、あまりないと思いませんか?それで着物からリメイクしてしまおう!ということで、夏用で薄いけど張りのあるきものをみつくろって、兵児帯に。夏用なのでもちろん裏のない「ひとえ着物」です。兵児帯は、近年女性の普段...

≫続きを読む

 

着物リメイク・羽織からチュニック(ロングベスト)にしてみました

羽織の長さをそのまま生かして、羽織をチュニックにしてみました。袖を取ってあるので、ロングベストの形にもにていますが、名称はなんでもけっこうです。要は簡単にリメイクして快適に使いたい!それだけ。これなら前を合わせてしまっても、羽織の身幅のゆとりのおかげで、セーターを着た上にも着用できます。裏地のついた...

≫続きを読む

 

着物リメイク・ほどかず衿を活かして短時間で割烹着(上っ張り)にしてみました

きものの衿をそのまま活かして、割烹着(上っ張り)を作りました。「和洋兼用になる短時間でできる羽織もの」です。簡単にリメイクしたいので、着物はほどきません(難易度でいうなら「やさしい〜クリアしやすい」です)。そして短時間で仕上げるために、直線断ちの直線縫い。袖の長さを少し足せば、ウールの着物が割烹着(...

≫続きを読む

 

着物のほどき方・洗い方・注意点を詳しく解説・和服生地のリメイクに

着物(和服)の生地のうち絹で仕立てられているものは、ほどいて洗ってリメイクしています。着物の生地は肌触りもよく上質なので、着ないからといってそのまま捨てるのはもったいないですね。着物一枚をほどけば、幅約37センチ長さ12メートルもの上質な絹生地に生まれ変わります。絹の生地は色彩や柄も素敵なので、何に...

≫続きを読む

 

小物入れ・四寸の作り方・誰でもできる写真付き手順

和服の生地から作っていた昔の小物入れ、軽くてかさばらず、現代でいうポーチです。和服生地の半分の幅の四寸(約15センチ)で主に作っていたそうで、四寸の呼び名もあります。江戸時代のドラマなどで、男性がたもとから小銭入れを出す場面などがありますが、この小物入れを利用しているわけです。昔はこの幅のサイズで深...

≫続きを読む

 

東袋(あづまぶくろ)の作り方・誰でもできる写真付き手順

東袋(あづまぶくろ)と呼ばれている布の袋は、昔は風呂敷から作られた便利で経済的な袋物です。包む目的の風呂敷から、西洋の袋物の文化に移行するまでの間に、広く使われるようになったようです。東袋(あづまぶくろ)の良さは、軽くて持ち手を結ぶだけで入れ物の形が完成すること。風呂敷のように広げなくても、入れ物の...

≫続きを読む

 

巾着袋の作り方(着物生地)・誰でもできる写真付き手順

着なくなった和服は、そのまま捨てるのがもったいないほどの可愛らしい柄のものがあります。そんな愛着のある和服(布)は小物に作り替えてみたりしています。その中でも巾着袋は、さらに小さいものを小分けするのに便利なので、形や大きさ、マチの有り無しなどで作り分けておくと重宝します。袋物の基本の巾着袋を、和服の...

≫続きを読む

 

和柄ティッシュケースの作り方・誰でもできる写真付き手順

和服(着物)生地で、ティッシュケースを作ってみました。バッグの中をのぞいて、和柄のティッシュケースがあると、なんだかほっとする管理人です。小さな布でできますから、小さくなって用途がなくなったような布、小さくても残しておきたい布を利用して、ティッシュケースの形にして残しておくのはどうでしょう。では詳し...

≫続きを読む

 

幸せお手玉(座布団型)の作り方・誰でもできる写真付き手順

子供のころに遊んだお手玉、懐かしいですね。女の子なら必ず遊んだのではないでしょうか?室内での遊びに、一人でも数人でも楽しめ、勝負もできるかなりテンションのあがる遊びですね。お手玉が落ちるたび手に握るたびに、中の数珠がしゃらしゃらと音を立てるのも、歌いながらできるのもいいですよね。最近では認知症予防に...

≫続きを読む

 

風呂敷の作り方(着物地木綿地)・誰でもできる写真付き手順

エコなバッグとしても人気上昇中?の風呂敷、身の周りでどんな使い方をしていますか?私は「ほこりよけ」「衣類などを包む」「外出時にバッグの中に入れて持ち歩く」など、けっこう便利さを感じながら使っています。どんどん使うには木綿のものが丈夫で安心ですが、さっと掛けておいたり、小さいものを包むのには、着なくな...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方