帯の種類

きものの時にする帯の種類

名古屋帯の長さ(八寸九寸)自分にぴったりの長さは?部分の長さを知る

名古屋帯の長さは八寸も九寸も同じで約3m60cmが標準です。ただ時代が古いものは短いものが多く、現代のものは370~380cmのものが多いです。自分にぴったりの長さの手や胴、お太鼓の部分の長さがわかると、扱いやすくしめやすい名古屋帯になります。部分の長さの違う名古屋帯も例として紹介。
きものの時にする帯の種類

へこおび(兵児帯)とは・特徴や結び方/選び方・男性/女性/子供用紹介

着物のとき結ぶ「へこ帯(兵児帯)」という帯を紹介します。 兵児帯とは一言でいえば、柔らかく簡単に結べる普段用の帯です。 元々は男性と子供が使う帯でした。 ですが現代では、結びやすさや可愛らしさから女性も結ぶようにな...
浴衣着付け(男女・子供帯結び)

浴衣のときに合わせる帯・どんな種類がある?詳しく解説します

浴衣を着るときに合わせる帯にはどんな種類がある? おしゃれな外出着として、イベントに着ていきたい浴衣。 浴衣に合わせる帯を順に紹介します。 「浴衣帯」 「半幅帯」 「兵児帯」 「作り帯」 ...
きものの時にする帯の種類

名古屋帯とは・特徴や種類・由来を詳しく解説します

街でみかける着物姿の女性は、ほとんどの方が帯を「お太鼓」に結んでいます。 そのときの帯が「名古屋帯」です。 長さ約3メートル50~80センチ、 お太鼓または角出し結びにする帯です。 利用場面はセミフォーマルからカジュアルまでです。 特徴...
きものの時にする帯の種類

袋帯(ふくろおび)とは?種類と柄の付き方・名古屋帯との違い見分け方

袋帯(ふくろおび)は、振り袖や礼装のあらたまった着物に結ぶ帯です。 また礼装以外にも、おしゃれ用としての袋帯もあります。 よく聞かれるのが、名古屋帯とどう違うのかということ。 それについても順をおってお話しますね。 お祝い用の袋帯 おし...
きものの時にする帯の種類

丸帯とは・最上格の帯、限定で使われる芸術性の高い帯

「丸帯」とは、女帯の一種で、最高に華やかな重量のある帯です。 幅約68センチ、長さ約4~4.5メートルの広幅の紋織りの生地を二つ折にして芯を入れ、 幅約32~34センチに仕立てた帯です。 丸帯の模様 現在使われている場面 有職模様 吉祥...
きものの時にする帯の種類

作り帯(付け帯)とは・名古屋帯を加工した例/市販品の例で詳しく解説

「作り帯(付け帯)」とは、「胴帯の部分」と「背中の飾り部分」を別にしてある帯です。 主流はお「太鼓結びの作り帯」ですが、「袋帯での飾り結び」「半幅帯での貝ノ口結び」などにも作り帯はあります。 ここでは「名古屋帯でお太鼓結びになる作り帯」に...
きものの時にする帯の種類

「なんちゃって帯(簡易帯)」とは・締めないのでラク・外出の際は

「なんちゃって帯」または「簡易帯」とよばれる帯について、お伝えします。 この帯は、前から見ると帯をちゃんと締めている姿に見えます。 ですが、後ろから見ると「あれ?」ということになります。 つまり後ろの帯結びがないのです。 なので帯を締めて...
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました