きものの時にする帯の種類

きものの時にする帯の種類

スポンサーリンク

きものの時にする帯の種類記事一覧

作り帯の仕組み・市販品(固定型)で徹底研究してみました

名古屋帯によく見かける作り帯、急いでいるときなどあると便利なものですから、使っている人も多いはず。お太鼓を結ぶのが面倒だったりすると、着物を着るのがおっくうになってしまってこともありますから、そんなときは「作り帯」が活躍します。でも作り帯なんて邪道よ、という考えの人もあるかもしれませんね。そこで市販...

≫続きを読む

 

「作り帯」「付け帯」の種類・名古屋帯を加工する、自作もできる注意点など

「作り帯」または「付け帯」と呼ばれるものは、通常はお太鼓姿になるのに簡単にできるよう、「胴帯の部分」と「お太鼓の部分」を別にしてあるものです。名古屋帯を二分割または三分割してお太鼓姿を作るもの、お太鼓の形が最初からできあがって変更のできないもの、お太鼓を好きな形につくるものなど、作り帯の形状はさまざ...

≫続きを読む

 

自分に合う名古屋帯って?「部分」の長さは重要

着物のときは必ず帯が必要ですが、私は主に名古屋帯を使っています。同じ名古屋帯でも使いやすくてお気に入りの帯は、ついついその帯ばかりを使ってしまいがちです。出番が多いと痛みやすいのが気がかりではありますが、自分に合う名古屋帯を使うと、いつも快適でいられるのが大きなメリットです。自分に合う名古屋帯という...

≫続きを読む

 

昼夜帯(くじら帯・腹合わせ帯)の例・特徴を生かして楽しむ

昼夜帯ってどんな帯?ハートが印象的なこの帯で詳しく紹介しますね。昼夜帯は別名「くじら帯」または「腹合わせ帯」とも呼びます。表と裏に別の生地を使った女性用の帯。まずはなぜ「昼夜帯」というのかですが、片側には黒の繻子(しゅす)織りの生地を用い、片側には白い博多織りの生地を合わせて仕立てたものが始まりだっ...

≫続きを読む

 

「開き仕立て(鏡仕立て)」と「松葉仕立て」の名古屋帯の仕立て方

名古屋帯は結んでしまえばどれもお太鼓ができる帯ですが、仕立て方によって「開き仕立て(鏡仕立て)の名古屋帯」と「松葉仕立て名古屋帯」があります。最も一般的な名古屋帯は別にありますが、この二つの仕立て方も、着物好きの方にとっては当たり前の仕立て方です。一般的な名古屋帯は、「手」と「胴」の部分をお太鼓の幅...

≫続きを読む

 

袋帯の構造・各部の名称や扱い方を解説しています

着物に合わせる帯の中では、丸帯に次いで格の高い帯がこの袋帯(ふくろおび)です。丸帯は現代ではほとんど使われることがなく所持している人も非常に少ないため、現代で使われる帯としては最も格が上といってもいいでしょう。主に礼装に使われることが多い帯で、長さも一番長いです。袋帯の全長は4メートル20センチ50...

≫続きを読む

 

名古屋帯の構造・各部の名称や扱い方を解説しています

名古屋帯は、着物を着るときに一般的に用いられる、太鼓姿のときの帯です。成人女性がお出かけるときにする帯の結びは、ほとんどが名古屋帯でのお太鼓結びでしょう。ふくよかな方はまれに袋帯(名古屋帯より長い)でお太鼓をされる方もありますが、普通体型の方なら名古屋帯の長さでお太鼓姿になれます。さてこの最もよく用...

≫続きを読む

 

半幅帯(浴衣帯)の構造・各部の名称や扱い方を解説しています

半幅帯という名称は、帯の通常の幅を「並幅」(約30センチ)と呼ぶことから、その半分の幅の帯の帯という意味です。ですから基本的に幅15センチほどの帯を半幅帯と呼んでいますが、浴衣のとき締める帯もほぼ同じ幅であることから、混同されやすいです。浴衣売り場で浴衣のみに合わせる帯として、一枚仕立てのしっかりと...

≫続きを読む

 

帯のたたみ方(袋帯・名古屋帯・半幅帯・兵児帯)はここを見れば大丈夫です

着物や浴衣同様、帯もたたんで収納しておきましょう。脱いだあとは、いったん衣紋かけやハンガーに干して、体温や湿気を飛ばしておきます。たたむときは、次に着るときに帯がさっと取り出せるようにしておくと、着物を装うのが気楽にできるようになります。ここでは袋帯・名古屋帯・半幅帯(浴衣帯)・兵児帯のそれぞれのた...

≫続きを読む

 

袋帯から名古屋帯へ・帯の合理化は今も続く

袋帯から名古屋帯へと、帯の流行が変わったのは、名古屋帯が考案されたからです。それまでは重たい袋帯をしていた女性たち。「女性は家庭を守るべき、良妻賢母であるべき」とされていた時代でした。それが名古屋帯という合理的な帯に変わることで、女性の社会進出をすすめることになっていったのです。名古屋帯を考案した越...

≫続きを読む

 

帯の長さが長すぎてうまく結べないあなたへ

着物に不可欠の帯ですが、長さは3.5〜3.8メートルもあります。そのため着物を始めた人が、扱いにくくて辛い想いをするのが、帯の結び方です。着物の帯ってどうしてこんなに長いのか、不思議だし、面倒だし、もういやんなっちゃいますね。帯がうまく結べないと、着物なんてもうイヤ!という気分になってしまいそうです...

≫続きを読む

 

帯が緩んできて下がる・ずれる・落ちてしまわないための解決策です(着物浴衣とも同じ...

着物や浴衣の帯が緩んで困ったという経験はきっとあると思います。ちょっと緩むだけならいいのですが、ひどくなると下がってしまったり、ずれて落ちてしまう、なんてことにもなりかねません。特に初心者の方には、帯の緩みやズレは、不安の大きいものですね。でも大丈夫、帯を巻くときにこんなことに気をつけて巻いてみてく...

≫続きを読む

 

丸帯とは

女帯の一種で、最高に華やかな重量のある帯です。帯幅は約68センチ、長さ約4m〜4m50cmの広幅の紋織りの生地を二つ折にして芯を入れ、幅約30cm〜32cmに仕立てた帯です。おもに花嫁衣裳に用いられ、「有職(ゆうそく)模様」、「吉祥(きっしょう)模様」等を、唐織、金襴、糸錦等で織り出したもので、それ...

≫続きを読む

 

袋帯とは

(袋帯・六通柄)袋帯は長さが4m20cm〜50cmくらいで、袋状に閉じてある帯です。現代使われている帯の中では一番格が高い帯です。生地が薄い場合は芯をいれますが、生地が厚い場合は芯を入れずにしたてます。柄によってお祝い用からおしゃれ用まで多くのものがありますが、お祝い用の袋帯は、主に二重太鼓や振袖用...

≫続きを読む

 

名古屋帯とは・特徴や種類の解説

(名古屋帯・六通柄・アンティーク調)街で見かける着物姿といえば名古屋帯といっていいくらい、名古屋帯は着物のときによく用いられる帯です。長さが3m40cm〜60cmくらいの、胴に巻く部分がお太鼓の部分の半分の幅になっている帯です。お太鼓に結ぶときに一番結びやすい形状になって、胴に巻く部分は半幅に仕立て...

≫続きを読む

 

半幅帯・浴衣帯・細帯とは・特徴を写真入りで説明しています

半幅帯は、並幅(30センチ)の半分の幅の15センチほどの帯で、長さは3メートルから4メートルくらいの長さのものまで、いろいろあります。半幅帯とよくにたものに、浴衣帯があります。浴衣のときに結ぶための帯で、うすくてもはりや光沢のあるものが多く、浴衣姿をすっきり見せます。また細帯といって、半幅帯よりさら...

≫続きを読む

 

兵児帯(へこおび)

兵児帯は、もとは男性と子供が使う帯でしたが、現代では女性用も出回っています。兵児帯は、薩摩の若い男性が普段使いの帯として締めていたもので、年齢15歳から25歳以下の男子を「兵児」とよぶことからついた名称です。(男性用兵児帯・部分絞り・灰色)男性用は大幅(約74センチ)あるいは中幅(50センチ)の縮緬...

≫続きを読む

 

なんちゃって帯・簡易帯

着物姿を前から見ると、帯をちゃんと締めているように見えることから、「なんちゃって帯」と呼ばれるようになった帯。胴に一重巻いているだけで、両端に紐をつけ体に巻きつけるか、マジックテープで留めるなどの工夫がされています。(なんちゃって帯・昭和初期のもの)昭和のはじめにはあったはずで、私が受け継いだ写真の...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方