日本の伝統行事

日本の伝統行事

日本の伝統行事記事一覧

七夕(たなばた)祭りの由来・食べ物、願い事に夢をのせて

七夕(たなばた)祭りといえば、幼稚園や保育園の行事でお馴染みです。願い事を書いた短冊を、笹に結わえた懐かしい記憶がありますね。とはいえ七夕祭りはどんなお祭りなのか?どうして願い事をするのか?と、子供に質問されるとちょっと困ってしまいます。お家で七夕祭りをするとしたら、どんな由来があるの?どんな料理を...

≫続きを読む

 

端午の節句男の子のお祝い・料理やお祝いの仕方はどうする?

男の子のお祝い=端午の節句はどんなお祝いをしたらいいのでしょう。初節句に用意するのは何?親戚は?飾りは?幼い子供に、どんな想いを残すのか。。。一般的な端午の節句のお祝いの仕方を紹介します。地域により違いがあるので、ご両親の気持ちを大切に参考にしてくださいね。男の子の初節句はいつ?男の子のお祝いは5月...

≫続きを読む

 

ひな祭りの由来を子供に簡単に伝える・料理レシピ・お祝いの歌詞

3月3日は「ひな祭り」のお祝いをします。「女の子の成長を祝う行事」ですね。分かっていますが、「なぜ?」と聞かれてはっきり答えられないなんてことはありませんか?ひな祭りの由来を子供に分かりやすく伝えたいときに読んでみてください。また、ひな祭りの飾りはいつするのか、料理や由来、お祝いの歌詞などまとめまし...

≫続きを読む

 

初夢・なぜ一富士二鷹三茄子の縁起がよいの?理由は三保半島と家康にあった

昔から初夢で「一富士二鷹三茄子」が縁起がよい。といわれていますね。一番が富士山なのはいいですが、鷹(たか)そして茄子(なす)はいったいどうしてでしょう?それは静岡県の三保半島に関係していることからわかるといいます。HNK「ブラタモリ」という番組で、渡邊康弘さん (郷土史家 )がおっしゃっていました。...

≫続きを読む

 

お正月の迎え方・年神様とは・お送りするまでの作法

日本のお正月は「年神様」をお迎えして、新たな年の幸福を お祝いする行事です。地域によってお祝いの仕方には特色がありますが、 一般的なお正月の迎え方をお伝えします。年神様とは「年神様」は実りと幸福を授けてくれる神様です。毎年お正月に各家庭へ来られると言われています。家族揃ってお迎えの準備をし、 年神様...

≫続きを読む

 

節分(豆まき)の起源とやり方・2018年は南南東・恵方巻の由来

「節分」は豆まきをして鬼(邪気)を追い払い、福を呼び込み、無病息災を願う行事です。保育園などでは、鬼に扮した大人が子供たちをおどかすも、豆をぶつけられて退散する、子供たちにとっては怖くも楽しい行事ですね。一般的には「鬼は外!福は内!」と威勢よく掛け声をかけて、歳の数だけ豆をいただく行事でしたが、現代...

≫続きを読む

 

土用の丑の日・貴重なうなぎに迫るウナギ味のナマズ重

土用の丑の日にうなぎの蒲焼の代わりに、ウナギ味のナマズ重の試食会がありました。全国で60食のみの試食会では、うなぎの蒲焼そっくりのナマズ重が「なかなかいける」という評価をされていたのですが、本当にいけるお味なのかな?と気になりました。ナマズをウナギの代わりに蒲焼にするのは、すでに試験段階は終わってい...

≫続きを読む

 

日本三大七夕まつり・平塚・仙台とどこ?

日本の三大七夕まつりといえば、神奈川県平塚市の七夕祭り、宮城県仙台市の七夕祭り、そして安城市の七夕祭り?一宮市の七夕祭り?管理人は愛知県の一宮市に近いので、一宮の大がかりな七夕祭りによく行くのですが、仙台や平塚は規模がさらに大きく何倍もの人出で賑わいます。七夕祭りは7月7日前後のこともありますが、7...

≫続きを読む

 


スポンサーリンク




「年齢肌」(乾燥・シミ・シワ)。。。今なら本気の美容液を試せます♪リペアジェル♪



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方