ひな祭りの由来/子供向けに簡単に 雛人形はいつからいつまで飾る?

ひな祭り 雛人形飾り お内裏様とお雛様

3月3日は「ひな祭り」、桃の節句ともいいますね。

子供向けに、ひな祭りの由来や雛人形の飾る期間についてお伝えします。

子供に一言で話すなら、

  • 女の子のすこやかな成長を祈る行事

もう少し具体的には、

  • 災いから守ってくれる人形を飾り、女の子が健康で一生幸せに暮らせるうように祈る行事
  • です。

お母さんの知識として、由来についても頭のすみにいれておくとよいかもしれません。

スポンサーリンク

ひな祭りの由来

ひな祭りは、一言でいえば「女の子のすこやかな成長を祈る行事」

その歴史は古く、現代のひな祭りの形になるまでの経過をざっとみてみましょう。

ひな祭りの歴史は平安時代

ひな祭りの歴史は古く、平安時代にさかのぼります。

その歴史をざっとふりかえると。。。

  • 日本には平安時代を起源とする「五節句」という行事があり、季節の節目に身のけがれをはらい、健康長寿や厄除けを願う風習がありました
  • 3月3日はその節句のひとつで上巳(じょうし)の節句
  • 古代中国ではこの日川で身を清める習わしがあり、それが平安時代に日本に伝わった
  • その後身を清める代わりに、厄災を払う人形を川に流すようになった
  • この日は男女を問わず、わらや紙で作った人形に自分の邪気を移して流す「流しびな」の風習もあった
  • 貴族の女子の間では、お人形遊びで使われていた人形を「流しびな」としていた
  • 時代がくだり流しびなが立派になっていき、やがて飾るようになった
  • 「ひいな人形」として飾られる風習がやがて女の子の「ひな祭り」となっていった
「ひいな」は「雛」と書きます。小さくて可愛いという意味があります。

ひな飾りを飾るのはいつからいつまで?

ひな祭りのひな飾り

◆ひな飾り

さて、女の子の幸せを祈る「ひな飾り」の人形ですが、

「早くしまわないと嫁に行き遅れる」と伝わるところもあります。

「いつ飾り、いつしまうのか」は、その地域によって習わしがあります。

ひな飾りはいつから飾る?

一般的にはお節句の二~三週間前の二月中旬までに飾ります

前日に慌ててかざるのは、「一夜飾り」といってタブーとされていますよ。

ひな飾りはいつしまう?

一般的には祭から約2週間を目安に、3月の中旬頃までにしまいます

婚期が遅れないようにという地域は、「ひな祭りの翌日」にしまうそうです。

2月の中旬~3月の中旬と覚えておくとよいですね。

ひな飾りを飾る場所についての注意点

飾る場所はみなの集まりやすい部屋で、直射日光の当たらないところです。

直射日光は、お人形の衣裳の変色や退色の原因となるのでさけます。

なお、ストーブなどの暖房からも離しましょう。

ひな祭りの由来/子供向けに簡単に 雛人形はいつからいつまで飾る?おわりに

ひな祭りについて子供に簡単に伝えるなら、

「災いから守ってくれる人形を飾り、女の子が健康で幸せに暮らせるうようにお祈りする行事」

雛人形を飾る期間は、2月中旬から3月中旬が目安

地元ならではの風習があるかもしれないので、初節句のお祝いの機会にきいてみてくださいね。

日本の伝統行事
プロフィール
この記事を書いた人
きらこよしえ

着付け師範として着物着付け教室を運営。簡単着付けの2部着物など考案、雑誌に取り上げられたり、着物用下着など監修者。温泉好きでスーパー銭湯や温泉巡りでドライブ旅行趣味。温泉ソムリエ資格取得。旅系ブログna58.net YouTube運営。

きらこよしえをフォローする
きらこよしえをフォローする

スポンサーリンク


きもの物語

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました