おせち料理の意味は?詰め方は?具材を選んで我が家の定番を!
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

おせち料理の意味は?詰め方は?具材を選んで我が家の定番を!

おせち料理

 

「おせち料理」は、お正月や五節供などに供える節句料理のことです。

 

現代ではお正月に用意する昔からの伝統的なご馳走のことをいいます

 

おせち料理にはそれぞれに 意味が込められていますので、

 

それを知っていただくと 美味しさもまた格別です。

 

どんな意味があるのか、具材は何がいいのか。

 

お正月の数日は、忙しい主婦が台所にたたなくても済むように、

 

日持ちする調理がされているのも特徴なんですよ。

 

スポンサーリンク

 

おせち料理のそれぞれの意味

 

おせち料理として昔から伝わる料理には、

 

家族の健康や繁栄、豊作を願うなどの意味が込められています。

 

伝統的な定番のおせち料理をみてみましょう。

 

昆布巻き

 

お正月のおせち料理で昆布巻き

 

「喜ぶ」にかけたお祝いの料理で、 おせち料理には欠かせません。

 

昆布は鏡餅の飾りにも使われます。

 

健康長寿が得られるといわれています。

 

 

かまぼこ

 

かまぼこは日の出を象徴しています。

 

赤は慶び、白は神聖を意味しています。

 

おせち料理が庶民に 定着するようになった江戸時代には「鯛」で作られていました。

 

 

田作り

 

豊作を願い小魚を田に肥料としてまいたことから名付けられました。

 

五穀豊穣の願いが込められている料理です。

 

 

海老

 

おせち料理の意味は?詰めかたは?具材を選んで我が家の定番を!エビの画像

 

腰が曲がっている姿から腰が曲がるまで共に長生きするようにという、長寿のシンボルがエビです。

 

これもおせち料理に欠かせない料理です。

 

 

数の子

 

卵の子の数が多いことから、子孫繁栄を願っての縁起物です。

 

 

紅白なます

 

お祝いを象徴したもので、 平安平和を願う縁起物です。

 

 

くわい

 

芽が出ることから「めでたい」にかけたもので、出世を祈願した料理です。

 

 

栗きんとん

 

おせち料理の意味は?詰めかたは?具材を選んで我が家の定番を!イラスト

 

「金団」と書いてきんとんと読みます。

 

黄金色に輝く財産に見立てて、今年も豊かな一年でありますようにとの願いが込められた料理です。

 

 

黒豆

 

黒く日焼けするほどにまめに(元気で達者に) 働けるように、

 

また黒の邪気を払うといういわれから、 長寿と健康を願った料理です。

 

 

里芋

 

 

 

子芋がたくさんつくことから、子宝に恵まれるようにと願っての食べ物です。

 

 

ごぼう

 

ごぼうは地中に深く根を張ることから、子孫が繁栄するようにという意味があります。

 

 

伊達巻(だてまき)

 

江戸時代に「かすていら」を模した卵料理が伊達巻の原型です。

 

伊達者が着ていたどてらに似ていることから、伊達巻と呼ばれるようになったといいます。

 

「伊達」というのは、ちょっと派手で粋なという意味があります。

 

玉子焼きよりも見栄えがよく、華やかさを添えることができるので、

 

豊かな生活・華やいだ繁栄があるようにという願いが込められています。

 

 

おせち料理の詰め方

 

おせち料理の意味は?詰めかたは?具材を選んで我が家の定番を!おせち料理は三重に詰める

 

おせち料理は正式には、三重のお重に詰めます。

 

 

一番上の一(壱)の重

 

お屠蘇(とそ)を酌み交わす時の肴を中心に、彩り豊かに盛り合わせます。

 

 

まん中の二(弐)の重

 

焼き物やさっぱりとした酢の物を盛り合わせます。

 

 

一番下の三(参)の重

 

お煮しめを彩りよく盛り合わせます。

 

 

定番料理を加えて我が家流に

 

家庭によって味付けが変わるように、好みの食べ物も違います。

 

伝統的なおせち料理が子供たちに伝わってほしいと思いますが、

 

ご家族の好物の料理を加えていくのもよいのではないでしょうか。

 

主婦の手間がかからず、日持ちのする料理で!

 

 

おせち料理につきものの祝い酒とお雑煮

 

お正月には祝い酒とお雑煮も定番ですよね。

 

やはり意味があるので紹介します。

 

 

祝い酒(お屠蘇・おとそ)について

 

お正月につきものの祝い酒、おとそのイラスト

 

お正月に飲む祝い酒で、邪気を払い長寿を願って飲むお酒です。

 

 

お雑煮について

 

お雑煮

 

年神様に供えたお餅をおろして、 野菜などとともに煮て食べる椀物です。

 

神さまに捧げた神聖な食べ物=お餅を皆でいただく、

 

餅は長く延びて切れないことから、長寿を願う意味も含まれています。

 

具材・味付けとも地方により様々です。

 

 

おせち料理の意味は?詰めかたは?具材を選んで我が家の定番を!おわりに

 

おせち料理には伝統的な料理があり意味があります。

 

いずれも健康、幸福、繁栄を願うものばかりです。

 

祝い酒のおとそで邪気を払いお雑煮とともに、我が家のおせち料理で健康にお過ごしください。

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する