お正月の着物(女性)40代50代におすすめのきもの!小紋と訪問着

お正月初詣着物コーディネートはどうしよう?

お正月に着物を着たい!でも何を着たらいいかな?

と迷ったら、ズバリおすすめしたいのが、

「小紋(こもん)」という種類の着物です。

小紋はあらたまりすぎることなく華やかな一枚です。

初詣、デート、パーティーにも向いていますよ。

  • お正月に小紋着物をおすすめする理由
  • 小紋の着物のコーディネイト例
  • あらたまった席なら訪問着がおすすめ

スポンサーリンク


お正月に小紋の着物をおすすめする理由

小紋着物の小紋柄(絞り)

◆絞りの小紋柄

どうして小紋の着物をおすすめするかというと、

新年はじめの華やいだ気分と雰囲気を、一番表現できる着物だからです。

絹のやわらかい肌触り、しなやかなムードのある着物です。

あらたまった席には向きませんが、プライベートなお出かけ(初詣・デートなど)にはおすすめです。

40代50代の方も華やいだ雰囲気に

小紋着物の小紋柄

◆小紋着物の小紋柄

どんな年代の方も、お正月にふさわしい着物は「小紋」でしょう。

40代でも50代でも、華やいだ気持ちが明るくなる雰囲気をかもしだせます。

「小紋」は、連続して全体に模様のある着物です。

一部だけにかたよることなく、全身がはなやぐ感じになります。

明るい色柄を選んでください

小紋着物の小紋柄

◆小紋柄

「小紋」の着物は、大きな柄小さな柄、幾何学模様などさまざまあります。

その中でお正月に選びたいのは、明るい色柄のものです。

そしておめでたい柄ならさらによいといえますね。

おめでたい柄というのは、吉祥文様と呼ばれる模様です。

小紋着物の小紋柄

◆小紋着物の小紋柄

  • 扇子の柄(末広ともいい縁起がいい)
  • 宝尽くし模様(宝珠・打ち出の小づちなど縁起のいい模様)
  • 松竹梅模様

などです。

こだわることはありませんが、和の風情がでていいものですよ。

小紋の着物のコーディネイト例

明るい色柄の小紋のコーディネイト例を紹介します。

扇子と鶴で新春・お正月のコーデ

正月の着物・年代別おすすめきもの(初詣やデート)コーディネート例

紺色の地色に扇子の模様の小紋着物、帯は白地で意匠化した鶴が織られた名古屋帯。

新年に向くコーディネート例です。

パステル調の花木と扇子と菊の模様の帯

正月の着物・年代別おすすめきもの(初詣やデート)コーディネート例、黄緑色の小紋着物とオレンジ色の扇子の名古屋帯

◆黄緑色の小紋着物

また、うすい黄緑色のパステル風の色合いに梅に似た花と木、地紋が紅葉という小紋着物に、

金糸を使った扇子と菊の模様を織り出した名古屋帯のコーディネイト例。

正月の着物・年代別おすすめきもの(初詣やデート)コーディネート例、オレンジ色扇子と菊の名古屋帯アップ

◆オレンジ色扇子と菊の名古屋帯

明るく華やかな雰囲気がいいな、という例。

20代30代の方にむきます。

小紋以外のお正月のおすすめ着物

お正月にあいさつ回りなどのあらたまった場面で着物をきたい、という場合もありますね。

そんなときおすすめなのは、

  • 若い方(未婚)は「振袖」
  • 既婚の方は「訪問着」

未婚女性なら振袖がおすすめ

正月の着物・年代別おすすめきもの(初詣やデート)コーディネート例、未婚女性は振袖もおすすめ

未婚の女性限定の振り袖は、お正月も絶好のチャンスです。

成人式のときだけではもったいない、初詣、デート、新年の集まりに着て行きましょう。

大人の女性なら訪問着がおすすめ

大人の女性なら、「訪問着」がおすすめですし喜ばれます。

  • 未婚・既婚問わず着られる
  • 華やかな色柄のものが多い

「小紋」よりはあらたまった装いになり、先様があるとき、大勢集まるときはまず考えたい着物です。

袋帯を二重太鼓に、若い方なら控えめな変わり結びでもいいでしょう。

お正月の食事会、あいさつ回りに、初詣にも

お正月の着物、寒さ対策を忘れずに

お正月は日中はまだしも、朝晩とても寒いです。

着物のときは、首元、手首、足先が特に冷えてきます

できる防寒対策としては、

  • 薄くてあたたかい下着を着る
  • コート・ショールなどで首や背中の防寒をする
  • 手首をおおう手袋をする
  • 足袋を2枚重ねる
  • 使い捨てカイロを足袋の甲にはさむ
  • 防寒用の草履をはく

など、冷え性の方は対策を忘れずになさってくださいね。

お正月の着物(女性)40代50代におすすめのきもの!小紋と訪問着・まとめ

お正月に着物なら、明るい色柄の「小紋着物」が特におすすめ。

未婚なら「振袖」、大人の女性は「訪問着」もおすすめです。

寒い季節なので、衿・手首・足首など冷えやすいところの防寒を。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました