着物は左前?答えは右前です・合わせ方は自分の右で内側を前というから

着物の前合わせは左前?右前?一度で覚える方法とは

着物の前合わせは左前か右前か?いざ着物を着ようとしてどっちだったっけ?と迷うことがありますね。

そんなときに一度で覚えることのできる方法をお伝えします。

「前」という言葉から考えて、

  • 自分にとって着たときに手前?
  • それとも人から見て前側?

基準が違うと「前」になる方が変わってしまいます。

もし間違えて、亡くなった方の着方と同じになってしまうと・・・大変です!

でも大丈夫、簡単に覚える方法がありす。

スポンサーリンク


着物は左前でなく右前に着る

着物の衿合わせるときに「左前」「右前」という言葉を使います。

着物を着るときの「前」という言葉の意味は、時間が前という意味で先に合わせた方を「前」と呼びます。

この衿の合わせ方は、男性も女性も同じです。

もちろん浴衣も着物の仲間なので同じです。

つまり画像をアップでみると、こうですね。

右前左前

あなたから(相手から)みたら、前合わせはy(小文字のワイ)のように見えていますね

そこで覚え方としては、以下のどれかで覚えればOKです。

<着物の衿合わせ(前合わせ)の覚え方・どれか一つでOK>

  • 着物姿を人から見られるとき、相手にy(小文字のワイ)のように見えている
  • 女性の場合は服の逆の合わせ方で、男性は服と同じ。
  • 右利きが多いので、右手で懐に手を入れることができるようになっている。

このどれかで覚えておけば、今後衿合わせに迷うことはなくなるはずです。(^o^)丿

着るとき右手の右側の衿が先になる

どちらの身ごろから合わせるかによって衿の出方が変わります。

着る人本人の右手に持っている右側の衿を先に合わせて、後から左手に持っている左側の衿を合わせるので、

右が先⇒右が時間的に前⇒右前ということです。

混乱の元は着物の「上前(うわまえ)」「下前(したまえ)」

混乱してしまうのは、着物の用語で、「上前(うわまえ)」「下前(したまえ)」という言葉を使うからだと思います。

この場合は、

左手に持つ身ごろが上側にくるので⇒「上前(うわまえ)」といいます。

外側でよく見える位置なので、振袖や訪問着などでは、模様が一番豪華に描かれている場所ですね。

着付けのときに出てくる言葉としては、

  • 着付けるとき下になる身ごろが「下前」(右手にもっている身ごろ)
  • 着付けるとき上になる身ごろが「上前」(左手に持っている身ごろ)

右前になった歴史をふりかえると

着物の前合わせは左前?右前?一度で覚える方法とは

このようになったいきさつは、1200年ほども前にさかのぼります。

衿合わせが「右前」と統一されたのは、719(養老3)年のことで、それまでは特別の決まりはありませんでした。

元正天皇によって「衣服令」が発令され、衿は先に右を合わせる着装法「右衽着装法(うじんちゃくそうほう)」が定められたのです。

以来着物のときの衿合わせは「右前」が習わしになって現代に至っています。

逆の左前にするときは、仏式の葬儀で、亡くなった方に着せる着物のときです。

その時の着物は経帷子(きょうかたびら)といって、生前とは逆の衿合わせをして、死後の世界へお送りする習わしとなっています。

そのため、着物を左前に合わせて着ていると、「早死にする」などといわれ縁起が悪いとされるのです。

最後に全体をまとめると、

先に合わせる方を「前」といい、右側を先に合わせるので「右前」という

着物はすべて「右前」に着る

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました