年神(としがみ)様の迎え方・お送りするまでの作法(日本の正月)
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

年神(としがみ)様の迎え方・お送りするまでの作法(日本の正月)

日本のお正月の迎え方・年神様とは

 

日本のお正月は「年神(歳神・としがみ)様」をお迎えして、新たな年の幸福をお祝いする行事です。

 

お迎えする準備は12月13日から始まり、1月7日までです。

 

  • 年神様について
  • 年神様の迎え方
  • いつお送りするか

 

について、お話しますね。

 

一般的なお正月の迎え方ですが、まずは年神様について。

 

スポンサーリンク

 

年神様とは実りと幸福の神

 

「年神様」は実りと幸福を授けてくれる神様です。

 

毎年お正月に各家庭へ来られると伝えられています。

 

家族揃ってお迎えの準備をし、 年神様と共に新たな年の始まりをお祝いします。

 

 

お正月を迎える準備

 

そのために新たな気持ちで年神様をお迎えできるよう、以下のような準備をします。

 

  • 「すすはらい」
  • 「しめ飾り」「門松」「鏡餅」
  • 大晦日・年越しそば

 

という流れで、準備をすすめます。

 

 

12月13日「すすはらい」の行事

 

「すすはらい」というのは、年神様を迎えるために、

 

家じゅうのすすや埃を払って、綺麗に掃除することを言います。

 

だいたい12月13日から はじめます。

 

これが大掃除のいわれです。

 

また12月13日を「正月事始め」ともいいます。

 

このときから、お正月の準備が本格的にはじまるのですね。

 

 

年神様を迎える飾り物を飾る

 

「すすはらい」がすんで清められた家に、年神様を迎える飾り物をします。

 

それは12月27日から始めます

 

 

飾り物の「しめ飾り」

 

年神(としがみ)様の迎え方・お送りするまでの作法(日本の正月)、しめ縄のイラスト

 

縄で編んだ「 しめ縄」を、玄関に飾り家を清めます 。

 

 

飾り物の「門松」

 

お正月飾りの門松

 

木の幹や枝の先に神様が宿ると考えられているので、

 

年神様が迷わずに各家庭に来られるように、目印として飾るものです。

 

 

飾り物の「鏡餅」

 

年神(としがみ)様の迎え方・お送りするまでの作法(日本の正月)、鏡餅のイラスト

 

年神様へのお供え物です。

 

神の生命力が宿るといわれています。

 

 

「おせち料理」の準備

 

お正月のおせち料理

 

12月26日から31日にかけて「おせち料理」の準備をします 。

 

おせち料理の意味などについては⇒「おせち料理の意味は?詰め方は?具材を選んで我が家の定番を!」

 

 

大晦日12月31日・年越しそば

 

年神(としがみ)様の迎え方・お送りするまでの作法(日本の正月)、年越しそばのイラスト

 

さて一年で最後の日「大晦日」、12月31日の行事としては、

 

「年越しそば」を食べます。

 

正月の準備を日没までに全て終えて、 家族全員が揃って食べるそばです。

 

 

年神様をお送りする日

 

年神様とともに、新しい年の幸福をお祝いするのも7日まで

 

1月7日には、玄関のしめ縄・門松・鏡餅の飾りものを片付けます。

 

この日に年神様はお帰りになります。

 

 

<年神様の迎え方と送り方・まとめると>

 

  • 年神様は、実りと幸福を授けてくれる神様。
  •  

  • 毎年お正月に各家庭へ来られる。
  •  

  • 家中の大掃除をしてきれいにする。
  •  

  • 飾り物のしめ縄・門松・鏡餅を飾る。
  •  

  • 大晦日に年越しそばを食べる。
  •  

  • おせち料理をいただく。
  •  

  • 1月7日に飾りものを片付け年神様がお帰りになる。

 

 

年神(としがみ)様の迎え方・お送りするまでの作法(日本の正月)・おわりに

 

お正月は年神様とともに新年の幸福を祝う行事。

 

各家庭にお越しになる年神様をお迎えする準備として、大掃除などが伝わってきました。

 

年末年始を、家族で過ごすのが日本のお正月。

 

地方により作法の違いはあっても、幸多き一年を願うのは同じですね。

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する