は行

は行

スポンサーリンク

ふり

そでの身頃寄りの袖付けの下のあいているところを、「ふり」といいます。ここから長じゅばんの袖がはみ出ないように、気をつけます。長じゅばんの袖の丈と着物の袖の丈が同寸か、着物の袖の丈がわずかに長いと、はみ出ません。たまにちらりと見えるじゅばん袖の色と、着物との相性がよいと、おしゃれ上手だと思われます。最...

≫続きを読む

 

花嫁衣装

結婚式に花嫁が着る衣装は、白無垢または色打掛けです。掛下(打掛けの下に着るきもの)に白打掛けを羽織り、帯・小物等のすべてを白一色に揃えます。色内掛けは、白以外の赤・金・黒・緑などの色を用いて、豪華な装飾を施した内掛けです。白無垢が好まれるのは、これからどんな色にでも染まることができるため、清純さを表...

≫続きを読む

 

振袖(ふりそで)

袖丈の長い、未婚の女性の第一礼装のきものです。袖丈が長いほど格調が高いとされています。袖丈の長さによって大振袖、振袖、中振袖、小振袖、があり、花嫁衣裳には大振袖と呼ばれるもっとも袖の長いものを用います。大振袖の袖丈の長さは、三尺三寸、振袖三尺、中振袖二尺四寸〜八寸、小振袖丈二尺〜二尺三寸とされていま...

≫続きを読む

 

袋帯(ふくろおび)

長さが4m20cm〜50cmくらいで、袋状に閉じてある帯。お祝い用からおしゃれ用まで幅広く、主に二重太鼓や、変わり結びに用いられます。お太鼓部分が二重に重なるので、喜こびが重なるようにと、お祝いの席では二重太鼓を結びます。表側全体に柄がついているものを「全通」、6割程度に柄があるものは「六通」と呼ば...

≫続きを読む

 

博多織

博多織の帯は、きゅっと締まり、緩みにくいことから、男性用女性用ともに、とても人気の高い帯です。締める時の絹鳴りの音も、気持ちが引き締まりますね。博多織は、鎌倉時代に中国に渡った博多(今の福岡)の商人が、織物の技術を持ち帰ったことから始められました。江戸時代に、福岡県の大部分にあたる筑前藩の領主の、黒...

≫続きを読む

 

博多織の種類

博多織の種類は、袋帯、八寸名古屋帯、四寸単帯、男帯、夏用献上博多など、種類も豊富に織られ、粋でエキゾチックな模様の帯が、好まれています。着物を着る人が減っていますが、博多織の帯の良さを知ったら、二度と忘れることがないほど、印象に残る帯だと思います。博多織は、後継者が不足しているそうです。職人さんは今...

≫続きを読む

 

文金高島田(ぶんきんたかしまだ・かつら)

花嫁は文金高島田という結い方のかつらを使用します。文金というのは、八代将軍吉宗の頃の小判を文金と呼んでいましたので、文金風という名称はその時から始まりました。江戸時代、未婚女性や花柳界の女性が多く結った嶋田髷という髪型を、高い位置で格調高く結い上げたものです。かつらを合わせる際は、まげの位置などで印...

≫続きを読む

 

筥迫(はこせこ )

化粧道具や鏡などを入れ、胸元のポイントとして飾る箱状の装飾品です。筥迫は、金襴(きんらん)、緞子(どんす)、羅紗(らしゃ)などの生地に、華やかな刺繍が施されており、飾り房が付いています。江戸時代に武家の婦人が用いていた小物入れで、身だしなみとして、紙、櫛、楊枝、小銭などを入れて懐に入れていたものが、...

≫続きを読む

 

袴(はかま)

袴には、筒状になっていて、スカートのようなしきりのない袴と、ズボンのように二つに分かれている形態の袴があります。前者を行灯袴(あんどんばかま)、後者を馬乗袴(うまのりばかま)といいます。これらは、既婚未婚の区別なく着用することができ、紋付羽織と合わせると正装・礼装となります。正装・礼装用の袴として最...

≫続きを読む

 

芭蕉布(ばしょうふ)

沖縄県本島北部の喜如嘉(きじょか)で織られている夏の織物。1609年薩摩島津氏による琉球侵略以降、江戸上がりの際に、献上された持参品のひとつとされました。芭蕉は戦前には、奄美大島から波照間島まで栽培されていて、沖縄の民家ではどこにでも芭蕉布があったそうです。しかし戦後は生産が途絶えてしまい、壊滅状態...

≫続きを読む

 

紅型(びんがた)

紅(べに)の型(かた)とかいて「びんがた」と読みます。文字を見ると紅(べに)色一色のような気がしてしまいますが、これはさまざまな色を形とともに表現するというような意味があって、沖縄の琉球王朝時代からの、王族や身分の高い士族の衣装に、また踊りの衣装に用いられてきた染色技法です。基本となる色は、赤、黄、...

≫続きを読む

 

半衿・半襟(はんえり)

長襦袢の衿の上に掛けて、着物に汚れがつくのを防ぎ、色柄を着物に合わせて付け替えることによって、おしゃれを楽しむことができます。通常のおしゃれ着には、白をつける人が多いのですが、色半衿、小紋柄等の半衿も多数市販されています。これらのおしゃれ半衿は、つむぎ・小紋の街着、木綿や化繊の普段着着物にあわせます...

≫続きを読む

 

羽織

主に防寒用として長着(きもの)の上に重ねて着て、前が開いているつくりになっているもの。衿がすそまでついていて、前は、ひもで結びとめます。首の後ろ部分の衿は、半分に折り曲げて着ます。紅葉が美しくなるころから、桜が咲き始めるころまでが、着用の目安です。コートとは別扱いされていて、室内でも脱ぐ必要はありま...

≫続きを読む

 

バッグ(きものに合わせるバッグ)

着物には巾着や布製の手提げ、籠製、着物用バッグがもちろん合いますが、洋装用のバッグもおしゃれ着程度のきものには、良く似合います。着物とのつりあいや色目、出かける先などに応じて、使いまわすといいです。ただしあまり持ち手の長いものは、使いにくいので、避けた方がいいでしょう。着物用で、草履とバッグがセット...

≫続きを読む

 

八寸(八寸名古屋)

名古屋帯の一種で幅が八寸で織られている帯。別名袋名古屋帯。長さは約3メートル60センチ前後です。お太鼓になる部分を二重にして、かがって使用します。そのため最初から帯幅は同じです。全通柄とお太鼓柄の二種類が主流です。八寸名古屋は、おもにカジュアルな着物に合わせます。名古屋帯の中では、一番手軽で扱いやす...

≫続きを読む

 

フルセットレンタル(きもののレンタル)

「フルセットレンタル」というのは、着物をレンタルするときに、着用して出かけることができるまでの、衣裳や小物の全てがセットになっている、という意味です。ですから通常は、着付けに必要な、きもの、帯、帯締め、帯揚げ、足袋、半衿、腰ひも、伊達締め(着付けベルト)、衿芯などをさします。なかには着物用の下着や、...

≫続きを読む

 



スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方