普段に気軽に着る着物・裏地なしでお手入れしやすい

普段に気軽に着る着物と帯・自分流を見つけてきもの生活を

スポンサーリンク

普段に気軽に着る着物と帯・自分流を見つけてきもの生活を

普段着着物ベスト3のうちの一枚化繊の着物に半幅帯帯締めのコーディネート例

「普段はどんな着物をきているんですか?」と聞かれることがあります。

 

その方はきっと「着物生活」をしてみたいとお考えのようですので、そんなときにお答えしている私の普段着着物スタイルについてお伝えします。

 

着物を普段(日常)に着るのであれば、細かいことを気にせず気軽に着られるものでなくてはね。

 

少々の汚れがついても目立たないとか、シワになっても目立たないとか、身体の線が目立たたないなど。

 

そして自分で手洗いできるものを。

 

私の場合は、裏地のない木綿かウール素材の着物、または裏地のある化繊の着物が普段用です

 

色は茶、紺系統、無地に近いか模様がざっくり入っているけどどんな模様かわからないような着物が主流です。

 

普段用の着物と帯、私はこんな風にして過ごしています。

 

スポンサーリンク


 

私の普段用着物ベスト3

 

普段着着物ベスト3三枚を並べておいたところ

 

春、秋、冬の普段着で、気に入っているベスト3です。

 

左が化繊で右二枚はウールです。

 

普段着の要素(汚れ、シワ、体型が目立たず、洗いやすい)があって、着心地が楽なものです。

 

ついついこの三枚に手がのびてしまうのは、帯との合わせがしやすいということでもあるからです。

 

体型が目立たないというのは、自分のコンプレックスを最小限にしてくれそうなという意味で、茶、紺系統が一番すっきり見えると思うので選んでいます。

 

 

普段着物に合わせる帯は半幅帯・生徒さんが来るときは

 

普段着着物ベスト3のうちの一枚ウール濃紺の着物に半幅帯帯締めのコーディネート例

 

普段に着物を着るときは、半幅帯をしています。

 

誰にも合わないし外出もしないときは、「貝ノ口」を結んでいます。

 

これなら椅子にもたれても平気で、食事でも仕事でも椅子生活が多いので、一番気楽に過ごせます。

 

普段使いの半幅帯は、椅子の背で帯がつぶれても構わないので、結び方を変えることもあります。

 

そのときはいつもこの結びです。⇒「花角出し内巻き(半幅帯)の結び方とアレンジ・手順を写真入りで解説しました

 

そして帯締めはいつもしています。

 

普段着着物ベスト3のうちの一枚ウールこげ茶に小花の着物に半幅帯帯締めのコーディネート例

 

理由は化繊の帯はゆるみが出やすいので予防するためと、帯締めがある方がバランス的に落ち着くからです。

 

 

生徒さんが教室におみえになるとき

 

着付け教室に生徒さんがおみえになるときは、自装のときはそれにふさわしいものを着ていますが、そうでないときはお太鼓を結んでいます。

 

そのときも自分の結びやすい帯を選びがちで、3本くらいの使いやすい名古屋帯をいつも選択してしまいます。

 

使いやすい合わせやすい帯は、身につけていて安心感にもつながっています。

 

 

普段に着る着物と帯の手入れ

 

普段(日常)に着物を着るなら、自分で手入れができるものでないと続きません。

 

そのためには、扱いやすい「裏地がないきもの」を利用しています(化繊は裏地ありも)。

 

袖つけや裾の糸が切れても、お直ししやすいですし、汚れを落とすのも簡単でにできます。

 

また、しばらく着物ハンガーにかけておいても形がくずれません。

 

ほとんと気を使うことなく、普段着用の洋服と同じような扱いができるわけです。

 

半幅帯は洗うわけではなく、ハンガーに掛けておくだけもいいですし、まるめて収納してももちろんOk。

 

じゅばんは裾除けと半じゅばんを利用して、半衿をいちいち外さずに洗っています。

 

足袋は白でなく、柄や色のついたもので、底が黒いものが一番楽に過ごせるので普段に愛用しています。

 

また、寒い季節は上っ張りを羽織り、家事をするときは割烹着が手放せません。

 

上っ張りは自作します⇒「着物リメイク・ほどかず衿を活かして短時間で割烹着(上っ張り)にしてみました

 

チュニック替わりにもなる上っ張りはもっと簡単⇒「着物リメイク・ほどかず筒袖の割烹着(上っ張り)に

 

 

普段に気軽に着る着物と帯・自分流を見つけてきもの生活をまとめ

 

普段(日常)に着物を着て過ごすなら、汚れが目立たない、シワが目立たない、自分で手洗いできるものを。

 

私の場合は、裏地のない木綿かウール素材の着物、または裏地のある化繊の着物が普段用です。

 

色は茶、紺系統、無地に近いもの。

 

半幅帯を合わせ、帯締めを使用しています。

 

じゅばんは半じゅばんが利用しやすく、足袋は色物で底が黒いものが気軽です。

 

自分流の自分が落ち着く普段着きものと帯で、毎日をお過ごしくださいね。


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方