帯揚げの種類と具体的な例を写真で解説しました

帯揚げとは、種類と具体的な例を写真で解説しました

スポンサーリンク

56才 あきらめかけていた頬のシミに、いいもの見つけた! リペアジェル

帯揚げとは、種類と具体的な例を写真で解説しました

帯揚げとは、種類と具体的な例を写真で解説しました

帯揚げは、お太鼓結びや振袖などの帯結びのとき、お太鼓枕やその紐を隠すために使用するものです。

 

また同時に、脇から胸にかけてを華やかに飾るものとして用いられます。

 

帯と着物の間にあるので、着物姿が映えるようコーディネートします。

 

ここでは帯揚げの種類をみて、使い分け方がわかるよう解説します。

 

スポンサーリンク


 

帯揚げの種類と使い分け

 

帯揚げは、カジュアル用とよそ行き用があり、使い分けます。

 

主に式典や社交の場では、薄い色目の帯揚げを使います。

 

普段用やおしゃれ用としてなら、濃い色目のものをよく使います。

 

振袖には一番華やかな「総絞りの帯揚げ」が用いられます。

 

では具体的に例を見てみましょう。

 

 

式典や社交の場用の帯揚げ・例
 

帯揚げとは、種類と具体的な例を写真で解説しました・式典社交用

 

式典や社交の場に用いられる帯揚げは、薄い色か白っぽい色です。

 

写真上は薄いクリーム色地で、部分絞りがあり、金糸が一部に施してあります。

 

写真下は薄いクリーム色から薄い茶へとぼかしになっていて、中心付近に芙蓉の花らしき模様が描かれています。

 

色目はほとんどわからないくらいの薄い色目でです。

 

これらは上品さを表現できる色で、訪問着、付け下げ、江戸小紋などに合わせます。

 

 

普段用やおしゃれ用の帯揚げ例・縮緬

 

帯揚げとは、種類と具体的な例を写真で解説しました・縮緬の例

 

これは縮緬(ちりめん)の帯揚げです。

 

色がしっかりついていて、わりと重量感があります。

 

小紋、紬、ウール、化繊の着物などのおしゃれ着に合わせます。

 

大きさは160センチ×30センチほどです。

 

 

普段用やおしゃれ用の帯揚げ例・綸子

 

帯揚げとは、種類と具体的な例を写真で解説しました・綸子の例

 

これは綸子(りんず)生地の帯揚げで、おしゃれ着用です。

 

薄い生地に地文様が入っているので、紋綸子(もんりんず)といいます。

 

写真のものには部分的に色がさしてあります。

 

縮緬より軽やかな印象になるので、春や秋に多用されます。

 

 

普段用やおしゃれ用の帯揚げ例・部分絞り

 

帯揚げとは、種類と具体的な例を写真で解説しました・部分絞り

 

これは部分絞りの帯揚げです。

 

背中のところと先以外は絞りが施してあるので、着用したときは絞りの部分のみが見えます。

 

部分絞りにも種類があります。

 

わずかに2〜3か所絞ってあるだけのものや、もう少し面積を広く絞ってあるものもあります。

 

花などの染め描きと併用してあるものもあります。

 

色が濃いものなので、小紋、紬などおしゃれ着用です。

 

 

夏用の帯揚げ・例

 

帯揚げとは、種類と具体的な例を写真で解説しました・夏用の例

 

夏用の帯揚げの例です、おしゃれ着用です。

 

隙間のある「絽目(ろめ)」があります。

 

 

帯揚げの素材について

 

上に紹介したものはすべて絹です。

 

「帯揚げ」はほとんど絹なのですが、礼装や改まった席でなければ、もう少し気軽に考えても大丈夫です。

 

普段〜おしゃれ着として着物を着る場合には、自由に好きな模様や色のものを用いてもかまいません。

 

 

自由に装う帯揚げの例

 

市販の帯揚げはかなり大きいと感じます。

 

もし自分で作ってみようか。。。ということでしたら、もっと小さくても帯揚げになります。

 

着物生地からのリメイク帯揚げ・例

 

帯揚げとは、種類と具体的な例を写真で解説しました・リメイクの例

 

これは自分で作った帯揚げです。

 

左二つは着物生地を利用しました

 

左側が紬(つむぎ)で右側は小紋(こもん)の生地です。

 

一番右のレースのものは、見た目がとても涼しそうなので夏に使っています。

 

 

カジュアル・おしゃれ着の着物は素材を合わせて

 

着ている着物の生地質に帯揚げの生地質を合わせると、一番しっくりきます

 

木綿の着物用には木綿の生地で、

 

ポリエステルの着物にはポリエステルの生地で、という具合です。

 

帯揚げ用には、薄手のものが扱いやすいです

 

 

帯揚げとは、種類と具体的な例を写真で解説しました・まとめ

 

帯揚げは帯枕を包んで胸元を飾るものです。

 

式典・社交用とおしゃれ着用を分けて使います。

 

式典・社交用は白や薄い色目、おしゃれ着用は基本濃い色目のものを使います。

 

夏用とそれ以外のシーズンでも分けます。

 

カジュアルな着物には自分で作ったものも利用できます。

 




スポンサーリンク




56才 あきらめかけていた頬のシミに、いいもの見つけた! リペアジェル



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方