帯揚げの種類と具体的な例を写真で解説しました

帯揚げの種類と具体的な例を写真で解説しました

スポンサーリンク

帯揚げの種類と具体的な例を写真で解説しました

女性イメージ画像

帯揚げはお太鼓結びや振袖などの帯結びの際、お太鼓枕やその紐を隠すために使用するものです。

 

しかしながらただその用途だけでなく、脇から胸にかけてを華やかに飾るものとして用いられます。

 

帯と着物の間に位置するので、帯や着物と調和のとれた色合いのものを合わせると、着物姿が映えます。

 

帯揚げは、カジュアル用とよそ行き用があって、使い分けるようにします。

 

主に式典や社交の場では、薄い色目の帯揚げを、普段やおしゃれ用としてなら、濃い色目のものをと覚えておくといいと思います。

 

振袖には一番華やかな「総絞りの帯揚げ」が用いられます。

スポンサーリンク


 

<式典や社交の場用の帯揚げ>

 

帯揚げ・よそ行き向き薄い色

 

式典や社交の場に用いられる帯揚げは、主に薄い色か、白っぽい色です。

 

写真上は薄いクリーム色地で、部分絞りがあり、金糸が一部に施してあります。

 

写真下は薄いクリーム色から薄い茶へとぼかしになっていて、中心付近に芙蓉の花らしき模様が描かれています、がほとんどわからないくらいの薄い色目でです。

 

上品さを表現できる色合いとして、訪問着、付け下げ、江戸小紋などに合わせます。

 

 

 

<普段やおしゃれ用の帯揚げ>

 

帯揚げ・おしゃれ着用濃い色

 

これは縮緬(ちりめん)の帯揚げです。

 

色がしっかりついていて、わりと重量感があります。

 

小紋、紬、ウール、化繊の着物などのおしゃれ着に合わせます。

 

大きさは160センチ×30センチほどです。

 

 

 

帯揚げ・おしゃれ着用濃い色・綸子

 

これは綸子(りんず)生地の帯揚げで、おしゃれ着用です。

 

薄い生地に地文様が入っているので、紋綸子(もんりんず)といいます。

 

写真のものには部分的に色がさしてあります。

 

縮緬より軽やかな印象になるので、春や秋に多用されます。

 

 

帯揚げ・部分絞り

 

これは部分絞りの帯揚げです。

 

背中のところと先以外は絞りが施してあるので、着用したときは絞りの部分のみが見えます。

 

部分絞りのものの中には、わずかに2〜3か所絞ってあるだけのものや、もう少し多いものなどさまざまです。

 

花などの染め描きと併用してあるものなどもあります。

 

色が濃いものなので、小紋、紬などおしゃれ着用です。

 

 

<夏用の帯揚げ>

 

帯揚げ・夏用・絽

 

夏用の帯揚げで、おしゃれ着用です。

 

隙間のある絽目があります。

 

 

 

 

 

 

 

上に紹介したものはすべて絹です。

 

「帯揚げ」はほとんど絹なのですが、礼装や改まった席でなければ、もう少し気軽に考えても大丈夫です。

 

帯の上に飾るものではありますが、普段〜おしゃれ着として着物を着る場合には、半衿と同じように自由に好きな模様や色のものを用いてもかまいません。

 

市販の帯揚げはかなり大きいと感じますので、自分でもし作るということでしたら、もっと小さくても帯揚げになります。

 

帯揚げ・自作三種

 

これは自分で作った帯揚げです。

 

左二つは着物生地を利用しました。

 

左側が紬で右側は小紋です。

 

一番右のレースのものは、夏によく使っています。見た目がとても涼しそうなので。

 

 

 

着ている着物の生地質に合わせると、一番しっくりきますから、木綿の着物のときは木綿の生地で帯揚げを作るといいと思います。

 

ただ帯揚げ用には、薄手のものが扱いやすいです。

 


スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方