衣裄(いこう)

衣裄(いこう)

スポンサーリンク

衣裄(いこう)

衣桁

着物を掛ける和風の家具調度品です。

 

細い木を鳥居のような形に組んで、台の上に立てたもので、

 

衝立(ついたて)式のものと、2枚に折れる屏風(びょうぶ)式のものとがあります。

 

 

呉服屋の陳列や展示用などには、衝立式で主に振袖や留袖など、

 

着物の柄全体が見えるように掛けられるようになっています。

 

着物をたたんで、一時的にかけておくこともできますが、

 

主に業務用としては、漆塗りや蒔絵が施された高級品が使われています。

スポンサーリンク


 

旅館などにある衣桁は、衣類を着る前後に掛けておくもので、

 

屏風式のものが多いです。

 

着物をたたんで掛けておいたり、フックのあるものは、

 

着物ハンガーを掛けることもできます。

 

 

家庭用としては、部屋の隅において使用します。

 

木製のほか、プラスチック製の製品もあります。

 

 

以前はお嫁入り道具のひとつに数えられていたこともありましたが、

 

現代では日常で使われることはあまりなくなりました。

 

 

衣架(いか)、御衣(みぞ)懸け、ころもざおともよばれます。




スポンサーリンク





二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方