共衿(ともえり)

共衿(ともえり)

スポンサーリンク

共衿(ともえり)

共衿

共衿は掛け衿ともいい、衿の汚れを、

 

あらかじめ予防するために、元の衿に取り付けられた衿です。

 

仕立ての裁断の際、共衿にあたる箇所を決めますが、

 

元の衿(地衿)よりも映りのよい柄をもってきます。

 

これは共衿がいつも表に見えているわけなので、

 

身頃の柄とのつながりのよいところで、

 

顔映りのよい箇所を考えて、決めます。

スポンサーリンク


 

共衿が短いと、剣先(おくみの上端で肩にもっとも近いところ)

 

のすぐそばの位置になるので、

 

剣先より7〜8cm以上さがると見栄えがよいです。

 

共衿のつけ方は2種類あります。

 

地衿の上に共衿を取り付けてから、

 

衿を身頃に縫い合わせる方法と、

 

地衿を身頃に縫い合わせてから、

 

後で共衿を取り付ける方法です。

 

できばえは同じですので、取り付けやすい方でかまいませんが、

 

共衿が汚れた際に、共衿だけ取りはずせる後者の方が、

 

少々の汚れなら、自分で扱うこともできますので、扱いやすいと思います。




スポンサーリンク





二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方