伊達衿(だてえり)

伊達衿(だてえり)

スポンサーリンク

伊達衿(だてえり)

伊達衿

伊達衿は、付け下げや訪問着振袖などの、絹の着物にあわせる、
大きさが100×11センチくらいの長方形のものです。

 

着物の下にもう一枚着物を着ているように見せかける効果があり、
胸元が華やかになります。

 

重ね衿ともいいます。

 

着付けの際に、着物の衿から数ミリのぞかせて着付けます。

 

だて衿は、半衿と着物の色と調和する色目のもので、
主に無地または地紋のある単色のものを用います。

 

ときにだて衿を、二枚用いることもあります。

 

またおしゃれ着としての小紋などにも、華やかさを演出したいときに、
用いることもあります。

 

絹以外にも光沢のある生地であれば、代用することもできます。

 

市販のだて衿には、クリップがセットされているものもあり、
半衿の中心部にだて衿をとめつけて、使用します。




スポンサーリンク





二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方