男性の帯(男帯)

男性の帯(男帯)

スポンサーリンク

男性の帯(男帯)

男性の帯(男帯)

男性の使う帯は、兵児帯と角帯があります。

 

兵児帯の兵児(へこ)の名前の由来は、

 

薩摩の若い男性(15歳以上25歳以下の男子)を指す「兵児」からきているもので、

 

薩摩の若者が普段使いの帯として締めていたものです。

 

大幅(約74センチ)もしくは中幅(約50センチ)の縮緬地の、

 

部分絞りか総絞りが一般的です。

スポンサーリンク


 

腰に巻いてしごいて用いています。

 

手軽に結べることから、

 

明治以降広まって、子どもの浴衣の帯にも、

 

この兵児帯が用いられるようになっていきます。

 

兵児帯は普段使いとして用いられます。

 

 

角帯も普段使いとて用いられるほか、

 

他のどの場面でも、角帯を使用します。

 

角帯は最初から袋状に織られたものと、

 

二つに折って、仕立てるものがあります。

 

角帯の長さは4メートル前後、幅は10センチくらいです。

 

貝ノ口、片ばさみ、神田結び、一文字などに、

 

結びます。

 

博多織、綴織、紬、錦織などがあり、

 

両面使えるリバーシブルタイプもあります。

 

また夏物の着物には、帯も夏素材の、

 

絽、羅、麻、ぜんまい、紙糸織りなどを合わせます。




スポンサーリンク





二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方