紋織物

紋織物

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

紋織物

紋織物

経糸と緯糸を複雑に組み合わせて、

 

模様を織り出した織物を、紋織物といいます。

 

紋織物は中国からシルクロードを通って、

 

15世紀にヨーロッパに伝わり、

 

その技術がフランスのリヨンで盛んになりました。

 

 

紋織物を実用的に機械化することに成功した人は、

 

ジョセフ・マリー・ジャカードさんで、1804年のことでした。

スポンサーリンク


 

紋織りの機械は彼の名を冠して、

 

「ジャカード」と呼ばれるようになります。

 

しくみは、紋紙と呼ばれる穴をあけたカードを利用して、

 

経糸を上下させて、緯糸が通る個所を変えることで、

 

模様をつくりだしていきます。

 

 

平安時代から明治時代の初めまでは、

 

空引機(そらびきばた)という背の高いはた織り機を使って、

 

布を二人で織っていました。

 

上に乗っている人は、経糸の上げ下げをするので、

 

二人で息をあわせて折り進めなくてはならなかったようです。

 

それが、ジャカード機の導入によって、

 

複雑な文様を織り出すことができるようになってからというもの、

 

日本の織物の美しさは、より一層の磨きがかかることになります。

 

 

日本の西陣でジャカードを導入したのは、1873年のこと。

 

フランスのリヨンで技術の習得をしてきた3人の技術者が、

 

持ち帰ったジャカードで作品を仕上げ、

 

翌年の京都博覧会で公開することによって、

 

ひろく知られることになっていったそうです。

 

 

金銀紙や色糸をふんだんに用いた、紋織物は、

 

能の衣装、打ち掛け、袋帯などになって、

 

絢爛豪華な色彩を放ち、見るものを圧倒します。

 

 

現在では電子式のジャカード機によって、

 

すさまじいスピードで、複雑な模様を織っていきます。

 

写真をとって、それをすぐさま織物で再現することも、

 

できてしまうという、最新式の技術もあります。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

丸帯
綿織物の着物

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方