きものを着る職業(仕事)には何がある?着物に関わる仕事がしたい!

黄色系の小紋の着物姿の一人の微笑む女性

「着物を着て仕事をしたい」とお考えの人は少なからずあるようです。

着付けをお教えした生徒さんの中にもありました。

「いいですね、毎日着物が着られて」とおっしゃるのですが、毎日の仕事となると「嬉しい」という感情はあまりなくなりますけどね。

ただ、純粋に着物姿で仕事ができることが喜びになるなら、ぜひ職業選択の柱にしてさがしてみてください

そこで和装(着物)を着る職業(仕事)には何があるかを調べてみました。

スポンサーリンク


着物を着る職業・仕事

旅館の和室

仕事をしている間は着物姿が普通(または望ましい)、という職業をあげてみます。

  • 旅館や料亭の女将・仲居さん
  • 日本料理店・和食レストランの店員
  • 呉服店店員
  • 茶道、日本舞踊、着付けなどの先生
  • 落語家、歌舞伎、文楽、長唄、講談師、浪曲など芸事を職業にしている人
  • イベントでのコンパニオン
  • バーやクラブの人

芸事以外であれば、なれそうな職業が見つかるかもしれません。

着物姿が望ましいけどそこまでではない職業

次に、着物姿が望ましいかと思いますが、特にそうでもないといえる職業もありますね。

  • 俳人・歌人
  • 華道家
  • 書道家

テレビや雑誌に登場するときは、着物姿がよさそうですね。

着物に関わる仕事

「着物に関わる仕事」という範囲でとらえると、こんな仕事もあります。

  • 着付け師
  • 着物スタイリスト(着物コンサルタント)
  • 和裁士
  • 染色家

もちろん着物を着て仕事をしていいですし、仕事によっては着物姿の方が信頼度があがるかもしれません。

着物を着たい!をかなえるほかの職業

和装・着物を着なければならない職業以外にも、着物を着ることができる職業はまだあります。

それは、自営業またはフリーランス

いわゆる自由業というのでしょうか、服装は全く自由ですからね。

また制服に着替える職業であれば、通勤に着物を着るのは構わないでしょう。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました