袖・着物の袖(着物用語)

袖・着物の袖(着物用語)

着物の袖(着物用語)

女物の着物の袖は、

 

現代、一般的なサイズは、

 

丈が約49センチ(一尺三寸)、たもとの角の「丸み」が2センチのものです。

 

 

袖の「丸み」は好みで変更できる

 

きものの袖の「丸み」は、仕立てのとき好みの大きさにすることができます。

 

普段着では4センチ、8センチ12センチなどに変更可能です。

 

丸みが大きいと、やわらかい雰囲気が出て、汚れがつきにくくなります。

 

ただし、礼装の着物は、丸みは2センチとなっています。

 

 

袖丈も好みで変更できる

 

袖丈についても、好みの丈で仕立ててよいです。

 

何も伝えないと、一般的な49センチになります。

 

着物を着て、手の力を抜いて自然におろした状態で、

 

指先が袖の底と同じくらいの丈が、

 

身長とのバランスで最も見栄えのよい袖丈となります。

 

 

元禄袖について

 

袖は他に、「元禄袖」と呼ばれるタイプがありますが、

 

袖丈が40cmくらいまでで、袖口から斜めになった活動的なタイプです。

 

元禄袖は普段用の着物の袖として用いられていましたが、

 

今ではあまり見かけません。




スポンサーリンク




「年齢肌」(乾燥・シミ・シワ)。。。今なら本気の美容液を試せます♪リペアジェル♪



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方