袖

スポンサーリンク

紬

女物の着物の袖は、

 

現代では約50cmの丈で長そでと呼ばれる袖が一般的です。

 

「長そで」は、ひとえや袷の着物で、

 

いつも見るタイプのもので、

 

そで口の下にある丸みが2cmのものです。

 

きものの袖は、一般的にはこのタイプのものが仕立てられていますが、

 

丸みについては、2cmにこだわらず、

 

好みで4〜8cmくらいにすると、

 

やわらかい雰囲気が出て、汚れがつきにくくなります。

 

 

袖は他に、元禄袖と呼ばれるタイプがありますが、

 

これは袖口から丸みが大きくとってあり、

 

袖丈が40cmくらいまでの、活動的なタイプです。

 

元禄袖は普段用の袖として用いられていましたが、

 

今ではあまり使われません。

 

 

現代の袖丈は約50cm(一尺三寸)が目安にされていますが、

 

背の高い人や若い人は、それよりも数センチ長くし、

 

年配になると、短めにします。

 

着物を着て、手の力を抜いて自然におろした状態で、

 

指先が袖の底と同じくらいの丈が、

 

一般的な袖丈となります。

 

若い人の場合は、一般的な袖丈より、

 

5〜10センチ程度長い方が、若々しい印象になります。

 

生地に余裕があれば、浴衣でも小紋でも、

 

長めにされるとよいでしょう。




スポンサーリンク





二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出しています

着物の高価買取は【ウルトラバイヤープラス】全国無料で気軽に査定!

価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?

買取価格が値上がり中なんですって!







  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方