袖丈のお直し

着物の袖丈のお直し方法・長くまたは短くする依頼の前の注意点

スポンサーリンク

着物の袖丈のお直し方法・長くまたは短くする依頼の前の注意点

着物の袖丈のお直し方法・長くまたは短くする依頼の前の注意点

譲ってもらったりアンティーク着物がお好きな方は、袖丈でのお悩みがあるかもしれません。

 

袖丈が長くても短くても、長じゅばんの袖がが飛び出さないならそのまま着て楽しめばよいでしょう。

 

でも「やっぱり自分にぴったりにお直ししたい」と思うなら、お直しして着心地よくできるといいですね。

 

ここでは袖丈のお直しについて、どうしようか迷っている方向けにお伝えします。

 

これからお伝えすることを了解しておくと、お直しの依頼がスムーズにできますよ

 

また最後に、長い袖でも短い袖でも着こなすワザをお伝えします

 

スポンサーリンク


 

きものの袖丈のお直しには二種類あります

 

着物の袖丈のお直し、袖丈とは丸みとは

 

着物の袖丈は現代の着物は49センチが標準です。

 

この標準の袖丈にする必要性はそれぞれ違うと思いますので、ご自分の着回ししやすい袖丈を基準にお考え下さい。

 

きものの袖丈サイズを直すには、「袖丈を長くしたい場合」と「短くしたい場合」があります。

 

最初に「袖丈を長くしたい場合」についてお話します。

 

 

袖丈を長くする場合のお直しの方法

 

袖丈を長くするには、袖の底に隠れている縫い代を出して、長くしたい分だけ出して底を作り直します

 

表に出す生地の色が、今まで表に出ていた生地の色目と変わっていないかを確かめてから、お直しします。

 

袖底に隠れている縫い代の長さはさまざまです。

 

希望する長さまで出せるかどうかの確認は事前にしなくてはなりません。

 

もし生地が足りなかったら取りやめるのかできるところまで出してもらうのか、といったことを依頼先に伝えましょう。

 

袖底を作るにあたり、袖のたもとの丸みを変更することができますので、希望があれば合わせて依頼してください。

 

 

袖丈を短くする場合のお直しの方法

 

アンティーク着物やわざわざおしゃれのために袖丈を長くしてある着物の袖を短くするには、希望の長さまで袖の底を切って新に袖底を作り直します

 

希望する丈まで短くするにあたり、袖の柄が損なわれないかを確認してください。

 

袖底を作るにあたり、袖のたもとの丸みを変更することができますので、希望があれば合わせて依頼してください。

 

 

袖丈直しをする場合の注意点・事前に了解しておきたいこと

 

袖丈を出すにあたって、隠れている縫い代の色目が、表生地の色目と明らかに違うような場合があります。

 

それは「色あせ」や「汚れ」などの原因によりますが、生地の変色によって袖底の丈を出せないことがあるので、特に仕立てられてから時間が経過しているものは、ご注意ください

 

袖丈を短くするときは、希望の長さまで短くすると柄がおかしくならないかを確認しましょう。

 

袖丈を短くするときは、不要な分は切り落とすと元にもどりません。

 

もし元の長さに戻す可能性があれば、袖底に残してもらうこともできると思います(重たい印象になるかもしれませんので相談してください)

 

また切り落とすにあたって切り離した生地が欲しいなら、必ずその旨を伝えておいてください。

 

 

羽織やコートの袖丈も同様の注意を

 

羽織やコートの袖丈も、袖丈を変える場合は着物と同様の注意が必要です。

 

着物の袖丈に合わせて羽織やコートの袖丈を変える必要があるかどうかは、お手持ちのものを確認してください。

 

羽織やコートは一般的に1〜2センチ袖丈を短く仕立てます。

 

 

長い袖でも短い袖でも着こなすワザ

 

着物の袖丈のお直し、若い着物姿の女性

 

長い袖でも短い袖でも、お直しせずに着こなすことができたらいいと思いませんか?

 

実は着こなすことができるんです。それは。。。

 

「長じゅばんから袖を取り外してしまい それぞれの着物の袖の長さにあった別の袖を付け替えて利用する」という方法です。

 

長じゅばんよりは半じゅばんの方が、付け替えしやすくお手入れも楽でしょう。おすすめです

 

付け替えするので「付け替え袖」とか「うそつき袖」とよんでいます。

 

こちらに詳しく作り方と取り付け方を解説していますので参考にしてください。⇒「付け替え袖(うそつき袖)の作り方と取り付け方・写真手順付きで解説」

 

 

着物の袖丈のお直し方法・長くまたは短くする依頼の前の注意点・まとめ

 

現代の着物の袖丈の標準は身長にかかわらず49センチです。

 

袖丈を長くする場合は、袖底の縫い代の生地が色褪せなどなければ出せます。

 

しかしながら、袖底の縫い代の長さによっては、希望の長さまで出せないことがあります。

 

袖丈を短くするときは、短くしても柄がおかしくないことを確認してください。

 

短く切った生地が欲しい場合は、事前につたえておきましょう。

 

どちらも袖の底を新に作るので、そのとき「たもと」の丸みを変えることができます。

 

「袖の丸み」は、丸みが大きいほど柔らかく優しい印象になります。

 

現代ではおしゃれ着の着物でも、2センチの丸みが標準になってきていますが、丸み(カーブ)をおおきくするといっそうおしゃれ着っぽくなりますよ。




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方