お正月初詣の着物コーディネート・お友達と行く場合

お正月初詣の着物コーディネート・お友達と行く場合

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

お正月初詣の着物コーディネートはどうする?お友達と行く場合

お正月初詣着物コーディネートはどうしよう?

お正月には着物を着ようかな?と考えているものの、まだ決心がつかないでいますか?

 

もし「どんな着物を着たらいいかわからない」と迷っているなら、そのヒントになればと思い書いていきます。

 

ここで想定するのはお友達との神社への初詣です

 

お友達とはほぼ同じ年齢ということにします。

 

スポンサーリンク


 

お友達との初詣、着物コーディネートでおすすめは

 

実は、喪服と日常着以外ならどんな着物の種類でもよいと思います。

 

おすすめとしては、手持ちのものの中でも「華やかなもの、明るい印象のもの」がよいですね。

 

そして「お出かけ着の要素のあるもの」

 

着物が訪問着や付下げなど改まったものなら、髪型もそれにあったボリュームがよいと思いますから準備を忘れずに。

 

 

避けたいコーディネートとしては

 

初詣のコーディネートで避けた方がよいのは、地味で暗いコーディネートでしょう。

 

コートを羽織るのであれば、あまり着物の色柄はわかりませんが、やはり明るい色目のものの方が気持ちがよいです。

 

 

お友達と種類が同じが安心

 

お正月飾り

 

お友達と一緒なので、種類が同じ着物が一番しっくりきて安心です。

 

たとえば、一人は訪問着でひとりは小紋。

 

たとえば、一人は小紋でひとりはお召し。

 

のような違いがあると、雰囲気が違いますよね。

 

着物が違うと帯も違ってきますから、全体の雰囲気が違います。

 

「訪問着と訪問着、小紋と小紋、お召しとお召し」

 

というように着物の種類を合わせると、二人の統一感があって見た目のバランスもとてもよいです。

 

そのあと食事や買い物によるにしても、行きやすいと思います。

 

 

初詣で着物のとき気をつけておきたいこと

 

羽織と明るい色の着物姿の女性橋の上

 

都市部の大きな神社は寺院は、特に元旦に非常に混みあいます。

 

おさい銭をいれてお参りできるまでに1時間以上も待つこともありますね。

 

初詣は防寒対策を

 

屋外なので気温は10度以下の中、ずっと立ち続けることになると相当寒いです。

 

きれいな着物姿でいたいですが、羽織ものは必須でしょう。

 

下着はヒートテック素材など、薄くて暖かいものを上下とも着ておくのが賢明です。

 

着物姿は外に出ている手首から先と、足首から先がとても寒いので、ここも何らかの防寒をした方がよいです。

 

 

おすすめの防寒対策

 

コート・ショールなどで首や背中の防寒を。

 

着物のときの防寒対策ショール・ストール・作り方巻き方」を参考にどうぞ。

 

手首をおおう手袋を。

 

足袋は2枚重ねる、使い捨てカイロを足袋の甲にはさむ、防寒用の草履をはくなど。

 

冬用の足袋(たび)インナー足袋・足元の保温性をあげる工夫(冬着物で温かく過ごす
を参考にどうぞ。

 

替え足袋の用意も

 

参道に玉砂利がしきつめてある神社では、ほこりがたつなどで白足袋が汚れることがあります。

 

初詣のあと食事やあいさつ回りで寄り道する場合で座敷にあがる予定があれば、足袋カバーを重ね履きしておくか替えの足袋を用意すると安心です。

 

 

お正月初詣の着物コーディネートはどうする?お友達と行く場合・まとめ

 

お友達と初詣に行くなら、明るく華やかな着物の方が気分があかるくなりよいと思います。

 

羽織ものをするにしてもできれば明るい色目がよいです。

 

お友達と着物の種類を同じにするのがおすすめ、雰囲気が似るのでその後のお出かけ先でも安心です。

 

初詣は屋外で寒いので、防寒対策は必ずしていきましょう。

 

特に首、手、足が寒いので冷え性の人は忘れずに防寒を。

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

盛夏(7・8月)のおしゃれ着物コーディネート例3つ紹介(薄物カジュアル)
麻着物と絽の袋名古屋帯で装う夏のコーディネート例(40代50代)
春秋冬の三シーズンに着られる着物で着回し・コーディネートしやすいきもの
季節を問わない着物姿(普段〜お出かけ着)40代以降の例・青系きもので
着物コーディネート紬(つむぎ)・40代以降のおしゃれ着の例
袴姿(女性の卒業袴)の着付け方法・ポイントおさえて着崩れなし
卒業式・入学式のお母様(母親)にふさわしい着物と早めの準備のために
卒園式が楽しみ・素晴らしい訪問着で笑顔のRさん
着物でクリスマスコーディネート・手持ちでできる大人なアレンジ(40代〜)
絶対自分で!華やかな訪問着の着付けをマスター・お友達と一緒に
真冬に浴衣のけいこ・その日におさらいで着実に上達のFさん
お茶のお稽古に着物でTさんの二重太鼓の練習風景
お嬢様の成人式に参列・訪問着の自装練習中のSさん
七五三詣り二児のお母様として訪問着の練習中の知世さん
秋の始まりの着物姿・紅葉の柄の帯をいつもの着物に
訪問着に二重太鼓・品のよい色気を考えながら着こなす梨紗さん
芯なし昼夜帯(腹合わせ帯)のアレンジ結び・春秋冬のプライベート着物に
おろしたての麻名古屋帯で装う涼やかな夏のお出かけ着の恵さん
他装(浴衣を着せてあげる)の基本をマスター・浴衣姿がお手本になるゆき子さん
一度の練習で浴衣モデルに・祐子さんの選んだコーディネート
教員(先生)の袴姿・送る立場でのふさわしい着物と袴選び
絽の紅型着物に麻の帯で誰にも負けない上質なおしゃれのKさん
初夏に楽しみたい縞木綿(しまもめん)の着物・特徴と産地・帯の合わせ方
歌手坂本冬美さんの紅白歌合戦の衣装・着物でブーツ姿がステキでした

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方