七五三の三歳女の子の着物用意と着付け方法

七五三の三歳女の子の着物の用意と着付け方法

スポンサーリンク

七五三の三歳女の子の着物の用意と着付け方法

歳女の子のお祝い着(着物と被布)

七五三のお祝いで最初にお祝いするのが三歳の女の子。

 

被布を着た愛らしい姿で成長をお祝いしたいというご両親は多いですね。

 

三歳の女の子のお祝いに、どんな着物を用意するか、付属品はどんなものが必要なのか。

 

そして着物の着付け方はどうするのかをお伝えします。

 

初めての方でも、三歳の女の子のお祝い着を着せることはむつかしくありませんよ。

 

ぜひご自宅で着せてあげて、神社への参詣や会食をなさってくださいね。

 

 

三歳女の子の七五三の着物と必要なもの

 

三歳女の子のお祝い着は、「長じゅばん(半衿付き)」と「着物」、そして「被布」を着ます

 

着物なので「草履」と「足袋」をはきます。

 

この5点が必ず必要です。

 

そのほか、あった方がよいものは「伊達衿(着物の衿を華やかにする)」「巾着」「髪飾り」「着物用下着」そして「収納ケース」です。

 

あった方がよいものとしてあげたものは、別途購入するとなるとなると面倒です。

 

そのためお祝い着は、セットで販売されていることが多いです。

 

 

<三歳女の子祝い着で絶対必要なもの>

 

「長じゅばん(半衿付き)」 「着物」 「被布」 「草履」 「足袋」

 

<あった方がよいもの>

 

「伊達衿(着物の衿を華やかにする)」 「巾着」 「髪飾り」 「着物用下着」「収納ケース」

 

 

三歳お祝い着(着物)セットの例と必要なものの確認

 

歳女の子のお祝い着のセットの例

 

三歳の女の子の着物をセットで購入すれば、不足品がなく安心です。

 

ただセットの中身はよくよく確認してくださいね。

 

というのも、「あると思っていたものがなかった」ということがあるからです。

 

あると思っていたのになかった!ということのないよう注意したいのが「足袋」と「髪飾り」です

 

足袋は草履をはくのに必需品ですが、セットになっていないことが多く、別途購入することになっている場合が多いです。

 

足サイズの確認は必ずしてください。

 

そして「髪飾り」がセットされていないことも多いです。

 

これも好みのものを別途購入することになっている場合があります。

 

着物を着たときは「髪飾り」があった方が確実に映えますので、あった方がよいです。

 

呉服店で購入なら忘れものをしなくてすむと思いますが、ネットの店舗で購入するなら、忘れないでくださいね。

 

 

三歳の女の子お祝い着のサイズについて

 

一般的な三歳の女の子の着物は、身長95センチの子にちょうどよいサイズに出来上がっています。

 

前後3〜4センチであれば、このまま着用できます。

 

もしこのままでは短いとしても、「腰あげ」があれば、ここで丈を出せるようになっています、

 

反対に長すぎるなら、「腰あげ」で短くできます。

 

 

「腰あげ」は丈の調整のためにある

 

歳女の子の着物の腰あげ

 

「腰あげ」というのは丈を長くしたり短くするためにあります。

 

子供の成長は早いので、丈を長くつくっておいて、最初はタックをとってあります。これが「腰あげ」です。

 

縫い目はあらくしてあり、丈を調整するのに縫い目をはずしやすくしてあります。

 

 

「肩あげ」は袖の長さの調整のためにある

 

歳女の子の着物の肩あげ(長じゅばん)

 

「肩あげ」は着物の袖の長さを長くしたり短くしたりするためにあります

 

(たもとの長さの調整ではありません)

 

「腰あげ」同様タックをとってあり、縫い目はあらくしてあり、袖の長さの調整のために縫い目をはずしやすくしてあります。

 

「肩あげ」は着物だけでなく、長じゅばんにもほどこしてあります。

 

調整するなら着物も長じゅばんも両方おこなってください。

 

 

購入するとき気をつけたいこと

 

歳女の子の着物の長じゅばんに腰ひもがついている

 

着物を着るときに「腰ひも」が必要なのですが、三歳の女の子のお祝い着もやはり腰ひもを利用します。

 

たいてい長じゅばんにも、着物にも、それぞれ縫い付けてあることが多いです。

 

縫い付けてあると、経験のない人でも着付けしやすいので、腰ひもが縫い付けてあるかどうかを確認してください。

 

三歳女の子の着物に腰ひもがついている

 

腰ひもが縫い付けてないか、別途購入することになっていれば、2本忘れないように購入してください。

 

 

三歳の女の子の着物の着付け方

 

腰ひもが長じゅばんにも着物にもついている場合の、三歳女の子お祝い着(着物)を着つける方法です。

 

・下着を着せ、足袋をはかせます。

 

・長じゅばんに袖を通して、本人にとって右の衿についている紐を、左の脇の穴に通して背中にまわし、前にもってきます。

 

・長じゅばんの左の衿についている紐を背中に回して前に持ってきます。

 

・蝶々結びをします(締め付けないように結んでください)。

 

長じゅばんは首の後ろをぴったり合わせ、衿も詰めぎみにしてください

 

・着物も同じ方法です、長じゅばんの衿が1センチくらい見えるように合わせて着せます。

 

・紐の結びめは、真ん中でなく左右少しずらしてください。

 

・被布に袖を通して、スナップボタンを留めて完成です。


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方