きもの物語

講座「上級までの道のり」その7「半幅帯結び・文庫・貝ノ口・リボン返し」と「発展形を結ぶ」

スポンサーリンク

講座「上級までの道のり」その7「半幅帯結び・文庫・貝ノ口・リボン返し」と「発展形を結ぶ」

ウールの着物にウールの帯で文庫結び

講座「着物着付け上級までの道のり」の7ページ目です。

 

ここでは、普段〜軽いお出かけの着物に結ぶ「半幅帯」の結び方の紹介です。

 

半幅帯を確実に結べるようになって、「帯結びはけっこう楽しい」「着物は案外気軽なもの」と感じていただけるよう願っています。

 

まずは「半幅帯」の形状や特徴をお伝えして、次いでスタンダードな帯結び「文庫・貝ノ口・リボン返し」を、さらに発展形の結びもお伝えします。

 

 

半幅帯の形状・特徴

 

半幅帯二種類

 

半幅帯は、15〜17センチの幅で、長さが3.3〜3.8メートルくらいの長方形の帯です。

 

女性用の帯の中では、兵児帯(へこおび)を除けば、最も手軽に扱え締めやすい帯です。

 

浴衣のときにする半幅帯は、薄くて軽いので「浴衣帯」と呼びますが、形状は同じです。

 

普段着の着物からお出かけ、軽いパーティまで利用することができます。

 

半幅帯は、色柄が豊富で、素材もさまざまあります。

 

着物に合わせて半幅帯の素材や季節感を合わせます。

 

片面ずつ色柄を変えたリバーシブルタイプも多く、2本分の使いまわしができ、コーディネートの幅が広がります。

 

お値段的にも帯の中ではお値打ちです。

 

絹製の半幅帯で、九州の博多で生産される薄く締まりのよい博多帯は、締め心地ががよいです。

 

長さが4メートル以上あって、豪華な織りの半幅帯なども売られています。

 

 

それでは基本の半幅帯の結び「文庫」を結んでみましょう。

 

半幅帯の基本結び「文庫」結びを結んでみる

 

「文庫」(ぶんこ)は最も好まれていて、最もポピュラーな結びです。

 

花嫁の内掛けの下の帯もこの「文庫」結びです。

 

高い位置で大きく結ぶと若い人に向き、普通に結べば、どんな年代の人にも合います。

 

はねのように左右に出ている部分を「羽根」と呼んでいますが、「羽根」の大きさを変えると、雰囲気がずい分変わりますので、ご自分の体型に合わせた、好みの大きさを見つけてください。

 

写真つきでの詳しい説明はこちらです。

 

結んであげている写真なので、自分で結ぶときは、前で結んで出来上がってから、右方向に半周回して背中に結びをもっていきます。
 ↓↓

文庫結び(半幅帯)の結び方とアレンジ・手順を写真入りで解説しました

 

(基本の文庫結びに続いて発展形のものものっています)

 

 

半幅帯の基本結び「リボン返し」結びを結んでみる

 

「リボン返し」は、半幅帯の結びの中で一番簡単かもしれません。

 

「リボン=蝶々」のことですから、蝶々結びをして、残った帯の先を結び目の後ろを通して外側へ出せば完成です。

 

簡単なのにかわいらしく、ボリュームもでる帯結びです。

 

若い人にはもちろん、帯によって高い年代の人まで似合います。

 

長めの帯だとヒップをかくすくらい大きめにつくることもできるので、ヒップを隠したいって人にも。

 

半幅帯の「リボン返し」の結び方はこちらに写真つきで説明しています。

 

浴衣の帯結びとして紹介していますが、カジュアルな着物のときに結べます。
 ↓↓

浴衣の帯の結び方で簡単に結べる帯結びをマスターしませんか?

 

(「リボン返し」の下に、「花角出し」という結びも写真つきでのせています、こちらも簡単なので試してみてくださいね。)

 

 

半幅帯の基本結び「貝ノ口」結びを結んでみる

 

「貝ノ口」(かいのくち)は、貝の手足のように見える管を出している姿からきた名前です。

 

この結びは、ふくらみがなく背中にフィットするので、見た目ちょっと貧弱ですが、家事をするとき、家でくつろぐときなど、結びの形を意識したくないときに向いています。

 

ポリエステルの帯ですと、緩んでくることがありますから、「帯締め」をしておきましょう。

 

この結びは粋でこなれた感じがしますので、覚えておいていただきたい結びです。

 

半幅帯の「貝ノ口」結び、写真付きで解説はこちらです。

 

結んであげている写真なので、自分で結ぶときは前で結んで出来上がってから、右方向に半周回して背中に結びをもっていきます。
 ↓↓

貝ノ口(半幅帯)の結び方・手順を写真入りで解説しました

 

 

半幅帯を締めるときの注意・チェックポイント

 

半幅帯を締めるときは、これらのことに注意しながら結ぶと手早く結べますよ。

 

一巻き目を巻いた時、二巻き目を巻いた時、軽く帯の下のところを引き締める。

 

結び目が緩まないように、結んだ後は手とたれの元を軽く開いておく。

 

出来上がって後ろに回す際は、少しお腹を引っ込めるようにして素早く回す。

 

 

半幅帯を利用するシーン

 

半幅帯を利用するのはどんなときかというと、帯が一番カジュアルな帯なので、利用するシーンもほぼカジュアルな場面です。

 

着物は木綿、ウール、ポリエステル、絹の紬に合います。

 

自宅、自宅周辺、ショッピング、居酒屋の飲み会、気軽なランチといった場面です。

 

ほかに、気軽な内輪のパーティーでちょっとおしゃれしたいというときにも向いています。

 

そのときは、紬、小紋着物で、絹素材の「小袋帯」と呼ばれる帯を使います。

 

「小袋帯」は半幅帯と同サイズか少し長いものです。

 

絹織物なので華やかなシーンに向いていて、結び方は半幅帯と同じです。

 

 

半幅帯結びの発展形の紹介

 

文庫結びの発展形はあっさりした後ろ姿を演出できます。
 ↓↓

片流し(半幅帯)の結び方・手順を写真入りで解説しました

 

一文字結び(半幅帯)の結び方・手順を写真入りで解説しました

 

「リボン返し」のときに紹介した「花角出し」です
 ↓↓

花角出し内巻き(半幅帯)の結び方とアレンジ・手順を写真入りで解説しました

 

花角出し外巻き(半幅帯)の結び方とアレンジ・手順を写真入りで解説しました

 

 

最初は難しい帯結びも、何度か練習するうちに自然に手早くできるようになります。

 

機会をつくって、練習してみてくださいね。

 

これで着物が着られて、半幅帯が結べるようになりました。

 

ぜひお出かけして、着心地や歩き心地などを確かめてみてください。

 

そうすれば、もっとうまく着られるようになり、より着物が楽しみになりますよ。

 

 

次回は「お太鼓結び」の説明と実践です。

 

お太鼓結びができて、「着物が自分で着られる」ともいえますので、さっそくはじめましょう!⇒講座「上級までの道のり」その8「名古屋帯の形状・名称・種類・お太鼓の結び方」




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

講座「着物着付け上級までの道のり」その1「着物のメリット・利点はこんなにあった!」
講座「上級までの道のり」その2「着物のデメリット・弱点・悪いところ」
講座「上級までの道のり」その3「長じゅばんと半衿・ばち衿と広衿に半衿をつける方法」
講座「上級までの道のり」その4「長じゅばんをすっきりと着る・長じゅばん基礎知識と仕立て方も」
講座「上級までの道のり」その5「足袋の形状・はき方・洗い方」
講座「上級までの道のり」その6「草履と下駄・はじめての草履・歩き方・雨用」
講座「上級までの道のり」その8「名古屋帯の形状・名称・種類・お太鼓の結び方」
講座「上級までの道のり」その9「帯締め帯揚げの知識と結び方」「似合うお太鼓の形」
講座「上級までの道のり」その10「普段着(おしゃれ着)着物の着方とチェックポイント」
講座「上級までの道のり」その11「着物を着たときの所作・立ち居振る舞いについて」
講座「上級までの道のり」その12「着物・長じゅばん・帯のたたみ方(名古屋帯・半幅帯・袋帯)」
講座「上級までの道のり」その13「柔らか着物の種類と特徴・着付けのコツ」
講座「上級までの道のり」その14「魅力的な着物まわりの小物で楽しみアップ・扇子や根付など」
講座「上級までの道のり」その15「着物姿を美しく写真に残す」「衿合わせ上級編」
講座「上級までの道のり」補足・着つけのときの体型補正と着姿が映える補正について

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方