作り帯の仕組み・市販品で徹底研究してみました

作り帯の仕組み・お太鼓の市販品(固定型)はこうなっています・詳しく紹介

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

作り帯の仕組み・お太鼓の市販品(固定型)はこうなっています・詳しく紹介

市販品のお太鼓作り帯のお太鼓部分と手先が取り付けてある

 

名古屋帯によく見かける[「作り帯」、素早く帯付き姿になれるので便利ですね。

 

お太鼓結びが苦手という方は使っているようです。

 

今回は市販の「作り帯」がどんな形状になっているか、調べたことをお知らせします。

 

よく利用されている「固定型」についてです。

 

スポンサーリンク


 

ポピュラーな市販の作り帯の仕組み

 

市販品のお太鼓作り帯のお太鼓部分と手先が取り付けてある

 

この形状が最もポピュラーな市販の作り帯だと思います。

 

二部式の「固定型」の作り帯です。

 

「固定型」というのは「自由形」に対する言葉で、お太鼓の形が出来上がっていているものです。

 

 

市販品のお太鼓作り帯の胴にまく胴帯部分

 

これが胴に巻く部分です。

 

端の二か所に紐がついています。

 

 

市販品のお太鼓作り帯の胴にまく胴帯部分の上に紐がついている

 

紐の長さは65センチと79センチ(長い方は巻き始めの方)で、胴帯の上側についています

 

紐はしっかりと取り付けられています。

 

 

市販品のお太鼓作り帯のお太鼓と手の部分裏側

 

お太鼓の部分は手先の一方が糸で縫いとめてあります。

 

お太鼓部分の内側に、引っ掛ける金具が取り付けてあります。

 

これによってお太鼓の山の高さが安定します。

 

 

名古屋帯市販の作り帯のメリット

 

市販の作り帯のメリットはいくつかあげられます。

 

<作り帯のメリット>

 

  • お太鼓の柄はいつもベストな位置にある。
  • 胴の前側の柄を好みによって位置を変えることができる。
  • 胴の帯は裏面も表側として使うことができる。
  • 普通の帯を締めるより短時間ですむ。

 

 

名古屋帯市販の作り帯のデメリット

 

では反対に市販の作り帯のデメリットも考えてみます。

 

<作り帯のデメリット>

 

  • お太鼓の大きさ、柄の位置は変更できない。
  • 前帯の幅は半幅で変更がきかないので、背の高い方にはやや狭いかも。
  • 普通の名古屋帯で慣れている人にとっては、付け心地は今一つ。
  • お太鼓の形は固定されているので、形を崩さないように保管する必要がある。

 

 

名古屋帯の作り帯のつけ方

 

作り帯の場合は「つける」、普通の帯の場合は「締める」といいます。

 

市販品のお太鼓作り帯で着付けした後ろ姿

 

名古屋帯の作り帯のつけ方を紹介します。

 

着物を着あがったところからはじめます。

 

胴帯を二重巻く

 

市販品のお太鼓作り帯で着付け中・胴帯を巻いて紐を結んだところ

 

・胴帯を柄のない方から胴に巻き始めます(生地が 輪になっている方が下)。

 

・二重目に体の前側に柄が出るように巻き終えます。

 

・帯板を間に入れます。

 

・紐を結んで、紐を帯の内側に入れ込みます。

 

 

お太鼓をつけます

 

次にお太鼓の部分を取り付けます。

 

・手先をお太鼓の中に差し入れてから、お太鼓の金具を背中の胴帯の真後ろに差し込みます。

 

・帯揚げをかけておいた枕を、 お太鼓の山の中心に当てます。

 

・枕の紐を前で結び中に入れます。

 

・帯揚げは前で仮に止めておきます。

 

・帯締めを手先の外側に通して、前でしっかりと結びます。

 

市販品のお太鼓作り帯で着付け前帯の姿

 

・帯揚げを結び直してきれいに飾って完了です。

 

 

「固定型」作り帯、他にもあります

 

この例の作り帯のほかにも、細工をしてさらに出来上がりの形状にこだわったものがあります。

 

例えば、お太鼓の山がいっそうこんもりするように、「お太鼓の内側にタックをとってある」もの。

 

粋な雰囲気に見せるためか、「底の一方を少しだけ上げて固定してある」ものなどがあります。

 

紐の位置については、例のように胴帯の上についているものもありますが、胴帯の下についているものもあります

 

 

作り帯は格下

 

作り帯は帯結びが苦手な人には便利なものですが、一方で着物通の方は「邪道」という見方もあります。

 

「格が下がる」こともあり、格式を重んじる席では利用しない方がよいでしょう。

 

 

作り帯の仕組み・お太鼓の市販品(固定型)はこうなっています・詳しく紹介まとめ

 

お太鼓の作り帯は、 お太鼓結びが苦手な人にとってとても重宝するアイテムです。

 

ここでは固定型のお太鼓作り帯について、詳しく紹介しました。

 

固定型の作り帯は、お太鼓の形がいつも安定し、短時間に着物姿になれるメリットがあります。

 

また胴に巻く部分の柄の位置を決めやすいです。

 

お太鼓の形・前帯の幅を変更できないというデメリットがあります。

 

市販されている「作り帯」は、カジュアルなものから礼装に向くものまであります。

 

最近はポップなおしゃれ感の強い作り帯が多く出ています。

 

気軽な着物の楽しみ方として、柄も豊富でお値段も手頃な「作り帯」は人気のようです。

 

また結ばないので帯が痛まないということも、利点と考えてよいかもしれません。

 

きらこ よしえ

 

作り帯の種類・加工する作り帯、自作するについてもまとめました

 

⇒「「作り帯」「付け帯」の種類・名古屋帯を加工する、自作もできる注意点など




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

帯のたたみ方(袋帯・名古屋帯・半幅帯・兵児帯)を紹介します・次使いやすく
自分に合う名古屋帯の長さ知ってますか?「部分」の長さは重要です
名古屋帯が長すぎてうまく結べない、お太鼓結びができないときの解決策
「作り帯」「付け帯」の紹介・名古屋帯を加工する・デメリットは
半幅帯と浴衣帯の違い・各部の名称や扱い方を紹介します
半幅帯・浴衣帯・細帯とは・特徴を写真入りで説明しています
昼夜帯(くじら帯・腹合わせ帯)の例・特徴を生かして楽しむ
「開き仕立て(鏡仕立て)」と「松葉仕立て」の名古屋帯・形状や利点について
名古屋帯とは・特徴や種類・由来を解説します
名古屋帯の形・各部の名称や柄のつき方、利用範囲を解説してます
袋帯の構造・各部の名称・合わせる着物・袋帯の種類を解説しています
袋帯(ふくろおび)とは・二重太鼓や変わり結びをする帯・詳しく解説しました
着物のときの帯を格の高いものから順に並べました
着物(浴衣)の帯がゆるむ・下がる・ずれるときの解決策(ゆるまない結び方も)
袋帯から名古屋帯へ・着物帯の合理化は今も続く
丸帯とは
着物のときのへこおび(兵児帯)とは男性女性用・子供用の特徴・大人の女性向結び方
「なんちゃって帯」「簡易帯」締めないのでラク・家庭用として今も利用

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方