長じゅばんの種類・季節によってき分けるには

長じゅばんの種類・季節によってき分けるには

スポンサーリンク

長じゅばんの種類・季節によって着分けるには

広衿の長じゅばん

着物の下に着る長じゅばん、大きな役目は、「着物の衿の汚れ防止」と「下着と着物との調整」という役目です。

 

着物の衿の汚れ防止とはいっても、お顔のすぐ下にみえるので、着物を引き立てるおしゃれの要素も持っています。

 

そのため衿につける半衿には、様々な色柄のものがあり、皆さんおしゃれに使い分けていらっしゃることでしょう。

 

また長じゅばんは下着と着物の間に着て、温度調整や汗取りなどの役目をしているので、季節によって着分けるわけです。

 

今日は一年を通して、長じゅばんをどう着分けるのかについてお伝えします。

 

まずは長じゅばんの種類をみていきます。

 

スポンサーリンク


 

長じゅばんの種類は二種類

 

大人の女性用の長じゅばんには、種類は二種類しかありません。

 

仕立て方によって分けていて「関東仕立て」「関西仕立て」があります。

 

どこで見分けがつくかというと、長着(着物)でいう「おくみ」のところです。

 

「関東仕立て」には「おくみ」の部分がなく、「通し衿仕立て」とも呼ばれる仕立て方です。

 

一方「関西仕立て」には「おくみ」の部分があって、「別衿仕立て」とも呼ばれる仕立て方です。

 

 

「関東仕立て」の長じゅばんの特徴

 

「関東仕立て」の長じゅばんは、おくみの部分がなく、半幅の地衿が裾まで続きます

 

普通体型の方なら問題なく着用できますが、ふくよかな方には適しません。

 

普通体型でも胸が大きい、腰回りが大きいという方は、着こなしにくいかと思います。

 

「関東仕立て」の方が標準型とされていましたが、現代ではこちらを選択する人は少ないようです。

 

 

「関西仕立て」の長じゅばんの特徴

 

広衿の長じゅばん

 

この写真は広衿の「関西仕立て」の長じゅばんです。

 

「関西仕立て」の長じゅばんは、おくみの部分があるので、身幅が「関東仕立て」より広いです。

 

「おくみの部分」というのは、衿の途中から真下につながる布のところをさします。長じゅばんだと幅8センチほどです。

 

「関西仕立て」は前合わせがゆったりするので着やすく、どんな体型の人にも合う仕立て方です。

 

現代では「関西仕立て」を選択する人の方が多いです。

 

 

広衿とバチ衿の二種類の衿

 

長じゅばんの衿は「広衿」と「バチ衿」の二種類あります。

 

礼装には広衿の長じゅばんを合わせることが多いですが、広衿は扱いが少々面倒なので、現代ではバチ衿仕立ての長じゅばんを仕立てる人が多くなっています。

 

広衿は上の写真のように衿幅がそのままになっていて、半衿をつけてから着付けのときに衿幅を整えます。

 

バチ衿は衿を半分幅におって仕立ててあるので、半衿をくるむようにつけますが、衿幅の調整が不要で着やすいです。

 

現代ではバチ衿仕立ての白い長じゅばんがあれば、おしゃれ着用着物のときにも兼用でき、着るのにも簡便です。

 

 

長じゅばんの季節による着分け方

 

着物を着るときはいつも長じゅばんを着るわけですが、季節によって素材の違い、裏地のあるなしなどの違う長じゅばんを着分けて、温度調節をしていきます。

 

着分ける目安ですが、

 

<裏地付きの長じゅばんを着る時期>

 

裏地付きの長じゅばんを着る時期は、11月から4月。

 

<裏地なしのひとえの長じゅばんを着る時期>

 

裏地なしのひとえの長じゅばんを着る時期は、5月・10月。

 

<絽の長じゅばんを着る時期>

 

夏物で絽の長じゅばんを着る時期は、6月・7月・8月・9月。

 

<紗・麻の長じゅばんを着る時期>

 

夏物で紗・麻の長じゅばんを着る時期は、7月・8月。

 

時期が移る半月ほどの間は、気温の上がり具合や天候によって、自分の体調がよいように着分ければよいです。

 

裏地付きの長じゅばんは、保温力があって寒い季節にふさわしいものなのですが、現代では空調設備が整っていることもあり、仕立てる人は減っているとききます。

 

着物を頻繁に着るわけではない人は、裏地付きの長じゅばんを持たないという人もあるようです。

 

そのあたりは、ご自身の着物ライフに合わせてお考えください。

 

 

そのほかの長じゅばんの役目・裾さばき

 

長じゅばんには、「着物の衿の汚れ防止」と「下着と着物との調整」という二つの役目があって、下着と着物の調整のために季節に応じて着分ける必要があるというお話をしました。

 

もう一つだけ長じゅばんに役目といえるものがあります。

 

それは「着物の裾さばきをよくする」というものです。

 

歩くときに大切な着物の裾が、するすると動きやすいうように、長じゅばんはスベリのよいものを選んでください。

 

長じゅばんの裾さばきがよいと、着物が傷みにくいです。

 

また上等な着物を着る際には、裏地が汚れず傷みにくくするために、長じゅばんの裾丈は着物の裾丈になるべく近い長さにするのがよいです。

 

 

長じゅばんの種類・季節によって着分けるには・まとめ

 

長じゅばんの種類は、「関東仕立て」と「関西仕立て」。

 

現代では「関西仕立て」の方が着やすいのでこちらを仕立てる人が主流。

 

季節による長じゅばんの着分け方は、上記の基準ですが、季節が変わる2週間ほどの間は体調や気温で判断する。

 

着物を頻繁に着ないなら、バチ衿で関西仕立ての長じゅばんをひとえで仕立てるのが合理的でしょう。

 

着物の裾さばきがよい素材を選ぶと着物の着心地がよくなります。

 

上等な着物には、裾丈が着物丈に近い長さの長じゅばんを。




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方