「譲ってもらった着物が大きい」ときの着こなし方/工夫と対処法!
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

「譲ってもらった着物が大きい」ときの着こなし方/工夫と対処法!

譲ってもらった着物が大きい・・・どうしよう?

「着物を譲ってもらったけど、ちょっと大きいなぁ。。。」

 

そんなとき、あなたならどうしますか?

 

専門家にお直ししてもらう方法も、もちろんあります。

 

でも少々大きいだけなら、着付けするときに解決できることもありますよ。

 

今日は大き目の着物を着こなす工夫をお伝えしますね!

 

スポンサーリンク

 

大きいところはどこですか?確認しましょう

 

まずどこが大きいのかを、確認しておきましょう。

 

  • ぴったりな着物と長さを比べ、どれだけ大きいか知る。
  • 着てみてどれだけ長いのか、大きいのかを確認する。

 

そしてどの部分が長い・大きいのかをメモしておきましょう。

 

あなたの気になっているところはどこですか?

  1. 着物丈?
  2. 身幅(下半身の身幅)?
  3. 上半身の身幅?
  4. 袖幅?

 

ではそれぞれの対処法をお話しますね。

 

 

1)着物丈が長いときの工夫・対処法

 

着物丈は最適な長さは、自分の身長と同じです。

 

対処法は、「おはしょりをたくさんとる」です。

 

丈が長いときは、とにかくおはしょりをたくさんとって自分にちょうどよい丈にしてから、伊達締めでおさえます

 

そのとき腰ひも(第一腰紐)の位置を、できるだけ高いところで締めるようにしてください。

 

そうするとおはしょりになる分が少し減ります。

 

でもあまり高い位置で胸が苦しくなるようなことは避けてくださいね。

 

おはしょりにする生地が重なるので、ウエストの補正はいつもよりは少なめで。

 

 

2)下半身の身幅が広いときの工夫・対処法

 

譲ってもらった着物が大きいときの工夫

 

身幅というのは、体に巻き付けるときの幅です。

 

身幅が広いときの対処法は、

 

できあがりの上前の位置は変えずに下前を余分があるだけ内側に入れ込みます

 

入れ込むといっても下前を背中の方に向かって巻き込んでしまうのでなく、脇のところで折り返します

 

こうすれば足先が狭くなりすぎず、歩きやすいですよ。

 

ただし、あまり折り返しが大きいと、歩いた時下前の裏地がはっきり見えてしまうかもしれないので、それは気をつけてください

 

 

上半身の身幅が広いときの工夫・対処法

 

帯より上の身幅が広いときの工夫と対処法は、

 

胸の脇近くでタックをとるです。

 

後ろ身ごろも同じように左右にタックをとってください。

 

これで身幅がちょっと広いという着物も着用できるようになります。

 

 

4)袖幅が長いときの工夫・対処法

 

袖幅の長さは、腕を自然に降ろしたとき、手首の骨の突起がすっぽり隠れるくらいまでなら、そのままで大丈夫です。

 

手のひらにかかるほどの長さだと長すぎです。

 

この場合は着付けの工夫はできません。(ごめんなさいm(__)m)

 

お直しするのを検討してください。

 

 

「譲ってもらった着物が大きい」ときの着こなし方/工夫と対処法!まとめ

 

着物が大きいときの工夫と対処法についてお話しました。

 

丈が長い、身幅が広い、については着方で対処できます。

 

しかしながら袖幅を狭くする対処法はありません。

 

着心地を最適にするには、お直しを検討してみてくださいね。

 

<関連ページ紹介>

 

反対に「譲ってもらった着物がちょっと小さい」というとき、そんなときも工夫次第で着られるようになります。

 

そんな着付けの工夫はこちらです⇒譲ってもらった着物が小さいときの着こなし方・工夫はここ!




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する