長じゅばんのしわをとりたい!アイロン当てていいの?

長じゅばんのしわをとりたい!アイロン当てていいの?

スポンサーリンク

長じゅばんのしわをとりたい!アイロン当てていいの?

長じゅばんのたたみ方が悪かったのか、衿のそばと袖にしわがついてしまいました。

 

とても気になるので、しわを取りたいのですが、アイロンを当ててもいいのでしょうか?

 

またしまうときはアイロンを当てた方がいいのでしょうか?

 

 

ちゃんとたたんだつもりでも、上下に重なっている着物や長じゅばんを取り出すときに、ずれたりしてしわができることがあります。

 

一枚だけで畳紙に包んであれば、たたんだままの状態が保たれるので、よけいなしわがつくことはないと思われます。

 

しかしながら、長じゅばんを何枚か重ねて収納するのは、私もよくやっています。

 

よけいなしわをつくらないために、収納の仕方の見直しも必要かもしれません。

 

前置きはこれくらいにして。

 

スポンサーリンク


 

長じゅばんのアイロンはOK

 

長じゅばんのしわをとるのにアイロンを当ててもいいかということですが、アイロンを当てても大丈夫です。

 

ただし当て方は丁寧に行ってください。

 

丁寧というと「長くじっくり当てる」と受けとられるといけませんね・・・

 

コツと言ういう意味で、このようにしてくださいね。

 

長じゅばんの材質に適したアイロンの温度を選択し、絹のものは当て布(白い薄い木綿生地で、のりを落としてあるもの)をします。

 

アイロンを押し付けず、長じゅばんにのせるという感覚で、当てる位置を小刻みに移動させてください。

 

しわを取りたいからといって、アイロンを当ててしばらく待つというのはよくないです。

 

すべらすようにアイロンは移動させ、何秒もじっと止めないようにしましょう。

 

この方法でしわが取れない場合は、霧吹きで当て布に霧を吹いて、それを長じゅばんのしわのあるところにのせて、アイロンを当てます(アイロンの当て方は上記と同じ)

 

霧が長じゅばんに飛び散らないように注意して行ってください。

 

材質が木綿の場合は、木綿の適温に、ポリエステルや麻の長じゅばんも、材質に適したアイロンの温度に調整して、同じように行います。

 

(木綿や麻の場合は当て布をしなくてもいいと思いますがアイロン当てに自信がなければ当て布をおすすめします)

 

長じゅばんは着物の下で見えなくなるので、大きなしわは取った方がよいですが、小さいしわはあまり気にしないでもいいかと思います。

 

そしてしまうときにアイロンを当てるかどうかですが、

 

 

しまうときアイロンを当てる?

 

次に着用後のしわが気になる場合ですが、数時間掛けて湿気などを飛ばしてから、アイロンを当てて収納してもよいです。

 

アイロンの熱がとれてから収納してくださいね。

 

数時間掛けておくとウエスト周りのしわはずいぶん取れますから、たたむとき手のひらで軽く押さえて(手のしをする)からたたむことで、次回しわが気にならないくらいになっているでしょう。

 

 

着物のときは長じゅばんのときよりも少し慎重にしわとりをしてくださいね。長じゅばんのときとほとんど変わりませんが、より具体的に書いてあります→着物のしわのばし、アイロンをかける具体的な方法



スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方