入学式(卒業式)のお母様(母親)の着物と準備

卒業式・入学式のお母様(母親)にふさわしい着物と早めの準備のために

スポンサーリンク

56才 あきらめかけていた頬のシミに、いいもの見つけた! リペアジェル

卒業式・入学式のお母様(母親)にふさわしい着物と早めの準備のために

卒業式・入学式のお母様(母親)にふさわしい着物と・早めの準備のために

子供さんの卒業式や入学式に着物で参加したいとお考えのお母様へ。

 

子供さんの成長の節目として、ぜひ着物で記念にのこる日としてください。

 

ただ初めての経験であれば、行事のとき着物を着るのは心配なこともおありですね。

 

ここでは、少しでも着物の不安を取り除いていただき、卒業式・入学式にのぞんでいただけるようお伝えします

 

要は洋服と同様「その場にふさわしい装い」をしていただくことです。

 

詳しくお話するため、最初に「卒業式・入学式にふさわしい着物と帯」のこと、

 

購入や準備でおさええおきたいことなど、順をおってお伝えします。

 

スポンサーリンク


 

卒業式・入学式にふさわしい着物と帯

 

卒業式・入学式ともに学校の行事であり、お母さまは子供さんの付き添いです。

 

卒業式も入学式もどちらも着物で参加するのかどうかを考えます。

 

卒業式と一言でいっても、幼稚園(保育園)の卒業式から、高校の卒業式までありますし、

 

入学式はといえば、やはり幼稚園から大学の入学式まであります。

 

お母さまの年齢もまちまちになりますから、まずは卒業式のお母さまの着物と帯から始めます。

 

 

卒業式にふさわしいお母さまの着物と帯

 

薄い緑色の色無地の着物

 

子供さんの卒業式(小学校・中学校・高校)では、厳かな雰囲気の(落ち着きのある)着物がふさわしいです

 

着物の種類は「色無地」「付下げ」が適しています

 

紋はあってもいいですし、なくてもいいです。

 

着物の色目はピンクや黄などの淡いものでもよいですが、あまり暗い色や派手な色でなければよいでしょう。

 

付下げの模様は古典的な模様、花が清楚にあしらってある模様などがふさわしいでしょう。

 

帯は着物に合わせた袋帯で二重太鼓に結ぶのがふさわしいです。

 

伊達衿はしない方が無難です。

 

※着物の種類は末尾に書いています

 

 

  • 卒業式は落ち着きのある着物がふさわしい。
  • 着物の種類は「色無地」「付下げ」。
  • 二重太鼓で伊達衿なし。

 

 

卒業式の雰囲気とはやや異なる入学式は、どんな着物姿がふさわしいでしょうか。

 

入学式にふさわしいお母さまの着物と帯

 

色無地に二重太鼓

 

子供さんの入学式(幼稚園・小学校・中学校・高校)では、入学を祝う晴れやかな気持ちが表れたものがふさわしいです

 

着物の種類としては、「訪問着」「色無地」「付下げ」です

 

紋はあってもいいですし、なくてもいいです。

 

華やかな雰囲気が望ましいので、色目はピンク、黄、薄い青や緑、ベージュといった色目がよいです。

 

訪問着や付下げの模様は、花柄や古典的な模様がふさわしいです。

 

年齢が上の方は「茶系統・緑系統あるいは灰色系統の地色の着物」を選ぶとよいと思います。

 

帯は着物に合わせた袋帯を用い、二重太鼓に結ぶのが無難です。

 

袋帯の模様はやはり古典的な模様で、柔らかい(淡い)色目が似合います。

 

伊達衿はあってもいいですし、なくてもよいです。

 

※着物の種類は末尾に書いています

 

  • 入学式は晴れやかな雰囲気の着物がふさわしい。
  • 着物の種類としては「訪問着」「色無地」「付下げ」。
  • 二重太鼓で伊達衿があってもよい。

 

 

では卒業式と入学式、別々の着物や帯を用意しなくてはならない?と思われるかもしれませんが、そうでもありませんよ。

 

入学式・卒業式どちらにも向く着物

 

卒業式・入学式のお母様(母親)にふさわしい色無地の着物

 

どちらの行事にも向く着物を用意すれば一番効率的ですよね。

 

そうお考えなら、「色無地で落ち着きのある色の着物」を用意するのがおすすめです

 

ご自分の年齢ではちょっと地味かなというくらいのものなら、今後しばらくの間お召しいただけます。

 

ただ卒業式と入学式の日程が近く、持ち上がりであがる地域では、「同じものを着ている」のがよくわかってしまいます。

 

着物を着る方が少ない地域では、印象に残りやすいですから心にとめておいてください。

 

また記念写真にも残るので、その点も同じ着物でいくかどうかを判断してください。

 

  • 落ち着きのある色無地の着物がおすすめ
  • 卒業式と入学式に同じものを着ているとわかってしまう
  • 記念写真に同じ姿でのこる

 

 

入学式・卒業式に「小紋の着物」はどうでしょうか?

 

小紋の着物と名古屋帯の女性

 

お伝えしたように、卒・入学式にはふさわしい着物の種類があるといいました。

 

着物の知識がない方にとってはそれだけでも堅苦しいかもしれませんが、むしろふさわしい着物があることの方が分かりやすいともいえるんです。

 

というのも、着物の種類で「小紋の着物」という種類があります。

 

小紋の着物は、模様が全体に入っている着物で「おしゃれな外出着」という位置づけです。

 

そのため「○○式」という式典には向かないものです。

 

ですから卒業式・入学式に小紋の着物はふさわしくないわけです。

 

現代は着物の種類を知る人も少ないので、「着物ならよい」「着物は行事用」とお考えのむきもあります。

 

これからの時代は、「小紋もOK」という時代がやってくるかもしれません。

 

ですが、今現在は式典の行事に小紋の着物はふさわしくないです。

 

  • 小紋の着物はおしゃれ着です。
  • 小紋の着物は卒業式・入学式にふさわしくない。

 

 

購入する(あつらえる)際におさえておこと

 

これから購入されるのであれば、このことだけは絶対おさえておいていただきたいです。

 

目的をもち希望をはっきり伝えること

 

たとえば、

 

  • 卒業式にだけ10年くらい利用したい。
  • 入学式以外にも友人の結婚式にも利用したい。
  • 和のおけいこと兼用できる着物にしたい。
  • とにかく長く着られるようなものにしたい。

 

あなたの希望や目的がはっきりわかっているほど、希望をがかなえられるものを提案してくれます

 

今後その着物で、やや改まった席からプライベートなお食事会程度までこなせるものとしては、「付下げ」か「色無地」がおすすめです。

 

 

卒業式・入学式のお母様の着物や帯などの準備

 

入学式も卒業式も日程があらかじめわかっているので、早めに準備を済ませておくようにします。

 

着物などの身につける衣装一式と、履物・バッグの用意そしてもろもろの手配です。

 

予約・手配も早めに

 

着付け、ヘアセットを頼むなら、早めに予約を(地域の学校は日程が同じのため)。

 

美容院への往復はどうするかを決めておく。

 

近くならいいですが、自分で行く?誰かに送迎してもらう?

 

子供さんを頼む人を確保しておく

 

着付けやヘアセットにかかる時間、小さな子供さんがあるならみてもらう人を決めて頼んでおきます。

 

子供さんの入学式・卒業式の準備もあります。

 

幼い兄弟がある場合や、兄弟の式典とのバッティングがある場合どうするか。

 

お母さまが着物で出席するには、そうした周辺の準備から固めていかなくてはなりません。

 

 

お着物を着るお母様に必要な準備

 

着付け当日、「○○が足りない!」ということのないよう準備をしておきましょう。

 

  • 着物を着るのに必要なものを並べて点検する。
  • 特に補正にかかるタオルやガーゼなどの小物の確認を忘れないように。
  • 着付けを頼む場合は日時の再確認をする。

 

着物を着るのに必要なものを掲載しておきます。

 

<着物を着るのに必要なもの>

 

  • 訪問着など着物、袋帯、帯締め、帯揚げ、お太鼓枕、長襦袢、衿芯、半衿(取り付けておく)、腰紐、伊達締め、ベルト
  • 下着、補正用タオル、足袋
  • 草履、バッグ
  • 寒い季節ならコートや羽織・ショール
  • 雨の準備として、雨草履または草履カバー、雨コート、足袋カバー

 

卒業式・入学式のお母様(母親)にふさわしい着物と早めの準備のために・まとめ

 

卒業式・入学式、ふさわしい着物や帯を準備して、着付けるのに不足がないよう早めに準備しておきましょう。

 

着るもの以外にも美容院への予約や行き来、かかる時間なども準備の一貫です。

 

お母さまは付き添い、子供さんの準備と当日の周辺事情の配慮を確実に。

 

 

着物の種類をざっくり説明

 

訪問着とは

 

衿胸身頃などに柄がつながっている着物です。

 

付下げとは

 

模様がすべて上をむいて描かれている着物です。

 

色無地とは

 

一色の色で染めてある着物です。

 

子供さんのご卒業・ご入学おめでとうございます!

 

晴れの日を思い出の一日にしてくださいね。

 

 

もしも当日が雨だったら・・・の不安がある方はこちらも参考にしてね⇒「着物で入学式・パーティ雨ならどうする?ぬれない工夫と足元の対策

 

 

上記で書ききれなかったことで、お知らせしたいこと。

 

「洗える訪問着の着物」

 

この頃では「洗える訪問着の着物」や「洗える袋帯」が販売されています。

 

絹に近い質感のもので、東レ・シルック、テイジン・シルドールなどの素材でできています。

 

見かけも正絹のものと遜色ないものもありますから、もしもの雨用に用意してもいいかもしれません。

 

 

「江戸小紋の着物について」

 

「江戸小紋の着物」はここでは候補にあげていませんが、江戸小紋の中でも「小紋三役」と呼ばれている「鮫」「行儀」「通し」の三種類のものは卒業・入学式にふさわしい着物の仲間です

 

これらに一つ紋をつけると略礼装となるのですが、紋をつけなくてもよいと思います。

 

その他の江戸小紋で、生活用品や草花などの柄は、おしゃれ着になるので卒業式や入学式には向きません。




スポンサーリンク




56才 あきらめかけていた頬のシミに、いいもの見つけた! リペアジェル



皮膚科医



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

関連ページ

春秋冬の三シーズンに着られる着物で着回し・コーディネートしやすいきもの
季節を問わない着物姿(普段〜お出かけ着)40代以降の例・青系きもので
着物コーディネート紬(つむぎ)・40代以降のおしゃれ着の例
袴姿(女性の卒業袴)の着付け方法・ポイントおさえて着崩れなし
卒園式が楽しみ・素晴らしい訪問着で笑顔のRさん
お正月初詣の着物コーディネート・お友達と行く場合
着物でクリスマスコーディネート・手持ちでできる大人なアレンジ(40代〜)
絶対自分で!華やかな訪問着の着付けをマスター・お友達と一緒に
真冬に浴衣のけいこ・その日におさらいで着実に上達のFさん
お茶のお稽古に着物でTさんの二重太鼓の練習風景
お嬢様の成人式に参列・訪問着の自装練習中のSさん
七五三詣り二児のお母様として訪問着の練習中の知世さん
秋の始まりの着物姿・紅葉の柄の帯をいつもの着物に
訪問着に二重太鼓・品のよい色気を考えながら着こなす梨紗さん
芯なし昼夜帯(腹合わせ帯)のアレンジ結び・春秋冬のプライベート着物に
おろしたての麻名古屋帯で装う涼やかな夏のお出かけ着の恵さん
他装(浴衣を着せてあげる)の基本をマスター・浴衣姿がお手本になるゆき子さん
一度の練習で浴衣モデルに・祐子さんの選んだコーディネート
教員(先生)の袴姿・送る立場でのふさわしい着物と袴選び
絽の紅型着物に麻の帯で誰にも負けない上質なおしゃれのKさん
初夏に楽しみたい縞木綿(しまもめん)の着物・特徴と産地・帯の合わせ方
麻着物と絽の袋名古屋帯で装う夏のコーディネート例(40代50代以降)
盛夏(7・8月)のおしゃれ着物コーディネート例3つ(薄物カジュアル)
歌手坂本冬美さんの紅白歌合戦の衣装・着物でブーツ姿がステキでした

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方