入学式(卒業式)のお母様(母親)の着物と準備

入学式(卒業式)のお母様(母親)の着物と準備

スポンサーリンク

入学式(卒業式)のお母様(母親)の着物と準備

色無地に二重太鼓の胸元あたり

子供さんの入学式や卒業式の行事に着物で参加したいとお考えのお母様へ。

 

子供さんが迎える入学式や卒業式、おめでたいい行事ですのでぜひお着物でお出かけください。

 

でも初めての経験であれば、行事のとき着物を着るのは心配なこともおありですね。

 

洋装で悩む場合よりも、和装の悩みの度合いは大きいかもしれません。

 

洋服の時も同じですが、着物にも「その場にふさわしい装い」がありますので、予備知識をもっておきたいものです。

 

どんな着物や帯で、あるいは準備はどのようにするかなど、知っておいた方がよいこと、心得ておきたいことなどをまとめましたので、参考にしてくださいね。

 

入学式のときと卒業式のときでは若干着物の選び方は違ってきます。

 

そんなことからまずお話します。

 

スポンサーリンク


 

入学式にふさわしい着物帯・卒業式にふさわしい着物帯

 

入学式にふさわしい着物帯

 

色無地に二重太鼓

 

 

子供さんの入学式(小学校・中学校・高校)では、子供さんの付き添いという立場で、入学を祝う晴れやかな気持ちが表れたものがふさわしいです。

 

着物の種類としては、「訪問着」「江戸小紋」「色無地」「付下げ」です。

 

紋はあってもいいですし、なくてもいいです。

 

華やかな雰囲気の方がいいので、色目はピンク、黄、薄い青や緑、ベージュといった色目を。

 

訪問着や付下げの模様は、花柄や古典的な模様がふさわしいです。

 

年齢が上がると淡い色合いの着物が似合わなくなったり、太って見えるから避けたいという方は、茶系統・緑系統あるいは灰色系統の地色の着物を選ぶとよいと思います。

 

帯は袋帯を用い、二重太鼓に結ぶのが一般的です。

 

袋帯の模様はやはり古典的な模様で、柔らかい(淡い)色目が似合います。

 

伊達衿はあってもいいですし、なくてもOK。

 

 

卒業式にふさわしい着物帯

 

薄い緑色の色無地の着物

 

子供さんの卒業式(小学校・中学校・高校)では、やはり子供さんの付き添いという立場ではあっても、厳かな雰囲気の(落ち着きのある)着物がふさわしいです。

 

着物の種類は「江戸小紋」「色無地」「付下げ」が適しています。

 

紋はあってもいいですし、なくてもいいです。

 

着物の色目はピンクや黄などの淡いものでもよいですし、あまり暗い色や派手な色でなければよいでしょう。

 

付下げの模様は古典的な模様、花が清楚にあしらってある模様などがふさわしいでしょう。

 

帯は袋帯を用い、二重太鼓に結ぶのが一般的です。

 

伊達衿はしない方が無難です。

 

 

入学式・卒業式に小紋の着物はどうでしょう?

 

着物の種類で「小紋の着物」と呼ばれるものがあります。

 

小紋の着物は、模様が全体に入っている着物で「おしゃれな外出着」という位置づけです。

 

そのため「○○式」という式典には向かないものです。

 

それでも近年は着物の知識が浸透していないからか、お手持ちの着物の種類が少ないからか、卒業式・入学式に小紋の着物で参列されているお母様もあるようです。

 

これからの時代は、小紋もOKという時代がやってくるかもしれません。

 

着物をレンタルするか誂えるかでお考えなら、入学・卒業式には「付下げ」か「色無地」を選ぶようにすると、今後の改まった席への利用ができお得だと思います。

 

 

入学・卒業式のお母様の着物や帯などの準備

 

入学式も卒業式も日程があらかじめわかっているので、早めに準備を済ませておくようにします。

 

着物などの衣装一式と、履物、バッグの用意。

 

着付けを頼むなら予約を。ヘアセットを頼むなら予約を。

 

まだあります。

 

美容院への往復はどうするか、近くならいいですが、車で行く?誰かに送迎してもらう?

 

着付けやヘアセットにかかる時間、小さな子供さんがあるなら誰にみてもらうかを決めて、頼んでおく。

 

子供さんの入学式・卒業式の準備もあります。

 

母親としての自分の準備だけならよいですが、幼い兄弟がある方や、手伝ってもらえる大人がいないとなれば、着物で付き添うのは難しくなるかもしれません。

 

まずはそうした周辺の準備から固めていくのがよいでしょう。

 

 

お着物を着るお母様に必要なもの

 

普段着物をお召になっていない方や、着付けを他で頼まれる場合に、「当日持ち物が足りない!」ということのないよう準備をしておきましょう。

 

着物を着るのに必要なものを並べてみますが、着付けを頼まれる場合はあらかじめ確認をとっておくと安心です。

 

特に補正にかかるタオルやガーゼなどの小物の確認もお忘れないように。

 

<着物を着るのに必要なもの>

 

・付下げなどの着物、袋帯、帯締め、帯揚げ、お太鼓枕、長襦袢、衿芯、半衿(取り付けておく)、腰紐、伊達締め、ベルトなど、

 

・下着、補正用タオルなど

 

・草履、バッグ

 

・卒業式の寒い季節ならコートや羽織またはショール

 

・雨の準備として、雨草履または草履カバー、雨コート、足袋カバー

 

 

雨天の場合の準備

 

雨用草履

 

式当日雨天の場合は、雨草履(草履カバー利用でも)を履いて雨コートを着ます。

 

雨コートを着る前に、着物の裾をめくり上げて帯のところで腰紐でしっかり留めておき、雨にあたらないようにします。

 

着付けそのものも裾を短めに着つけるようにすると安心です。

 

雨コートは式場の付近で脱いで、着物の裾を戻して整えてください。

 

雨コートを入れる防水の入れ物も忘れないように用意しましょう。

 

雨が激しいときは、長襦袢を化繊のものにしておくとさらに安心です。

 

足袋カバーを重ねてはいておき、上履きを履くときに脱ぐようにするとよいです。

 

それでも足袋が濡れてしまうかもしれないので、足袋の替えを用意しておくと安心です。

 

 

前日が雨で足元が悪いと予想されるときは、足袋カバーを重ねてはいておき汚れたら脱げるようにしておきます。、

 

ぬかるみを歩かなくてはならない場合は、跳ね上げがないようかかとを外にけるようにして跳ね上げを出来る限り防ぎます。

 

あるいは学校の玄関まで車を利用する(タクシー利用)。

 

雨降りに上等な着物を着ているのは不安ということなら、取りやめも検討しましょう。

 

もし雨のときに着物をやめるなら、当日朝変更できるよう洋装の準備一式もしておきます。

 

 

入学式・卒業式のお母様(母親)の着物と準備のまとめ

 

入学式・卒業式にそれぞれふさわしい着物や帯を準備して、着付けに不足がないよう早めに準備しておきましょう。

 

着るもの以外にも美容院への予約や行き来、かかる時間なども準備の一貫です。

 

着付けを依頼する場合は、不足がないか事前に確認をとっておくと安心です。

 

雨天の場合の準備もしておきましょう、着物や足袋が濡れないように配慮して過ごしてください。

 

 

子供さんの入学式・卒業式は親も子も記念に残る一日ですから、着物で気持よく参加なさってくださいね。

 

「洗える訪問着の着物」

 

この頃では「洗える訪問着の着物」や「洗える袋帯」が販売されています。

 

絹に近い質感のもので、東レ・シルック、テイジン・シルドールなどの素材でできています。

 

見かけも正絹のものと遜色ないものもありますから、雨の日用に用意してもいいかもしれません。

 

雨でも平気だからと、コートなしで雨の中をあまりに平気で歩いていると、「洗える着物なのね」と想像されることにはなりますが。

 

(きらこよしえ)

 

 

「江戸小紋の着物について」

 

江戸小紋の着物もふさわしいとしていますが、江戸小紋の中でも「小紋三役」と呼ばれている「鮫」「行儀」「通し」の三種類のものが適しています。

 

これらに一つ紋をつけると略礼装となるのですが、紋をつけなくてもよいと思います。

 

その他の江戸小紋で、生活用品や草花などの柄は、おしゃれ着になるので卒業式や入学式には向きません。

 

(きらこよしえ)




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方