「着物を着てどこに行ったらいいの?」きものでお出かけしたいけど・・・

「着物を着てどこに行ったらいいの?」きものでお出かけしたいけど・・・

スポンサーリンク

「着物を着てどこに行ったらいいの?」きものでお出かけしたいけど・・・

着物に興味があって着てみたいという人から、よくいただく質問がこれ。

 

「着物を着てどこに行ったらいいの?」
です。

 

きっと「着物という衣装が特別なもの」と思われているのでしょうね。

 

冠婚葬祭用はイメージが浮かぶかもしれませんが、おしゃれ着としての着物となると、どこに着ていくのかわかりづらいということでしょう。

 

その人の年齢やライフスタイルによって、答え方に迷いますので、以下のおすすめを参考にしてくださいね。

 

着物への親しみ度によって、「初心者」「中級」「上級以上」とわけてまとめますが、あまりこだわらないで大丈夫です。

 

 

着物への親しみ度「初心者」向け・きものでお出かけ先

 

きものをなんとか着られるようになってきた人は、まずはイベントに行ってみましょう。

 

たとえば夏の浴衣シーズンのイベント、そして結婚式などのおよばれに。

 

 

夏祭り・花火大会をはじめとする夏のイベントに浴衣でお出かけ

 

浴衣姿の若い女性ひとり古い町並み

 

浴衣の着付けは着物よりは簡単です。

 

まずは夕刻から夜の夏祭りや花火大会に行ってみましょう。

 

というのも暗いせいでちょっとした着方の難点があってもわかりにくいのと、浴衣の人が多いので気後れしないからです。

 

少し慣れてきたら、夏の昼間のイベントにも着てみてください。

 

人に見られること、乗り物での動作など、徐々に慣れていってください。

 

スポンサーリンク


 

結婚式・披露宴への参加

 

振り袖と袋帯の変わり結び

 

友人として参列する機会があれば、未婚なら振り袖を、既婚なら訪問着や色無地などを着るチャンスです。

 

着物初心者がどうして?という疑問があるかもしれませんが、自分で着つけなくてかまいません。

 

プロに着つけてもらい、上質な着物の着心地を感じて、会場でおしとやかに短い時間を楽しむだけです。

 

着物はレンタルすればいいですし、自分に合いそうな着物を選ぶ目も養えます。

 

それに親族の方にも喜ばれます。

 

 

近くの喫茶店や本屋へ行く

 

散歩を兼ねて歩いていける範囲のカフェ(喫茶店)でお茶をしたり、ランチをしましょう。

 

着物に慣れないうちは、下駄や草履で歩くのにまず慣れることも大切です。

 

出かけてから帰るまで1〜2時間程度ですむようにして、歩く・座るなど基本的な練習になります。

 

またお茶や食事をするときの動作にも、慣れることができます

 

ピンク色の紬着物に帯締めの変わり結び

 

 

着物親しみ度「中級者」向けきものでお出かけ先

 

浴衣や着物を数回経験したら、もう初心者は卒業です。

 

これから着物に親しむ機会をさらに設けて、着物の着心地を確かめたり所作などを身につけていってください。

 

中級者の方のお出かけ先としては、やはりイベントを中心に提案します。

 

自分だけでなく周りの人と一緒に楽しめることが、「着物通」への近道でしょう。

 

 

「着物を着て街歩き」、「○○商店街を着物で歩こう!」など城下町や商店街などで町おこし等の目的で行われているイベントに参加

 

街の雰囲気を盛り上げる効果のある着物イベントなので、参加すると楽しいです。

 

着付けのサービス、きものや履物のレンタルもあり、自前で揃えられなくても参加できます。

 

また着つけてもらうとどう違うのかも体験してもいいでしょう。

 

初対面の人と出会うチャンスですし、着物の話題を通じて仲間ができるかもです。

 

 

京都で遊ぶ

 

京都には着物を着ている人へのサービスが沢山あり、「着物パスポート」を利用すれば特典がついてきます。

 

「着物パスポート」では、特典協力施設や店舗での飲食の割引、お土産の割引、寺社への優待割引、宿泊施設での割引などの特典が受けられます。

 

「着崩れレスキュー」としてお助けどころも設けられていて、着物慣れしていない人も安心できます。

 

またレンタルが充実していて、宿泊ホテルで返却できたりもします。

 

京都ほど充実はしていないにしても、鎌倉や金沢などでも、着物をレンタルして街歩きができ、割引特典が受けられるような観光地もあります。

 

 

子供の七五三・卒業式・入学式へ着物で参加

 

行事に着物で参加するようにしましょう。

 

自信をもって参加できるようになるいい機会です、しっかり練習しましょう。

 

行事の間の数時間だけ、上質な着物を着て緊張感をもって過ごすと自信がつきます。

 

 

年始のあいさつ・パーティーなど

 

一定の場所にいるだけでなく、乗り物にのったり一定の距離を歩くなど、屋外で数時間過ごすことができるようになりましょう

 

たとえば、年始のあいさつ、クリスマスパーティー、お花見などにも、積極的に着物で行きましょう。

 

気温の変化や天候によって、羽織ものやコーディネートを考えるのに適してます。

 

 

ちょっと高級な浴衣を着物風に着てお出かけ

 

浴衣を着物のように着るというのは、半衿をつけ、足袋をはき、お太鼓結びをすることになります。→「浴衣のときの名古屋帯と半幅帯・合わせ方も紹介してます」

 

出かける先は、友人とのランチ、百貨店へのお買い物、展覧会、コンサートなど。

 

ちょっと改まった印象になり、夏に目立つ装いですが、経験すると自信につながります。

 

 

ランチ、ディナーに行く

 

レストランテーブルとイス

 

着物を着て食事に行く機会を作りましょう。

 

きものを汚さない工夫をしたり、座り方や歩き方などに気を配りながら練習するつもりで。

 

パートナーや友人など気心のしれた人と一緒に行って、食事の場に慣れましょう。

 

 

和のお稽古事に行く

 

日本のお稽古事には、着物での立ち居振る舞いが適したものが多いです。

 

お茶やお花、お習字、お香をはじめ、三味線やお琴を習う、和歌や俳句を習うなど、興味のあるお稽古を始めて着物を着る機会を増やすのもいいことですね。

 

 

美術館、コンサート、発表会、ショッピングなどに行く

 

ひとりでもいいですが、友達と連れ立って美術館やコンサート、展覧会、発表会などに行ってみます。

 

お連れ様も着物好きならなおいいですね。

 

外出時間が数時間以上の外出をどんどんしてみましょう。

 

所作や身のこなしにいろいろと気付きがあるはずです。

 

試着がなければお買い物にも困りません。

 

 

着物親しみ度「上級者以上」向けきものでお出かけ先

 

着物を着る経験が重なって、一通り着られるようになっていれば上級者です。

 

上級者ともなればもうどこへでも着物でお出かけしてください。

 

 

相撲、野球などのスポーツ観戦

 

大相撲は近頃「和装DSY」と銘打って、着物で相撲観戦に来た人にサービスを凝らしています。

 

たとえば2016年(平成28年)1月場所では、二日間和装dayを設けて、先着400名に非売品のガーゼタオルをプレゼントしていました。

 

確か前の年の7月の名古屋場所では「オリジナル扇子」がプレゼント品でした。

 

その他、力士とツーショット写真を撮れたり、お姫様抱っこをしてもらえたりといった企画もありましたよ。

 

国技館では着物レンタルもあるようです。

 

※最新情報!2016年3月場所(大阪)では、和装での来場者に手ぬぐいをプレゼント。初日?千秋楽(15日間)もれなくです。

 

手ぬぐいは、黒と黄の二色で力士とトラが睨み合う場面のもので、3月場所だけの限定品です。

 

 

野球では私の地域では「浴衣で行くドーム夏祭り」がすでに10回以上続いていて、観戦ムードを盛り上げています。

 

 

着物で旅行に行く

 

旅館の部屋

 

一泊以上の宿泊旅行に行ってみましょう。

 

温泉旅館に泊まるだけでなく、旅行中のすべてを着物で過ごします。

 

日本各地の名所旧跡を巡るもよし、電車の旅で知らない街を訪問してみるのもいいですね。

 

着替えや持ち物手荷物などに工夫をして、着物で過ごす時間を堪能しましょう。

 

 

居酒屋・気軽なお酒の席に行く

 

お友達と気軽に呑んでんで楽しめる夜のお酒付きの食事に行く。

 

着慣れてくるとお酒が入っても大丈夫、行き先に合った装いを選ぶのもまた楽しいです。

 

 

伝統芸能の観賞・寄席へ

 

日本の伝統芸能の観賞へ、着物のコーディネートをしっかり考えておしゃれしてみるのも上級者ならではの楽しみです。

 

能、歌舞伎、日本舞踊、浄瑠璃など日本の伝統芸能を楽しむなら、ぜひ着物で行きたいもの。

 

こうした場には「きものの達人」も多いので、演目やホールの予備知識をもって装いを考えてお出かけください。

 

もっと気軽な落語や講談などが上演される寄席へも、気軽な着物で楽しんでください。

 

 

着物は楽しめばいいです

 

着物を楽しめるようになるには、何度も着物を着て出かけ、経験を積むことです。

 

最初は緊張するかもしれませんし、着崩れしやしないか、変なところを指摘されやしないかとか心配にもなりますね。

 

いきなり失敗するかもと不安であれば、なるべく普段家にいるときにきものを着て過ごしてください。

 

着る機会が多いと、どんな風に体を動かしたらいいか、裾や袖の扱いにもなれてきものに馴染んできます。

 

要は「きものに慣れる」ということですね。

 

 

普段に楽しむために

 

着物は普段に着るものもあるんですよ。

 

木綿や洗える着物や帯を利用して、帯は半幅帯や兵児帯にすれば気軽な普段着です。

 

テーブルで食事をする、ソファでごろんと寝そべってみる、洗濯ものを干したり、料理をしたりするなど。

 

いつもの家事を着物でするなら、割烹着などの袖が邪魔にならないものを着用して腕を動きやすくしておきましょう。

 

家の中なら気兼ねせずに着物に慣れる練習ができますよ。

 

そして普段着の着物になれたところで、2〜3時間で帰ってこられるところに出かけて行って、経験をつみ自信をつけていってください。

 

余分かもしれませんが、一応着物では適さないところもあげておきます。

 

 

着物で行くのはよくないところ

 

以上見てきたように、たいていの場所へは着物で出かけることができますよね。

 

でもやめた方がいいところもあります。

 

それは脱ぎ着に時間がかかると周囲に迷惑がかかるようなところです。

 

それと帯や裾が邪魔になってリラックスできないところです。

 

具体的には、

 

脱ぎ着に時間がかかり周囲に迷惑がかかるところ

 

▼病院(診察があるため)

 

▼洋服を買いに行く(試着のための脱ぎ着に時間がかかる)

 

▼美容院に行く(パーマやカラー、カットは美容師さんが嫌がりそう。シャンプーなしのセットだけなら良さそう。)

 

▼スーパー銭湯・温泉・リラクゼーションマッサージ・エステティックサロンなど(着物の脱ぎ着に時間がかる)

 

▼スポーツクラブに行く(脱ぎ着に時間がかけられればOK)

 

 

帯や裾が邪魔になってリラックスできないところ

 

▼足裏マッサージ・足湯に行く(帯がジャマになる、水滴が裾に付く可能性あり)

 

 

着物では不向きなもの・動作

 

昔着物しか衣服がなかった時代は、スポーツも着物を着て行っていたのですが、やはりスポーツ全般は不向きです。

 

また登山や長距離を歩くのも不向きですね、当たり前ですね。

 

 

「着物を着てどこに行ったらいいの?」きものでお出かけしたいけどのまとめ

 

着物への親しみ度によって、「着物を着て行く場所」を具体的にあげてみました。

 

着物を着ていては不向きな場所をいくつかあげましたが、それ以外の場所へは行けますね。

 

きものに慣れないうちは、着ている時間が少なく、屋外の移動が少ないところから始めてください。

 

着物姿の女性はまだまだ少数派でしょう?そのため羨望と不審の目(いろんな思いがあると思いますが)で見られることもあります。

 

他人の視線は気にせず、「自分が心地よい」ことを優先して、場数をふんで慣れていってください。

 

 

着物の達人について

 

着物に親しんでいる「達人」ともなると 着物姿で自転車に乗ったり、車の運転をしたりする人もあります。

 

毎日着物で過ごすことを日課としたり、職場に着物を着ていくという人も。

 

妊娠中でも着物で過ごすという達人もあったりします。

 

そんなびっくりな人にならなくても、自分がどんなシーンで着物を着たいのかを考えて、自分の希望に近づいていけばいいですね。

 

場面にあった着物を着るのは大切ですから、そういう学びも楽しめるようになれるといいですね。

 

私の生徒さんで20代後半の方ですが、、男性ばかりの将棋の会に紅一点で小紋のお着物で行かれましたよ。

 

すると皆さんからお褒めの言葉があったそうで、ご満悦で報告してくださいました。

 

着物でいけるところは、いろいろありますね。

 

(きらこ よしえ)



スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する