朝ドラ「あさが来た」にみる帯締めの歴史

朝ドラ「あさが来た」にみる帯締めの歴史

スポンサーリンク

朝ドラ「あさが来た」にみる帯締めの歴史

昼夜帯明治大正昭和初期

明治時代の女性実業家広岡浅子の生涯を描いたドラマ「あさが来た」。

 

今放送中の時代は明治27(1894)年、日清戦争が起こり、軍需景気で明治の日本は沸いている頃です。

 

銀行の事業も炭鉱の事業も軌道にのせ、婦人雑誌や新聞に取り上げられる名士になっています。

 

そんなあさが次に打ち込もうとしているのが女子教育で、女子大設立へと突き進んでいるところです。

 

この時代になると、あさやあさのお義母さんの姿を見ていると、以前と違っているところに気がつきます。

 

それは帯締めをしていることです。

 

それ以前の衣装では帯を広い幅で締めているのですが、帯締めはしていません。

 

帯締めとはいっても現代よく使われている組紐の帯締めではなく、布の帯締め、つまり丸ぐけの帯締めです。

 

明治20年代から30年代のころは、まだ女性の帯締めは丸ぐけのものがほとんどで、組紐の帯締めが先進的な女性によってようやく使われ始めた頃です。

 

スポンサーリンク


 

帯締めの歴史・豆知識

 

そもそも「帯締め」の始まりは文化年間(1804年〜1817年・江戸末期)で、当時人気のあった歌舞伎役者が衣装の着崩れを防止するために、帯の上に紐を締めたことがその始まりとされています。

 

その姿がカッコ良かったのでしょうね、それを真似るのが女性の間で流行し、「これは便利だわ」ということから「帯締め」が庶民にも定着していきます。

 

この時代は細い棒状にした綿を、布でくるんで縫い留めた(くけた)ものが帯締めです。

 

組紐の帯締めが使われるようになるのはもっと後ですが、組紐が帯締めになるにあたっては、明治9年(1876年)の「廃刀令」が関係しています。

 

刀を持たなくなったことで、刀の下緒(さげお)に使われていた組紐がいらなくなりました。

 

そのため組紐職人の仕事が減り、技術を帯締めの組紐に生かすようになったという経過があります。

 

帯締めとして組紐を使い出したのが明治の中期ごろのようで、様々な組紐ができ広まるにつれて、丸ぐけの帯締めとともに併用され、次第に丸ぐけの紐は使われなくなっていきます。

 

 

組紐の帯締めが主流なワケ

平組帯締め

 

帯締めには大きくわけて「丸ぐけの帯締め」と「組紐の帯締め」があります。

 

帯締めには帯を留めておく力がかかりますから、布よりは組紐の方が強度があることでしょう。

 

また種類も多く変化にとんだ組み方があり、何色も使った編み方も可能なのでより装飾性があります。

 

組紐が主流になったのには、このように丸ぐけ紐よりも良い点が多いから当然でしょう。

 

現代丸ぐけの紐を使うのは、花嫁さんの帯締めと黒留袖の帯締めくらいです。

 

それさえも組紐の方が圧倒的に多くなっていると思います。

 

 

朝ドラ「あさが来た」にみる帯締めの歴史まとめ

 

NHKの朝ドラ「あさが来た」で明治20〜30年代の時代背景では、女性の帯を留める帯締めは「丸ぐけ帯締め」がほとんどです。

 

この時代以降に、組紐の帯締めが登場するようになりますが、庶民が組紐の帯締めをするのはずっと後になてから。

 

丸ぐけの帯締めは手製で作れるもので、綿を棒状にして布でくるんだものです。

 

現代は組紐が当たり前ですが、大正時代の着物の着こなしに人気があり、その着こなしをするにあたっては、「丸ぐけの帯締め」を合わせることも多いです。

 

 

現代ではファッションとしての着物を自由に楽しめるので、「平組の帯締め」「丸組の帯締め」を使い分け、時に「丸ぐけの帯締め」も利用して、好みの着こなしを楽しんでください。

 

「丸ぐけの帯締め」は細いものなら半幅帯にも合いますし、カジュアルな着こなしができるでしょう。

 

「丸ぐけの帯締め」を自分で作ってみたくなったら→ 丸ぐけ帯締め(丸ぐけひも)の作り方・誰でもできる写真手順付き←綿でなく毛糸を入れる簡易版で紹介しています。

 

丸ぐけ帯締め




スポンサーリンク




関連ページ

振袖の他装二つ目の変わり結びは自前の練習帯で
ソメイヨシノ満開の御用水跡街園黒川で
他装を学ぶ訪問着と二重太鼓・礼装着付けの基本を
着物着付け他装を学ぶ・最初は浴衣で文庫を
織田信長の岐阜城で濃姫の打掛・信長様にも会えた
着物美と意識・池田重子コレクション日本のおしゃれ展で
池田重子コレクション日本のおしゃれ展でお嬢様四人・鑑賞のツボ
腰痛ひざ痛改善ストレッチ・予防としても40代50代の女性向き
振袖着付けから始める他装の練習Oさん
しだれ梅の名所でらファーム・ほんのりうっとりフォト(愛知県天白区)
着物姿の梅子ちゃんとろくでないチンドン隊・梅まつりは今
大河ドラマ井伊直虎ゆかりの地掛川城と「虎」の掛け軸
下駄で筋力とバランス感覚アップ・足腰の健康に欠かせない?
2017新成人おめでとうございます・女優芸能人とも見まがう美女たち
熱田神宮へ初詣・吉・本年も宜しくお願い致します
座布団型お手玉をプレゼント・そろいの巾着に入れて孫子と遊ぶ
着物日和デー・名古屋市西区円頓寺商店街
生糸ひき体験・蚕の一生を知り大切に着物を着る
紅葉情報2016年・北海道は9月初旬遅いところは12月上旬までなのですね
郡上八幡の郡上踊り・浴衣着付けとレンタルできるところは?踊り好きが着ている浴衣
レースの羽織り(裏地あり)の時期と季節について
伊勢型紙からできたイオンのオリジナル浴衣2016がステキ!
皇居の花見「皇居乾通り一般公開」2016年3月下旬
ウール製品のお手入れ収納・虫食い防止方法
女優高島礼子さんの美しすぎる秘密
山本陽子さんの輝き続ける秘訣・着物で稟と美しくイキイキと
お手玉遊びで集中力アップと認知症予防
五代ロスでがっかり・その後のびっくりぽんな展開って?
着物アレンジの浅田真央選手の衣装にうっとり
熱田神宮の七五三(2015年10月の祝日)和服姿の子供たち
七五三のお母様N様のお着物姿(付け下げ訪問着と二重太鼓)
浴衣に合わせるならかごバック?巾着?他には何がいい
米沢織りは世界に羽ばたく
捺染(なっせん)工場の玄関には「就業中面会謝絶」の札が
大河ドラマ「花燃ゆ」の特別展示品
入園式に色無地が着られるようになるためのOさんのお稽古
鹿児島県奄美市では大島紬の振袖で成人式に出席、モダンな存在感
成人式の前撮りのお嬢さんたち(着付け師のひとり言)
リーディングが大切ということで手始めはこれから
着物の魅力を教室で外国の方に伝えるために
新たに追加した内容、温泉浴衣の着方、京都で磨くゆかた美人「帯結びのアレンジ」など
息子も花火大会に浴衣を着たいと言い出しました
「TOMIOKA!」富岡絹の糸が世界遺産に、万歳!
浴衣で打ち水・ひんやり感がじんわりと
プチ兵児帯のアレンジ・子供浴衣着せ方などをのせました
今年2014年はレトロ柄の浴衣が人気だそうです
浴衣のレンタル事情、浴衣のときの下着はどうしたらいいか?をまとめました
振袖の着付けの特訓をしていました
浴衣の洗い方をまとめました
着物のとき必要なものや準備するものをまとめました(お太鼓結びの場合です)
「浴衣で入門 ゆかたでお出かけできるまで」の電子本ができました
きものや浴衣の帯が緩んで困ったときの対処法を詳しくかきました
2014年の浴衣古典的な浴衣が主流になるのかな?
男性の浴衣着付け方法と帯結びをまとめました
浴衣のたたみ方・浴衣の襟合わせの仕方
浴衣の着方と簡単だけど見栄えのいい浴衣帯の結び方を写真で解説しました(女性用)
今までに受けた質問にこうお応えしました
「洗える着物・洗える帯」どれも洗濯機任せで大丈夫?
アンティークの深い緑色の帯のあき子さん
よく聞かれる質問をまとめました
いよいよ作り帯の作り方にはいりました
着物リメイクで和小物を
「付け替え袖(うそつき袖)の作り方と取り付け方」などをまとめました
リメイク・繰り回しや着物生地の再利用をまとめています
「着物のある暮らしを支える優れもの」をまとめました
「着物を着るときの小物を手作りする」をまとめました
「着物を長く愛用するために」自分でもできるお直しや工夫をまとめました
譲ってもらった着物の着こなしについてまとめました
袋帯の帯結びを四種まとめました
着物に合わせる小物についてまとめました
半衿と伊達衿の取り付け方についてまとめました
着物の喪服の時の装いについて追加しました
兵児帯の結び方や補正用品の作り方などを追加
朝ドラ「ごちそうさん」半衿も見所だわ
着物生地リメイク(繰り回し)でバラのリース
新しい着物生活ブログを始めます。





  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方