伊達締め・だて巻きとは・役目と使い方

伊達締め・だて巻きとは・役割、結び方と使い方

スポンサーリンク

伊達締め・だて巻きとは・役割、結び方と使い方

伊達締めだて巻き

「伊達(だて)締め」または「だて巻き」という小物は、着物を着る時に使いますが、その名前を聞いただけでは何かよくわかりませんね。

 

伊達(だて)という言葉には、粋とかおしゃれとか華美に見せるという意味合いと、今でいうやんちゃなという意味合いがありますが、着物のときに使う伊達締めには、そのどちらの意味もないようです。

 

また「だて巻き」とばれることもあって、いくつかの種類があります。

 

まずどんなものが「伊達締め」なのか「だて巻き」なのか、その役割や結び方をみていきます。

 

スポンサーリンク


 

伊達締め・だて巻きの種類

 

もともとは「伊達締め」という商品があったわけではなく、「細い帯」だったようです。

 

「細い帯」が扱いやすいように改良されて、帯とは違う製品ができたという流れのようです。

 

現在入手できる伊達締め・だて巻きにはこういうものがあります。

 

 

 

博多織りの伊達締め

 

伊達締めだて巻き

 

中心110センチほどが厚く織られていて、体にフィットしやすくなっています。

 

二重に巻きます。幅約10センチ全長約220センチ。

 

 

芯入り化繊の伊達締め

 

伊達締めだて巻き

 

中心70センチほどに芯が入れてあるナイロンまたはポリエステル繊維のもの、二重に巻きます。

 

幅約10センチ全長約210センチ。

 

ゴムが途中左右に均等にはさんであるものもあります。

 

 

ゴムのマジックテープ付き伊達締め

 

伊達締めだて巻き

 

幅8センチほどで、全体が伸縮します。

 

一重巻きで端をマジックテープで留めます。全長約95センチ。

 

 

メッシュゴムのマジックテープ付き

 

伊達締めだて巻き

 

夏用または汗かきさん用、幅8センチほどで、全体が伸縮します。

 

一重巻いて端をマジックテープで留めます。全長約85センチ。

 

※幅や長さについてはおよその目安です。

 

 

伊達締め・だて巻きの役割

 

着物を着るときに、長じゅばんに一本、着物のときに一本、合計二本の伊達締めを使うのが一般的です。

 

最初の一本は、長じゅばんの衿を合わせて腰ひもで絞めたあと、左右の脇のたるみを隠すように、長じゅばんの上から締めます。

 

長じゅばんの衿合わせが、紐一本だと崩れやすいので、伊達締め・だて巻きで長じゅばんの衿合わせを固定するために用います。

 

 

その後に着物を着て腰ひもを締め、衿合わせのあと胸紐を締めてから、その上に伊達締めを締めます。

 

このとき伊達締め・だて巻きを使うのは、着物の衿合わせを崩れにくくし、おはしょりの底をまっすぐに整えるためです。

 

以上の役割が果たせればよいので、どの伊達締め・だて巻きを使ってもかまわないので、好みのものを使います。

 

 

伊達締め・だて巻きの結び方・使い方

 

博多織りの伊達締めか芯入りの化繊タイプの伊達締めで、二重に締めるものの場合

 

長じゅばんのときは、衿合わせを崩さないように胴の前側、バストのすぐ下に真ん中をあてて、背中に平行にもっていき、交差させて持ち替え、端を前に持ってきて二度からげて交差させてから端をしまい込みます。

 

伊達締めだて巻き

 

着物のときは、おはしょりを整えてから、おはしょりの底から10センチほど上で同じように締めます。

 

帯をそのあとで締めるので、伊達締め(だて巻き)の締め方は、力を入れて締めるというより押さえるという程度の加減で締めましょう

 

 

ゴム製でマジックテープで一重で締めるものの場合

 

長じゅばんのときは、衿合わせを崩さないよう胴の前側の、バストのすぐ下に真ん中をあてて、背中に持っていき、マジックテープを留めます。

 

伊達締めだて巻き

 

着物のときは、おはしょりを整えてから、おはしょりの底から10センチかもう少し上で同じように留めます。

 

ゴムですのできつく引っ張ると圧迫感があることもありますので注意してください。

 

 

伊達締め・だて巻きとは・役割、結び方と使い方のまとめ

 

一般的な着物の着付けでは、伊達締め(だて巻き)は二本使います。

 

長じゅばんの衿、着物の衿、おはしょりを崩さないために使われています。

 

上記のような種類があるので、特徴を理解して使いやすいものを利用しましょう。

 

ゴムタイプのものは、ゴムの力で体を締めるので、力加減によっては苦しい思いをするかもしれないので、一本だけを着物の上にするのがよいと思います。

 

締める手加減が上手くなれば、ゴムタイプでないものの方が、つけていて楽になるという人が多いです。

 

個人的には、ゴムのない博多織りの伊達締めを二本使うのが、滑りにくく適度な締め心地になると感じています。

 

他の名称では「着物ベルト」「着付けベルト」「伊達締めベルト」などの読み方や商品名?もあります。

 

きらこ よしえ

 

長じゅばんの伊達締めは、洗いがきくように手ぬぐいや薄手のタオルを10センチ幅にして端に紐をつけて代用しても便利に使えます。

 

手ぬぐいを利用した伊達締めの代わりになるものの例です。作り方も。
  ↓↓
浴衣着付けで伊達締めがない!ときの対処法


スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方