袷(あわせ・裏地付き)の着物のお手入れ

袷(あわせ・裏地付き)の着物のお手入れ

スポンサーリンク

袷(あわせ・裏地付き)の着物のお手入れ

袷(あわせ・裏地付き)の着物のお手入れ方法についてです。

 

袷の着物(絹生地であることを前提)は、脱いだら着物ハンガーに掛けて、体温や湿気をとばすため2時間以上置きます。

 

長くハンガーに掛けておくと、表生地と裏生地の重さの違いなどで、生地同士のつりあいが悪くなってしまうことがあるので、一日以内にはたたむようにします。

スポンサーリンク


 

たたむ際に、汚れがついていないか、ほつれなどがないか確かめ、やわらかいブラシや布でほこりを払ってたたむようにします(ホコリを払うときは、コットンパフや柔らかい木綿、毛足が柔らかいブラシでそっとぬぐうようにしてください。刺繍のところは特にそっと)。

 

汚れがつきやすい場所は、衿、袖口、裾、上前ですので、そこを主に確認します。

 

着物の袖口の汚れ落とし

(着物の袖口の汚れ落とし)

 

これは袖口です。

 

内側の手首のあたる辺りが汚れやすいので、汚れが気になったら、ベンジン等で汚れを落とします。

 

下に木綿の白い布を敷き、やはり木綿の白い布で、軽くトントンっとたたくようにします。

 

 

シミがついていたら、できるだけ早くに染み抜きにだします。そのとき汚れの原因が何かを伝えます。

 

着物は本だたみでたたみ、風呂敷に包むかたとう紙にいれるかして、元の収納場所にもどします(普段用であればそのまま収納しても可)。

 

お尻や胴回りなどシワが大きく残っているときは、あて布をしてアイロンをあててシワをとっておくと安心です。

 

紬類はシワが残っていても、収納している間にとれることもあるので、あまり神経質になってとらなくても大丈夫です。

 

汚れ落としの揮発剤三種類

(汚れ落としの揮発剤三種類)

 

 

袖口の肌にあたるところがうっすら汚れてきたら、着物用汚れ落とし(ベンジンやリグロイン)で軽くたたいて落としておきます。

 

(ベンジンやリグロインは薬局で入手できます。数百円ほどです揮発性の有機溶剤なので火気厳禁です。使用方法を守ってくださいね。)

 

 

では、絹の着物を何度も着たら、今度はどのようなお手入れをするかというと、丸洗いに出します。

 

「丸洗い」というのはドライクリーニングのことで、「京洗い」ということもあります。

 

数回〜10回程度着たら、「丸洗い」に出し、丸洗いを3〜4回したら「洗い張り」に出すのが目安です(洗い張りは着物を解いて反物状にして、水と洗剤で洗うことです)。

 

以上が絹の生地の着物の場合のお手入れ方法です。

 

袷の着物でも、洗える着物の場合は、表示に従って手洗いや洗濯機を使い分けます。(毎回のように洗う必要はありません)

 

洗える着物の場合は、洗濯機利用が可能になっているはずですが、ポイっとそのまま洗濯機に投げ込むのでなく、たたんで洗濯ネットにいれる方が生地のよれや痛みを防止することができます。

 

 

スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方