帯のたたみ方(袋帯・名古屋帯・半幅帯・兵児帯)はここを見れば大丈夫です

帯のたたみ方(袋帯・名古屋帯・半幅帯・兵児帯)はここを見れば大丈夫です

スポンサーリンク

帯のたたみ方(袋帯・名古屋帯・半幅帯・兵児帯)はここを見れば大丈夫です

帯のたたみ方

着物や浴衣同様、帯もたたんで収納しておきましょう。

 

脱いだあとは、いったん衣紋かけやハンガーに干して、体温や湿気を飛ばしておきます。

 

たたむときは、次に着るときに帯がさっと取り出せるようにしておくと、着物を装うのが気楽にできるようになります。

 

ここでは袋帯・名古屋帯・半幅帯(浴衣帯)・兵児帯のそれぞれのたたみ方を詳しく説明します。

 

最初は難しく感じることもあるかもしれませんが、数回やってみればじきにできるようになりますよ。

 

もし忘れてしまったら、またこのページを思い出してください。

スポンサーリンク


 

 

袋帯のたたみ方

袋帯のたたみ方

たれの先の表側と、手先の表側を合わせます。

 

写真は右が下になるたれ先、左は上になる手先です。

 

手先の方が手前(上)になるようにして右の端に重ねて置き、三分の一で折り返し、また三分の一で折り返します。

 

こうすると、中表に合わさった袋帯が、半分の長さになり、その後びょうぶだたみ(扇子のようなたたみ方)をすることによって、長さが最初の六分の一の長さになります。

 

 

 

袋帯のたたみ方

 

写真は、長さが六分の一になって、裏側の黒一色が出て、たたまれた状態です。

 

収納はこの状態で収納します。

 

次回着付けるときは、右の下から2枚目(手先)を上に引き出すようにして、一本の状態にしたら、この幅のままびょうぶだたみをしていきます。

 

こうすると、手先を最初にとることができ、巻きはじめやすい状態になります。

 

 

名古屋帯のたたみ方

名古屋帯のたたみ方

名古屋帯をたたむときは、右にたれ先を置いて、お太鼓の始まりを左に置きます。

 

お太鼓の始まりのところが三角になっているので、そこを左の端にして、胴に巻く部分をたれ先に向けて置いていきます。

 

 

 

 

 

 

名古屋帯のたたみ方

 

たれ先のところで折り返して、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋帯のたたみ方

 

左端の三角部分の手前で折り返します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋帯のたたみ方

 

この後、三角部分だけを折って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋帯のたたみ方

 

たれ先を持って、左端に重ねます。

 

 

この折り方をすれば、お太鼓として表に出るところに、シワがつくことはありません。

 

 

 

 

 

 

半幅帯・浴衣帯・男性の角帯のたたみ方

 

半幅帯や浴衣帯のたたみ方は、いたって簡単です。男性の角帯も同じようにたたみます。

 

半幅帯・浴衣帯のたたみ方

 

たてて収納する場合は、表側を内側にして、端を10センチほどずらせて合わせます。

 

内側になる方の端を、控えるようにします。

 

端でない方から、緩く巻きはじめ、くるくるっと巻いていきます。

 

たたんだままの収納の場合は、表側を内側にして半分に折り、その後また半分の長さに、さらに半分に折ります。

 

これで八分の一の長さになりました。

 

折り目がつかないようにするには、あまり沢山重ねないようにします。

 

収納場所によって、たたみ方を変えてくださいね。

 

 

兵児帯のたたみ方(大人用子供用)

兵児帯のたたみ方

男性用、女性用、子供用兵児帯のたたみ方は、決まりというほどのものはありません。

 

表側をできるだけキレイに保ちたいので、中表にして端と端を合わせます。

 

その後半分の長さに折って、さらに半分に折ります。

 

これで最初の長さの八分の一になりました。

 

大人用兵児帯は、幅が広いので、このあと幅を半分か三分の一に折ります。

 

 

兵児帯は絞りのものが多いので、絞りの部分にアイロンを強く当てないようにしてください。

 

上にたくさんのものを重ねないようにしておけば、次回もそのまま利用できます。

 

 




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方