着物のほどき方と洗い方・和服生地のリメイク

着物のほどき方・洗い方・注意点を詳しく解説・和服生地のリメイクに

スポンサーリンク

着物のほどき方・洗い方・注意点を詳しく解説・和服生地のリメイクに

着物のほどき方と洗い方

 

着物(和服)の生地のうち絹で仕立てられているものは、ほどいて洗ってリメイクしています。

 

着物の生地は肌触りもよく上質なので、着ないからといってそのまま捨てるのはもったいないですね。

 

着物一枚をほどけば、幅約37センチ長さ12メートルもの上質な絹生地に生まれ変わります

 

絹の生地は色彩や柄も素敵なので、何にリメイクするのかを考えるのもとても楽しいですね。

 

また、布の形にして手元に置いておけば、小さな小物やら飾りものなどを思いついたときに作る準備にもなります。

 

着物の「ほどき方」や「洗い方」を詳しくお伝えしますね。

 

スポンサーリンク


 

着物のほどき方

 

着物のほどき方と洗い方

 

着物のほどき方で説明しますが、羽織やコートも同じ手順でほどいていきます。

 

コートはミシン縫いが多いので、生地を傷つけないよう気を付けて行ってください。

 

和服はコート以外は基本的に手縫いになっていますから、ほどくのは案外簡単にできますよ。

 

袷の着物(裏地のある着物)をほどきます

 

着物をほどくのは、仕立ての逆の順にほどいていくとやりやすいです。

 

最初に衿からはずします。

 

始める場所は衿のどこでもよいです。

 

衿と身ごろの生地を、左右に引っ張るようにして、縫い目がよく見えるようにして糸を切っていきます。

 

着物のほどき方と洗い方

 

ほどくには「糸切ばさみ」か「リッパー」を使用します。

 

リッパーはしっかり留めつけている場所も切りやすいので、私はリッパーを使っています。

 

例としてほどく着物は、「オレンジ色の紬の着物」です。

 

 

衿を外したら、掛け衿をはずします

 

裏地も活用したいときは、衿の芯や衿先布もはずします。

 

 

 

次に肩から袖をはずします

 

裏地には袖口についている布もありますので、必要であれば小さいですがはずします。

 

 

その次は「おくみ」をほどきます

 

おくみをほどくと、裾が一部はずれるので、そのまま裾を全部ほどきます。

 

裾がほどけたら、今度は表生地と裏生地とを離します

 

木綿の糸で粗くとめてあるはずなので、一気に糸を切って離します。

 

そして最後に、前身ごろと後ろ身ごろをほどきます

 

 

裏地が必要ないときは、表地だけほどいてお終いです。

 

このあと、縫い糸を全部取り除きます

 

<着物をほどく順番>

 

着物をほどく順は

 

⇒衿、掛け衿

 

⇒袖

 

⇒おくみ

 

⇒裾

 

⇒身頃の裏地

 

⇒前身ごろ、後身ごろ

 

ほどくときに注意する点はここ

 

着物をほどくときに注意したい点は、生地に穴をあけたり破いたりしないことです。

 

手縫いしてある着物は、要所要所にしっかりと留めるための作業がしてあります。

 

それは力のかかるか所で着用時に破れにくくするため、縫い糸が幾重にもなっていたり力布がついていたりします。

 

しっかりと留めてあるか所は、「身八つ口」「袖付け止まり」「衿付け止まり」「袖口止まり」の四か所です。

 

ここはとてもしっかりと糸が留めてあるので、無理をすると布に切れ目が入りやすいところです。

 

布を切らないよう慎重に行ってください。

 

糸か布かわからないほどのところは、縫い目を軽くもんでみると、糸が柔らかくなって縫い糸が見えてくることがあります

 

 

着物をほどいた後の洗い方

 

手洗いしやすいよう、浅くて大きい容器を用意します。

 

たらいや大きい洗面台が適していますが、なければバケツなどでもOKです。

 

液体の中性洗剤(漂白作用のないもの)を、20〜30度くらいの水に溶きます。(私はエ●ールという洗剤を使ってます)

 

ほどいた着物生地を、びょうぶだたみにして静かに浸して、両腕で上から押さえるようにして洗います。

 

具体的には、手で軽く押して、生地をつかんで水面まで引き上げて離す、を繰り返します

 

手を容器の中で回転させたり、布をこすりあわせたりしないようにします。

 

すすぎは押し洗いの作業を繰り返しつつ行ってください。

 

色が出ないものでも、3度はすすいでください。

 

 

洗った着物生地の乾かし方

 

すすぎが終わったら、平たい生地のままで容器から出し、びょうぶだたみでたたんで、手のひらで上から押さえて水分を出します。

 

雑巾絞りのようにしぼらないということです。

 

その後、半分に折ったバスタオルに置いて、くるくるとバスタオルを巻いて、上から押さえるようにして水分をタオルに移します。

 

バスタオル2枚(または3枚)をつかって、生地の水分をとります。

 

その後すぐにアイロンをあててもいいですし、ハンガーにかけて陰干ししてから、アイロンをあててもよいです。

 

アイロンをあてるときは、乾ききっていない状態で行います。

 

 

アイロンのあて方

 

半乾きの生地の裏から、ドライアイロンをあてます。

 

生地の布目や幅をそろえるような気持ちで、前後左右にアイロンを動かします。

 

洗ったとき色が出たものは、アイロン台にさらしなどの白い布をおいてアイロンをあててください

 

 

アイロンでほぼ完全に乾かせますが、残りの水分と熱をとばすため、ハンガーにいったんかけます。

 

たたんでしまうのもよいですが、使うときにまたアイロンをあてる必要があるので、サランラップの芯などに巻き付けて収納しておくと、折り目がつかず使いやすいです。

 

サランラップの芯のほかには、新聞の折り込み広告を数枚束にして、くるくるっと巻いて端をセロテープでとめたものでも代用できます

 

 

ほどきとアイロンがけが終わりました

 

着物のほどき方と洗い方

 

全部ほどいて洗って、ドライアイロンを終えた生地です。

 

うっすらとした汚れがすっきりキレイにとれ、生地として蘇りました。

 

着物のときの保管状態がよくなかったので、肩と袖の山が退色していました。

 

胴裏の生地は、木綿で古めかしかったのとシミがあったので、この生地は使えそうもありません、写真にものせていません。

 

八掛は紬着物用の、ふしがあるものの薄い丈夫なものが使ってありましたので、袋物の裏生地に使えそうです。

 

生地の様子を観察して、リメイクに使えそうもないところは、この段階でのぞいておくとよいです。

 

 

着物のほどき方・洗い方・注意点を詳しく解説・和服生地のリメイクに・まとめ

 

着物のほどき方は上記の順がやりやすいです、とにかく衿と袖をとってから、身ごろのほどきにかかってください。

 

胴裏や八掛は薄いですが、絹の生地であれば同様に洗って乾かし、小物に利用されるといいですね。

 

裏生地は上手くつなげればスカーフなどに利用できると思います。

 

洗うときは手早く洗い、すぐに乾かしてください

 

乾燥させるときは日陰で、乾ききる前に取り込みアイロンをあてます。

 

縮みやすい生地は、「お召」と「縮緬」です。

 

縮んだものをアイロンで伸ばすと、製品にしたあとの洗いで変形してしまうので、縮んだまま利用するようにします。

 

色落ちして退色したり、模様がにじんでしまうことがあるかもしれませんので、衿などの小さい布で試してからにすると安全でしょう。

 

 

こうして洗った着物生地を、リメイクしました。

 

とても簡単にできる小物を紹介しています。

 

写真つきで作り方を説明していますので、どうぞ。

 

巾着袋の作り方・誰でもできる写真付き手順

 

和柄ティッシュケースの作り方・誰でもできる写真付き手順

 

他にもあずま袋、四寸小物入れ、お手玉、風呂敷の作り方を紹介しています。

 

 

スポンサーリンク










二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方