足袋(たび)の種類と具体的な例を写真で解説しました

足袋(たび)の種類と具体的な例を写真で解説しました

スポンサーリンク

足袋(たび)の種類と具体的な例を写真で解説しました

女性イメージ画像

足袋は、着物(和装)のときの履物で、現代の靴下に相当するものです。

 

足を保護したり保温するためになくてはならないものです。

 

足袋の足先は二つに分かれていて、親指とその他の四本の指をいれるところに分かれています。

 

着物(和装)のときのは通常下駄か草履をはくので、親指が独立していないとはけません。

 

足袋の色は、現代では多種類あって好きなものを選べますが、改まった席に出るときは白を、その他のときは、着物や履物に合わせて、好きなものを選んでください。

 

現代では浴衣に合わせられるように、夏になるとレースの足袋などもおしゃれ用に出回っています。

スポンサーリンク


 

<足袋のいろいろ>

 

足袋・白

 

白い足袋でも、夏用は薄手のもの、寒い季節用には裏が起毛したタイプのものがあります。

 

こはぜという留め具がついていて、普段用は4枚ついています。

 

踊りなどをされる方は、5枚こはぜのものをお使いになる方もあるようです。

 

どんな時でも利用できるのが白い足袋の魅力です。

 

 

足袋・柄足袋

 

普段〜おしゃれ着用の足袋として、重宝するのが、裏が黒い足袋。

 

汚れが目立たず、おしゃれ感もでます。

 

足袋の柄は無地のものをはじめ、小紋柄が主流と思いますが、大正ロマンをほうふつとさせる花柄が散りばめられたものなどもあります。

 

柄足袋は、やわらか着物には合いにくいので、銘仙、お召、紬、ウールなどで楽しめます。

 

 

 

足袋・掛け糸

 

これは足袋の「掛け糸」。こはぜを掛けるために縫い付けてある糸です。

 

この糸には足の動きの強い力がかかるので、糸は糸でもタコ糸とおなじような太さがあり、切れないように丈夫に取り付けされています。

 

ぴったりとはきたいときは、内側にこはぜを掛け、ゆったりはきたいときは、外側にこはぜを掛けます。

 

 

 

 

足袋・別珍冬用

 

これは別珍の足袋と呼ばれている、厚手の裏起毛の木綿の足袋です。

 

表地と裏地の二枚重ねなので、とても温かいです。

 

冷え性の私は冬でもこれ一枚では寒いので、内側や外側にタビソックスを重ねたりしています。

 

 

 

 

 

白い足袋が増えてくると、ペアがわからなくなったりします。

 

いつも同じペア(対)ではけるように、収納の際にはペアにしてから、つま先を交互に向けて重ねておくと、いつも同じペアを使うことができます。




スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます
その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって着物買取のヤマトク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方