帯締めの種類と具体的な例を写真で解説しました

帯締めの種類と具体的な例を写真で解説しました

スポンサーリンク

帯締めの種類と具体的な例を写真で解説しました

平組帯締め・カジュアル向き

帯締めは、帯の形を固定するためのもので、名古屋帯、袋帯(または丸帯)に用いられます。

 

半幅帯にも結び方の形によっては、利用することもあります。

 

整えた帯の後ろから回して、前の帯の中央に結びめをします。

 

年齢が高い女性には少し下ぎみに結びめをすることもあります。

 

帯締めは平組(平に組んである)、丸組(丸く組んである)、丸ぐけ(丸くくけてある)ものがあります。

 

ではそれぞれを順にみていきますね。

スポンサーリンク


 

平組の帯締め

 

現代使われている帯締めでは一番ポピュラーな帯締めです。

 

締りがよく、どんな帯にも合わせられますが、組み方や色の構成によって、カジュアルな着物とよそ行きの着物とで使い分けます。

 

 

<付け下げなどのよそ行き向きの帯締め>

 

平組の帯締め・よそ行き用

 

リバーシブルの平組の帯締めで、片側が金銀糸を用いたもので訪問着などにも使えます。

 

もう片方は濃いピンクの一色で、若い女性の小紋や付け下げに向くものです。

 

 

 

 

 

<紬などカジュアル向きの帯締め>

 

平組の帯締め・カジュアル向き

 

一番上はピンク一色。

 

二番目は多色糸で模様を織り込んであるもの。

 

三番目はリバーシブルで、ベージュ地の方には前帯でアクセントになるドット入り。

 

 

 

 

平組の帯締め・カジュアル向きその2

 

こちらもカジュアル向きの平組帯締めです。

 

上はこげ茶で主体ですが四色を使って編んだもの。

 

下は帯の前で変わり結びの玉が見えるようになったもの。

 

 

 

 

<夏用の帯締め(カジュアル〜よそ行きまで)>

 

平組の帯締め・夏用

 

夏用の平組の帯締めです。

 

単色のものもありますし、多色のものもありますが、いずれも薄く織ってあったり、隙間のある織り方をして、涼しげです。

 

 

 

 

 

 

 

丸組の帯締め

 

手軽に利用できる帯締めです。

 

結び目も意識せずに自然に締めれば形が整うので、初心者の方は扱いやすいです。

 

色や太さによって、カジュアルな着物とよそ行きの着物とで使い分けます。

 

 

<付け下げなどのよそ行き向きの帯締め>

 

丸組の帯締め・よそ行き用

 

上は白かから紅色へとぼかしのある、一部変わり織りのはいった丸組の帯締めです。

 

下は金色に近い辛子色の太い丸組の帯締めです。

 

 

 

 

 

<紬などカジュアル向きの帯締め>

 

丸組の帯締め・おしゃれ着用

 

上二つは単色の丸組の帯締めです。紬や小紋に向きます。

 

一番下は白を基調に多色で織られた丸組の帯締めです。

 

ウール、木綿、化繊の着物に向き、夏の帯締めとしても利用できます。

 

 

 

丸組の帯締め・おしゃれ着用

 

これもおしゃれ着用として応用範囲の広い丸組の帯締めです。

 

一番上は途中から四本に分かれていますから結んだときに表情がでます。

 

真ん中は途中から色数が増えていますので、前にきたときに左右雰囲気が変わります。

 

一番下は終わりの方で二股にわかれていて、その部分の色が茶色に変えてありますから、前で結んだ時に左右の雰囲気が変わります。

 

 

丸ぐけの帯締め

 

現代ではほとんど普段用からおしゃれ着(軽いよそ行き程度)に合わせる帯締めで、細長い布に綿や手芸用の芯などをいれて縫い合わせて作られています。

 

縫い合わせるという和裁の用語は、「くける」というので、丸い形にくけるで「丸ぐけ帯締め」といいます。

 

<普段用〜軽いよそ行き用の丸ぐけ帯締め>

 

 

丸ぐけ帯締めその1

 

細かい柄の布で作った丸ぐけ帯締めです。

 

上のものはクッション材でできた詰め物用の紐状のものでできているようです。

 

下のものは自作で小紋の生地から作り、毛糸を芯にしています。

 

 

 

 

丸ぐけ帯締めその2

 

こちらも自作のもので、芯は毛糸。

 

上の生地は紬の赤、下の生地は処分しようと思っていた羽織です。

 

丸ぐけ帯締めを作るなら、無地か小さい小紋柄がおすすめです。

 

 

 

 

丸ぐけ帯締めその3

 

作ろうと思っても、生地の長さが150センチとかとれないときは、90センチくらいの生地の丸ぐけを二つつくってもできますよ。

 

これを二つつくって、後ろの見えないところで結び目をかくせばわかりません。

 

気にいった生地があったら、作ってみてくださいね。

 

作り方は別のページで解説しますね。⇒少々お待ちください。

 

 

現代ではあまり使われなくなっている、留袖や振袖に用いる丸ぐけ帯締めもあります。

 

白い絹生地に木綿のわたを入れてくけてあるもので、花嫁の場合は白以外に赤い丸ぐけなどが用いられます。

 

花嫁用の丸ぐけ帯締めは、衣装に合わせて太くボリュームのあるものが用いられます。

 


スポンサーリンク








  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

無料のプレゼント

着付けのおけいこ入門*浴衣で入門

管理人が作った無料プレゼントです。『浴衣入門』 ゆかたでおでかけできるまで

↓↓↓↓↓

無料テキスト『着物を始めたい!着付けのおけいこ入門・浴衣で入門』



不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 無料講座教材 メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方