半衿・半襟(はんえり)

半衿・半襟(はんえり)

スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

半衿・半襟(はんえり)

半襟

長襦袢の衿の上に掛けて、着物に汚れがつくのを防ぎ、

 

色柄を着物に合わせて付け替えることによって、

 

おしゃれを楽しむことができます。

 

通常のおしゃれ着には、白をつける人が多いのですが、

 

色半衿、小紋柄等の半衿も多数市販されています。

 

これらのおしゃれ半衿は、つむぎ・小紋の街着、

 

木綿や化繊の普段着着物にあわせます。

 

刺繍のはいった半衿は、色無地・つけ下げ・訪問着などに合わせます。

スポンサーリンク


 

他にビーズの半衿、手ぬぐい兼用の半衿などもあります。

 

素材も化繊、綿、絹と多種類です。

 

夏はすき間(絽目)のはいったものや、麻素材もあります。

 

夏は涼しく見たいので、もっぱら白や薄い色目にします。

 

自分で好きな布を半衿としてとりつけてもいいものです。

 

洋服のはぎれなどで、色半衿としたり、

 

チェックの模様を手軽に楽しむのいいものです。

 

半衿は、柄物の場合は少々の緩みは苦にならないものですが、

 

白半衿をピッタリ付けて、すきのない着付けをしようとする時、

 

少しのたるみや緩みがあると、目立ちやすいです。

 

そんなときは、バイアスで仕立てた半衿にすると、

 

ピッタリとした仕上がりになります。   

 

半衿はお顔のすぐしたの位置で、よく目につくところですので、

 

着物の色柄との取り合わせをよく考えると、

 

とてもおしゃれな着こなしになります。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら



  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方