下駄(げた)

下駄(げた)

スポンサーリンク

下駄(げた)

下駄

下駄は昔の人が普段にはいていた履物です。

 

木製の板に歯を取り付け、鼻緒をすげて履きます。

 

鼻緒は木製の台に3個所穴をあけて取り付け、足をいれます。

 

 

鼻緒は、やわらかい緩衝材を入れた丈夫な布で、

 

台とは別々に売られていました。

 

好きな鼻緒を選んで台に取り付けますが、

 

新しい鼻緒をつけるときは、「鼻緒をすげる」といい、

 

切れた鼻緒を直すときには、「鼻緒を立てる」といいます。

スポンサーリンク


 

昔は台に、竹をはったものや畳をしいたものなどもありました。

 

台の下には歯とよばれる2本の木の歯が差し込んであり、

 

使うにつれて磨り減っていきますので、

 

取り替えては、はき続けていきます。

 

(台と歯がつながっている下駄は取替えできません。)

 

舗装されていない道ばかりであった頃は、

 

ぬかるみなども気にすることなく下駄で歩けました。

 

 

雨のときは、爪皮をつけ雨をよけます。

 

爪皮はゴムがついていて、

 

歯にかけて下駄の先の方を覆います。

 

 

下駄は脱いだり履いたりが楽にできます。

 

前つぼを親指と人さし指でしっかりと挟んで、歩きます。

 

昔の遊びで、下駄を片方けりあげて、

 

落ちた下駄の向きで、明日の天気を占う、

 

「お天気占い」という遊びがありました。




スポンサーリンク








二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

不要になった着物は買い取りに出してます

その価値を活かしてもらえる「買取り」にだすのはどうでしょう?買取価格が値上がり中なんですって

買取プレミアム

着物の高価買取専門【買取プレミアム】


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ メールマガジン プロフィール お気軽着物の作り方